スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東洋水産 「ぶたしお」

東洋水産 ぶたしお1

今週発売となった、マルちゃんの「ぶたしお」です。
パッケージには『豚の旨みを凝縮させた、重厚な「塩豚骨ラーメン」!』と書かれており、今週発売となったカップ麺の中では一番美味しそうで、楽しみにしていた商品です。しかしシンプルなネーミングといい、センス良くまとまったパッケージデザインといい、東洋水産の商品は完成度が高く作られているといつも思います。

元々、「豚骨塩」というジャンル(?)自体好きで、以前はかなりの頻度で行っていた「らぁめん花月」では「げんこつ塩」をたいてい頼んでいましたし、最近の沖縄県内の某ラーメン店(というか当ブログで取り上げているから濁さなくてもいいか(^_^;) 「昇家」です)でも提供されて、やはり美味しかった覚えがあります。内地ですと「山頭火」あたりが有名店になるのでしょうか? 「豚骨」と「塩」なんて、なかなか最強な組み合わせだと思うのですが、業界的に、いまひとつ大きく取り上げられてないような気もします。そういえばカップ麺の方でも、明星の「究麺 濃厚豚塩」が発売されていて、当ブログでも取り上げましたね(いま書いて思い出しました。鳥頭(^_^;))。

東洋水産 ぶたしお2

袋類は4つ。先入れとなるかやくと粉末スープ、後入れとなるレトルト調理品と液体スープです。レトルト調理品にはチャーシューとメンマが入っていて、特にチャーシューは生タイプということで、食感や(厚みを出せるため)見た目も良いのですが、価格が高くなってしまうのが難ですよね。

東洋水産 ぶたしお3

出来上がった「ぶたしお」です。
やはり、(半生のように見える)レトルト調理品の豚バラチャーシューの存在感が際立っていますね。チャーシューの食感は噛むと崩れてしまうタイプで(例えが変ですがシーチキンのよう)、若干物足りなさを感じますが、カップ麺としては充分なものなのでしょう。
ちなみに今回のような「レトルトパウチ食品」の定義なのですが、「機密性及び遮光性を有する容器に調製した食品を詰め、熱溶融により密封し、加圧加熱殺菌したもの」なのだそうです。加熱の際に独特な「レトルト臭」というものが出てしまうらしく、不快な臭いとして捉えられているようですが、実は自分もこれが余り好きじゃなかったりします。匂い自体が嫌というより、妙に人工的な味がして、それならばいっそ高価になるレトルト処理はなくして、値段を抑えた方がいいのではないかとも考えてしまうのです。カップ麺はやはり安価な方が良いと思います。

肝心の「豚塩」のスープですが、かなり大人しめな印象です。以前、「濃厚」を謳っていた明星の「究麺」も同じような感じでしたので、余り強い味は作りにくいのかもしれません。スープにはにんにくとコショウを利かせているらしいのですが、全般的にマイルドな印象でした。ノンフライの麺も食感がしっかりとして悪くはないのですが、何度も食べた覚えがあるような仕様のものでした。

今回、結果的にあまり良く書かなかった形になってしまいましたが、商品そのものは良く出来ていると思います。ただ、新製品という割には、新鮮味が無かったというか、突出したものが見えにくかったですね。事前に、少し期待し過ぎた面もあったようです。価格がもう少し安価でしたら、また印象も変わったかと思います。

ごちそうさまでした!

満足度:★★★★★★(6)
内容量:137g
カロリー:404kcal
価格:270円(参考:284円)
作り方:熱湯5分
購入場所:ファミリーマート
※価格は希望小売価格(税抜)で、参考は実際に購入した際の価格です。

[ 2010/12/17 15:10 ] カップ麺 | TB(0) | CM(0)

東洋水産 「新潟長岡系生姜醤油ラーメン」

東洋水産新潟生姜ラーメン1

本カップ麺は結構前に発売されたものですが、まだコンビニに置いてあるのを見かけ、購入することにしました。発売されたのは今から2ヶ月ほど前になるようで、毎週新商品が出るコンビニのカップ麺スペースに現在も残っているのは、珍しい方だと思います。余程評判が良いのか、それとも在庫が捌けずにいるのか……。コンビニの在庫管理システム自体よく判りませんが、カップ麺としては割高な価格設定であること、沖縄県民の嗜好からは離れているように思えることから後者のような気もします(^_^;) 実際に発売当初、自分もそういった理由で食指が動かされず、購入を見送った経緯があります。それを改めて取り上げることにしたのは、先日ブログでも紹介したSAKURAで頂いた冬期限定麺候補で、「ラーメンに生姜って有りなのでは?」と思ったのがきっかけでした。どのようなカップ麺か、楽しみにしつつ購入しました。

パッケージを改めて見てみると、「新潟長岡系ラーメン」について説明がされています。
『”新潟四大ラーメン”の一つと称される、新潟県長岡市発祥のラーメン。コクのある醤油味スープに、「生姜」の風味が強く利いているのが特徴です』と書かれています。へええ(ボタン連打)。それでは、「新潟四大ラーメン」とは他になにがあるのでしょうか? 簡単に調べて見ました。

1.長岡系ラーメン
豚ガラを多く使い、比較的油っこい醤油味のスープに生姜の風味が強く利いている。長岡生姜醤油系ラーメンともいう。
2.燕三条系ラーメン
極太麺。煮干しが主で鯖節、鰹節等の魚介スープ。大量の豚の背脂が載り、具にはタマネギのみじん切りが載る。俗にいう背脂チャッチャ系の元祖。燕三条背脂チャッチャ系ラーメンともいう。
3.新潟濃厚味噌ラーメン
濃い味噌のラーメン。味噌の濃さを調節できるよう、別丼で割りスープが付くのが特徴。現・新潟市西蒲区域の旧・巻町発祥。
4.新潟あっさり系ラーメン
煮干し、鶏ガラ、豚ガラなどを使い、すっきりとした味で、塩ラーメンに近い薄い醤油色のスープ。縮れの細麺もしくは極細麺。新潟市中心部の新潟島発祥。そのため新潟島系ラーメンともいう。

ちょっ、新潟のラーメン文化、凄くないですか?(^_^;) ここまで多彩な嗜好性の地ラーメンが、それぞれ発展しているというのは、他の地域ではまず見られないのではないでしょうか? 業界的には余り大きくクローズアップされていないようですが、「燕三条系ラーメン」については、花月の期間限定で取り上げられたことがあります。その当時も「こんなラーメンがあったんだ!」と新鮮な驚きがありました。こういう楽しさが、全国展開のチェーン店やカップ麺の良いところですよね。

東洋水産新潟生姜ラーメン2

上蓋を開けると袋類は4つ。先入れとなる粉末スープとかやく、後入れとなる液体スープとレトルト調理品となっています。特徴的なのがかやくの袋で、丸々生姜の粉となっていました。脂が濃く入ったレトルトのチャーシューとメンマが本格的です。お湯を注ぎ、4分間待ちます。

東洋水産新潟生姜ラーメン3

出来上がった「生姜醤油ラーメン」です。
スープを飲んでみますと、かなり濃い目の醤油味です。醤油の塩辛さが勝っていて、思っていたより生姜の風味は強くありませんでした。いえ、生姜の味はもちろんするのですが、あくまでも醤油味が中心で、スパイス的な位置づけなのでしょう。ノンフライの麺は、表面はなめらかで固めの中細のちぢれ麺です。具材は先ほども書いたのですが、レトルト調理品でしっかりとした味付けでした。でもこれで価格が高くなっている部分があるのでしょうね。

全体の印象としては、割と普通の濃口醤油味のラーメンでした。隠し味的な生姜のスパイスがなければ、以前も何度か食べたことのあるような、標準的なカップ麺といったところです。おそらく、再現度はそれなりに高いと思いますが……。ちょっと期待し過ぎましたね(^_^;)

醤油味に生姜というのは想像しやすく、実際にカップ麺ですが、想像通りの味でした。ところがSAKURAで食べた豚骨ベースのラーメンですと、結構意外な、新しい味になっていたような気がします。あの冬期限定麺候補は「波蔵」さんが作ったものでしたっけ? あれ、正式に商品化しないかなぁ?(笑) 沖縄はやはり豚骨スープ文化だと思うので、新たな地ラーメンになりうる可能性もあるのではないかと思うのですが……。(なーんてまた適当なことを(^_^;))

ごちそうさまでした!

満足度:★★★★★★☆☆☆☆
内容量:132g
カロリー:426kcal
価格:260円(参考:284円)
作り方:熱湯4分
購入場所:ファミリーマート
※価格は希望小売価格(税抜)で、参考は実際に購入した際の価格です。

[ 2010/12/12 19:04 ] カップ麺 | TB(0) | CM(0)

明星食品 「鬼どろそばプラス 魚介豚骨醤油」

明星鬼どろそば1

今週発売となった、明星の「鬼どろそばプラス 魚介豚骨醤油」です。
この製品、確か去年の今頃くらいに食べた覚えがありますね。商品名に「プラス」の名前が冠されているので、前回から改良された部分があるということなのでしょう。本商品は著名なラーメン評論家であるお二人が監修に携わっているもので、以前の印象では「あまりにも最先端にはしってしまい、理解されにくい」仕上がりだったように記憶しています。今回も基本仕様は変わらないようですが、色々と工夫や変化もあるようで、結構楽しみにしながら購入しました。

本商品はパッケージによると、“東京・ラーメン・オブ・ザ・イヤー(通称TRY/トライ)”の『ラーメン大賞ムック刊行記念』として発売されたもののようです。監修に携わった評論家の方は「大崎裕史氏(麺担当)」、「石神秀幸氏(スープ担当)」のお二人で、それぞれ分担で監修範囲を決められているようです。今回は更に人気店のコラボということで、「ラーメンきら星」のかつお餡が加わっています。ちなみに「ラーメンきら星」は、同大賞のとんこつ部門を4連覇ということで、「豚骨醤油味」のコラボ先としてはごく当然の選択なのでしょう。自分はもちろん「きら星」のラーメンを実際に食べたことはないのですが、ちょうど去年の今頃、「らあめん花月」の期間限定品として同店監修の「ギンギラ星」が発売されており、そちらを食した覚えはあります。……しかし、開発経緯を列記しただけでも、げっぷがでそうな程のこってこて具合ですね(^_^;)

明星鬼どろそば2

上蓋を開けると袋類は4つ。先入れとなる砕き帯めんに、後入れとなる粉末スープに液体スープ、そしてお好みでとあるコクのたれ(ペッパーかつお餡)です。粉末スープが後入れというところに、濃厚などろり具合(?)が伺えますが、入れるお湯の量が350mlと思ったより多いのが意外ではありました。お湯を注ぎ、5分間待ちます。

明星鬼どろそば3

出来上がった「鬼どろそばプラス」です。
画像で見える黒い固まりが「ペッパーかつお餡」で、お好みでとあるので、少しずつ溶かしながら食べることにしました。まずはスープを飲んでみたいところでしたが、とても流しこめる粘度ではなかったので、諦めて素直に麺の方から頂くことにしました(笑)

麺は乱切り刃で切り出したという、極太麺と中太麺が混在したものらしいのですが、なにせどろどろのスープで麺全体が覆われているので、細かな麺の強弱の違いを感じ取ることはできませんでした。しかしながら、スープが絡んだ麺全体の食感のメリハリはしっかりと口の中で判別することができ、そういう意味を狙って作れらた麺なのでしょう。もうひとつの「砕き帯めん」の方は、残念ながら具無しのワンタンの皮といった印象でした。もうちょっと固めに仕上がれば、麺としての変化もあって良かったと思うのですが(^_^;)

スープは麺と一緒に「食べる」しかなかったのですが、独特な旨みがありました。ベースは豚骨醤油なのですが、香味野菜の旨みも加えられ、更にラー油の辛味も入っているようで、多少ジャンク風味ながら麺と上手く絡み面白い味だと感じました。お好みの餡もしっかりとかつお(魚介)の味の変化があり、単調にならない工夫が凝らされていると思いました。

前回の製品と比べ、しっかりと改良がされているのではないでしょうか。以前は実験的なようなコンセプトだけが前面に突出していて、確か「具無し」などの思い切った作りで、食べる側が置いてけぼりだったと記憶しています。毎週新製品が出ているカップ麺ですが、今回のようにリニューアル版(一年周期?)も都度発売されているようなので、自分が気に入った商品(或いは改めて気に入る商品)に再び会えるのも、新たな楽しみになりますね。

ごちそうさまでした!

満足度:★★★★★★★☆☆☆
内容量:115g
カロリー:404kcal
価格:237円(参考:248円)
作り方:熱湯5分
購入場所:ファミリーマート
※価格は希望小売価格(税抜)で、参考は実際に購入した際の価格です。

[ 2010/12/11 16:24 ] カップ麺 | TB(0) | CM(0)

エースコック 「ばくだん屋のらーめん 旨辛味噌」

ばくだん屋旨辛味噌1

11月30日に発売となった、エースコックの「ばくだん屋のらーめん 旨辛味噌」です。
パッケージには、『「廣島つけ麺」で有名なばくだん屋の人気ラーメン「旨辛味噌」がカップめんで登場!』と書かれています。自分は詳しく知らなかったのですが、「ばくだん屋」というお店は広島を本拠として、東京はもちろん海外にも店舗を展開しているようです。きっと、地元広島の方にとっては馴染みの深いお店なのでしょうね。出されているのはつけ麺が中心のようですが、今回のラーメンを含めかなり辛みの強いもののようです。沖縄でも「広島風つけ麺」を出すお店がありますが、やはり辛いつけダレが特徴らしいですね。

それと今回のいわゆるお店との”コラボカップ麺”ですが、ファミリーマート限定販売となっています。たまにこういう販売店限定の形態を取るカップ麺が発売されるようですが、少しばかり仕組みが謎だったりします。というのも、メーカー側(今回はエースコック)は一切、販促活動をやらないのですよね。公式HPですら、製品発売の情報は載せていません。
以降、勝手な憶測ですが、メーカー側は製品開発の委託を発注側(ファミリーマート)から受けて、当初から製造個数も完全に決まっていて買い取り制になっているのではないでしょうか? それならば販促をしない理由も判りますし、主導が発注側にあるのも理解できます。もっというと、ばくだん屋さん側の出資率もかなりあるのじゃないかと思っています。全国展開を考えているお店のようですし、製品を全国発売することで、本業の広告宣伝として活用しているのではないでしょうか? 以上、全て個人的な想像ですので、いつか実際のところを知りたいと思ってます(^_^;)

ばくだん屋旨辛味噌2

上蓋を開けると袋類は4つ。先入れとなるかやくが2種と粉末スープ、後入れとなる液体スープです。この後、普通にお湯を入れるのですが、必要なお湯の目安量は520mlとなっていて、通常よりかなり多めになっています(だいたい100mlは多い?)。カップの形状を見ると若干背が高く、寸胴な形となっていますね。スープをより多く味わって欲しいという意図でしょうか。最近は電気ケトルを利用する人が増えているのか、お湯の目安量がカップに記載されるようになりましたね。もしかしたら以前からかもしれませんが、自分は重宝しています。お湯を注ぎ、4分間待ちます。

ばくだん屋旨辛味噌3

出来上がった「ばくだん屋のらーめん 旨辛味噌」です。
真っ赤なスープがかなり辛そうです。一口飲んでみますと、極端な辛さではなくて、食欲を刺激する程よいものとなっています。パッケージには「味噌をベースに豆板醤や辣油を効かせ、旨味と辛みさ絶妙にマッチしたスープ」と書かれています。説明には入ってませんが、ごまの風味がかなりあり、さらっとした担々麺のスープのような印象でした。ノンフライの中細ちぢれ麺にもきちんと絡んで、これは飲ませる一杯ですね(笑)

具材はチャーシューにメンマ、そして白ネギです。チャーシューは簡素なものだったのですが、ブロック状のフリーズドライで入っていた白ネギはかなり分量が多く、麺やスープと一緒に食べるとより旨かったです。実店舗の具の仕様もこうなのでしょうか?

いつか機会があれば、広島の本店でラーメンを食べてみたいですね。でもその前に、沖縄県内にある「広島風つけ麺」を出しているお店で、つけ麺を頂くことが先かな?(^_^;)

ごちそうさまでした!

満足度:★★★★★★★☆☆☆
内容量:116g
カロリー:414kcal
価格:238円(参考:238円)
作り方:熱湯4分
購入場所:ファミリーマート
※価格は希望小売価格(税抜)で、参考は実際に購入した際の価格です。
(↑ファミマ直販(?)ですから完全に一致してます)

[ 2010/12/05 07:34 ] カップ麺 | TB(0) | CM(0)

東洋水産 「小麦にこだわった、全粒粉を練りこんだラーメン 鶏塩味」

東洋水産 全粒粉ラーメン1

今週発売となった、マルちゃんの「小麦にこだわった、全粒粉を練りこんだラーメン 鶏塩味」です。しかし、これ自体が拘りなのか、えらい長い名称のカップ麺ですね(^_^;)

名前にあるとおりに「全粒粉」を使ったところに拘りがあるというラーメンらしいです。全粒粉というのはメーカーの説明によると、『小麦の胚乳だけを用いる通常の小麦粉と異なり、小麦の表皮・胚芽・胚乳全てを粉にしたもの。粉の色はやや茶褐色を帯び、独特の風味と食感を持ちます。薄力粉と比較して、ビタミンB1・鉄分・食物繊維を多く含みます』とのことです。

食材としては栄養価が高いことや健康面に良いことが売りなのでしょうが、商品として本カップ麺で採用したのは、やはり風味と食感の方で特徴付けたいとの考えなのでしょう。全粒粉自体は小麦粉ですので、通常はパンやクッキーの材料などとして使われるようですが、食べたことはあるかもしれませんが、はっきりとした記憶はないですね。カップ麺としてはどのような仕上がりになっているか、楽しみに思い購入しました。

余談ではありますが、今回の製品のパッケージ、非常にデザインが良いですよね。最初はエースコックの製品かと思ったのですが、東洋水産のものでした。以前も書いた覚えがあるのですが、カップ麺はパッケージデザインも大事だと思っています。目を惹くデザインワークで、手に取るまでのワクワク感を、メーカーさん側はどんどん煽って欲しいものです(笑)

東洋水産 全粒粉ラーメン2

上蓋を開けると袋類は4つ。先入れとなる粉末スープにかやく、後入れとなる液体スープに焼きのりです。鮮烈だったのが、蓋を開けたとたんにノンフライの麺から香ってきた、独特な全粒粉の匂いです。精製していないだけあって、野趣あふれる香りというか、きっとこれが本来の小麦の匂いなのでしょうね。それでも、小麦粉内に使われている割合は14%ということらしいです。
お湯を注ぎ、4分間待ちます。

東洋水産 全粒粉ラーメン3

出来上がった「全粒粉を練りこんだラーメン」です。
油が浮いたスープを飲んでみますと、鶏油(ちーゆ)を効かせているという塩味で、すっきりとしながらもなかなかなコクと旨味を感じさせます。基本は濃い味好きなのですが、最近はカップ麺でも、こういったあっさり塩味のスープも好きになりましたね。

今回、こだわったという全粒粉入りの中細の麺ですが、固めの食感と共にやはり独特な風味が感じられて美味しいです。舌触りからも微かにざらっとした感覚があって、これもまた野趣がある味わいです。先述のシンプルな鶏塩味のスープに程よく絡み、良い組み合わせだと思いました。

具材はチャーシュー、メンマ、ネギに焼きのり。入っていてもメンマの存在感が薄いカップ麺が多いのですが、こちらは結構な分量がありました。ちょっと色合いが独特ですが。焼きのりの香ばしい風味も、食べ進む内に良いワンポイントになりますね。

程よい価格設定ですし、何より他で味わったことのない麺にチャレンジしてくれたのは、個人的にポイントが高いです。今後も同じコンセプトの商品が発売されるかは判りませんが、次は醤油味や具にも拘ったカップ麺も食べてみたいですね。しかし、食べ終わってしばらく経った空きカップにも、あの特徴的な香りが強く残っておりました(^_^;)

ごちそうさまでした!

満足度:★★★★★★★☆☆☆
内容量:97g
カロリー:355kcal
価格:205円(参考:215円)
作り方:熱湯4分
購入場所:ファミリーマート
※価格は希望小売価格(税抜)で、参考は実際に購入した際の価格です。

[ 2010/12/04 12:22 ] カップ麺 | TB(0) | CM(2)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。