スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

麺屋 八重山Style 「まぜそば」

沖縄 石垣島 ラーメン 八重山Style まぜそば 1

石垣市大川の「麺屋 八重山Style」へ行って来ました。
こちらは石垣島初の「まぜそば専門店」として、2012年8月にオープンされたようですね。島内のほとんどの専門店舗がそうだと思いますが、店主は内地から移住組(名古屋らしいです)とのことです。外部の目から見てイメージが優先しているかもしれませんが、石垣は飲食店が充実していて、とても競争が激しいようにも思います。観光客を対象にすることもあり、提供される品目の質が高いことはもちろん、なんらかの個性的な特徴を打ちだす必要性もあるのでしょう。さてこちらの店舗ですが、オープン時間に合わせて訪れてみたものの、少し迷いました。旅行中はiphoneのマップ機能が大活躍したものの、今回に限っては違う場所を指定されてしまいました。改めて住所を確認しますと、アーケード商店街の「ユーグレナモール」内とあるのですが、ここはほぼ滞在拠点場所ながら店舗を見かけた覚えがありません。しばらくして気付いたのですが、この「ユーグレナモール」は併行して二本のアーケードが並んでおり、「八重山Style」のある場所は、表沿いの道路から奥側の方にあたるらしいですね。お店には、午前11時過ぎに入店となりました。

沖縄 石垣島 ラーメン 八重山Style まぜそば 2

「麺屋 八重山Style」の券売機です。
取り扱い品目を確認してみてちょっと戸惑ったのですが、専門だと思っていた「まぜそば」がすぐには探せませんでした。筆頭から順に「八重山ラーメン(650円)」や「ソーキそば(750円)」などが大きく掲載され、これらはおそらく後ほどになって追加された新品目なのでしょうね。ちなみに「八重山そば(550円)」は安価な設定となっています。やはり観光客のウェイトを無視できなかったり、また地元のお客さんにもラーメンなど、“汁もの”の要望は高かったのでしょう。それにしても「台湾ラーメン(名古屋のご当地ラーメン)」などは、ついしばらく前は県内では探さなければ取り扱い店舗を見つけられなかったものですが、すっかりメジャーになりました。石垣でもちらほら見かけた気もしますので、“辛いラーメン”自体の受けが良いのかもしれません。

沖縄 石垣島 ラーメン 八重山Style まぜそば 3

カウンター上部に掲示された品目画像類です。
座ったのがカウンター席のためちょっと見づらかったのですが、これで各取り扱い品目のイメージが掴めますね。基本の「まぜそば」以外にも、“台湾まぜそば”や“ピリ辛まぜそば”、“タコスまぜそば”など、各種バリエーションを揃えているようでした(タコスのみ850円で他は750円)。さて今回の注文ですが、もちろんお目当ての「まぜそば(750円)」をお願いすることにしました。

沖縄 石垣島 ラーメン 八重山Style まぜそば 4

卓上に用意された「まぜそばとは」です。
石垣初の「まぜそば専門店」として、こういった説明書きは必要なところでしょう。
沖縄本島でもしばらく前までは、「つけ麺の食べ方」なる詳細な説明書きが用意されていたものですが、最近ではついぞ見かけなくなりました。こういった“うんちく”類は、待っている間にも手持ち無沙汰にならず、またお店のアピールにもなっていて良いですね。また後述しますが、お勧めの調味料類についても詳細に記されていました。

沖縄 石垣島 ラーメン 八重山Style まぜそば 5

程なくして運ばれた「まぜそば」です。
具材にはサイの目に切られたメンマにチャーシュー、天かすに挽き肉にネギ、中央には彩りよく卵黄と囲むようにもやしが載せられており、また周囲には魚粉がたっぷりと添えられていました。もやしが特徴的な細めの作りで、関西地区で好まれているという品種なのかな? まぜそばの具材としては口中で必要以上に主張し過ぎず、よく合っていたかと思います。「まぜそば」は事前にお店側にてしっかり麺とたれを混ぜ合わせておいて盛り付ける場合と、あくまでもお客さん側にて底に溜まった混ぜだれ混ぜ合わせるパターンがあります。個人的には盛り付けを綺麗に保ちつつ、ムラなくたれが絡む前者のパターンを好みますが、こちらのお店では後者にあたるようですね(だったかな?(^_^;)。ただこれには理由があって、底のたれが粘度が低めでやや多めであることと、追加の調味料類が半端なく用意されていたのでした。画像後方にあるとおり席に常備されていて、ざっと挙げてみますと『刻みニンニク・食べるラー油・ゴマラー油・白および黒コショウ・ピパーチ・島唐辛子・お酢・塩・ドラゴンペッパー・一味唐辛子』などとなっています。

沖縄 石垣島 ラーメン 八重山Style まぜそば 6

「まぜそば」の麺ですが、太めのややひねりが入ったもの。
中央にあった卵黄を含め、底に溜まったたれから各種具材まで、すべて混ぜ合わせて食べ進めています。「まぜそば」では、極太で弾力性重視の豪快な麺も多いなか、ほど良い太さと噛み応えのある仕様でありました。また卵黄が表面に絡んでいるため、滑らかな口当たりにもなっています。細めに切られた各種具材との絡みも良かったですね。ポットの割りスープなども事前に用意されていますが、たれが濃すぎるということもありませんでした。魚粉の風合いが、全体のまとまりを調えていたように思います。

沖縄 石垣島 ラーメン 八重山Style まぜそば 7

順番が前後しましたが、注文をした時点で運ばれた「まぜそば」用の調味料類です。
左側から順に、『魚介だし入りポット・カレー粉・すりごま・山椒・マヨネーズ』となっています。卓上に元から用意をされている調味料類で十種類、こちらの「魚介だし」まで数に入れますと、なんと十五種類におよびます(^_^;)

沖縄 石垣島 ラーメン 八重山Style まぜそば 8

スペースのある限り(笑)、各種調味料類を投入してみました。
左斜め下から反時計周りに、『刻みニンニク・食べるラー油・ドラゴンペッパー・カレー粉・すり胡麻・山椒』などとなっています。中央にはマヨネーズを投入してみましたが、良く混ざるようにするためか水分の多い仕様にされており、ほとんど底の方に流れて落ちてしまいました。自分は特にそうではないですが、“マヨラー”にとっては通常の粘度の高いものが好まれるかも。試してみたなかでは「カレー粉」が元ダレとの相性がとても良く、美味しく頂けたかと思います(まあでもカレー粉は美味しくならない訳がないのですよね(^_^;))。旅行者としては、島胡椒(ピパーチ)などは抑えておきたいところでしょう。様々な味の変化を加えつつ、最後まで楽しく美味しく食べ進めることが出来ました。最後はある意味「まぜそば」定番の、お酢をぐるりと周囲に注ぎ、さっぱりとした後味に変えて食べ終えました。

沖縄 石垣島 ラーメン 八重山Style まぜそば 9

もう一枚の説明書きから、「八重山Style流 まぜそばの楽しみ方」です。
ポイントとしては味にムラが出ないようよくかき混ぜること、プレーンな味を試した後は、各種調味料類も試してみることなどが記されていました。また、自分は後の予定も考えて試しませんでしたが、ライスを投入し「雑炊」にして食べることも勧められていますね。先述したとおりタレはやや多めですし、注文段階で味濃いめにお願いすることも可能だそうです。ポットの魚介だしも活用しますと、とても満腹感の高い一杯にもなりそうです。

沖縄 石垣島 ラーメン 八重山Style まぜそば 10

店内の様子も掲載しておきます。カウンター席の背後にテーブル席が二組ほどありました。
各種説明書きや用意された多数の調味料類など、やや過剰な気もしないではないですが、店主の意気込みが感じられる良店だとも思いました。そうそう、時期によっては定休日や営業時間なども変更されるようですので、事前の確認も必要かもしれません。今回は通常午前11時半営業開始が30分ほど早まっており、スケジュール的には助かりました。ユーグレナモールという賑やかな立地ながら、先述したとおりちょっと判りづらい場所でもありますが(併行した二本の通りの奥側)、興味を持たれて更に機会のある方は、ぜひ足を運んで欲しいものです。

沖縄 石垣島 ラーメン 八重山Style まぜそば 11

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県石垣市大川209 ユーグレナモール 1F
電話:0980-88-7898
営業時間:11:30-14:00 18:00-21:00(時期によって変動あり)
定休日:月曜日
駐車場:無し

八重山STYLEラーメン / 石垣市)

昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/998-0d8603f1










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。