スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サイリュウメンバ ガリュウ 「ペッパーラァメン(3)」

沖縄 ラーメン 宜野湾市 サイリュウメンバ ガリュウ ペッパーラァメン 1

宜野湾市我如古の「サイリュウメンバ ガリュウ」へ行って来ました(らぁふぇす第2陣:3/12)。
こちらは中城村に本拠を置く人気店、「我流家」より派生したお店ですね。“Dual Face Box”という名称も付いていますが、その名前のとおり同じくラーメン店である「Vitamin とんこつ がりゅう屋」が隣接した、ユニークな店舗形態を取られています。沖縄市泡瀬の「鶏だし工房garyu-ya」もそうですが、「我流家」由来の各店舗はそれぞれ“我流”的な、独特な個性あふれる営業展開をされています。さて今回は「らぁ★麺 ふぇすた!! vol.3 第2陣」への参加店舗ということで、去年の8月以来の訪問となりました。基本の取り扱いはラーメンとつけ麺の二品目なのですが、久しぶりということもあり、何らかの変化を期待しつつ平日の午後6時前に入店となりました。

沖縄 ラーメン 宜野湾市 サイリュウメンバ ガリュウ ペッパーラァメン 2

「サイリュウメンバ ガリュウ」のメニューです。
我流家系列ではお馴染みの、短冊方式の品目札で掲示されています。取り扱い品目については、「ペッパーラァメン」と「ペッパーツケメン」の二枚看板から変更はないようでした。過去にラーメンは二度、つけ麺は一度取り上げていますが、前回訪問時に「ペッパーツケメン」を頂いていたこともあり、今回は「ペッパーラァメン(680円)」をお願いすることにしました。時期的には不明ですが、30円ほど値上がり(ツケメンは50円)をされているようですね。一杯にかなりのボリューム感がありましたので、これは致し方ないところかもしれません。この日は身体が野菜を欲していましたので、「特盛り野菜(80円)」を追加注文しました。ヘルシー志向(?)で、いつもの「大盛り(100円)」や「ごはん(100円)」は遠慮しております(笑)

沖縄 ラーメン 宜野湾市 サイリュウメンバ ガリュウ ペッパーラァメン 3

卓上に、前回訪問時には見受けられなかった説明カードが立てられていました。
記載されているのは『割りスープ・味変更用スープ(ラーメン専用)・味変更用甘酢ネギ(つけ麺専用)・ハニーバルサミコ酢』となっています。割りスープにバルサミコ酢は以前から用意されていましたが、“味変更用”と記されたものは新たに追加をされたようです。別途頼まなくてもラーメンとつけ麺に始めから付いているようですね。せっかくですので遠慮なく「割りスープ」と「ハニーバルサミコ酢」をお願いしました。「割りスープ」はつけ麺で使用するイメージが強いですが、こちらでは味が濃いと感じた時の調整用でもあるようです。逆に味変更用のスープは、コッテリ感を増すアイテムのようですね。こういった無料の追加調味類などが用意されているのも「我流家」らしさを感じさせます。最初から卓上に用意しておく形ではなく、希望によって追加注文を受け付けるところに演出というか楽しさがあるのでしょう。

沖縄 ラーメン 宜野湾市 サイリュウメンバ ガリュウ ペッパーラァメン 4

お客さんがどなたもいなかったことから、改めて店内の様子を写してみました。
手元側にライトが当たっており、また画像ではそれなりに明るく映っていますが、店内は結構な暗さとなってなっています。宇宙船内部をイメージされたかのような、SFチックな内装ですね。琉大北口そばに店舗を構えていることから、過去に訪れた際は常に学生さんのグループ客がいた記憶があるのですが、まだ夏休みが終了していなかったのかな?

沖縄 ラーメン 宜野湾市 サイリュウメンバ ガリュウ ペッパーラァメン 5 

程なくして運ばれた「ペッパーラァメン」です。
実は前回本品目を注文した際に、トッピングをすべて加えた「全部のせ」仕様というおかしな真似(笑)をしてしまっているのですが、そのイメージもあってか、ちょっと以前の迫力から物足りなさを感じます。元から野菜については注文時に増し仕様にしていますが、ブロック状のチャーシューのボリュームは明らかに落ちているような……。よくよく見ますと、スープはかなり濃い目の茶褐色だったと思うのですが、そちらも光が透き通るライトな色合いへと変化しているようです。うーん、ヘルシー志向の波がこちらへも押し寄せて来ているのでしょうか?(^_^;)

沖縄 ラーメン 宜野湾市 サイリュウメンバ ガリュウ ペッパーラァメン 6 

「ペッパーラァメン」の麺ですが、平打ち状のストレートのもの。ほど良い茹で加減のもちっとした食感の麺となっています。名称の由来らしい、麺に練り込まれたブラックペッパーが透けて見えますね。以前頂いた時より黒く見える粒の割合が少なくなったように思ったのですが、舌先にピリリとスパイシーな味合いの方は、よりはっきりと感じられるようになっていて、その理由はすぐに判りました。麺に絡むスープが、見た目どおりにかなりあっさりな方向へとシフトされているようです。以前も濃い色合いの割にはそこまでの濃厚な作りではなかったのですが、そこにバターの風味(だったかな?)や脂分が加えられていたり、また具材のチャーシューなどがっつり迫力ある仕様だったため、思い切った仕様変更だと感じました。確かに以前はやや“濃すぎる感”もあったかとは思いますが、多数を占めるであろう若年層のお客さんからはどのような反応があるでしょうか。

沖縄 ラーメン 宜野湾市 サイリュウメンバ ガリュウ ペッパーラァメン 7

追加でお願いをした無料の「味付ニンニク」や「一味カプサイシン」を投入してみました。
味わいの変化が付いて美味しくは頂けるものの、やはり若干の物足りなさを覚えてしまいます。特にニンニクなどは濃厚な元味の受けがあってこそ、より食欲をそそる風合いを感じるもののような気がします。別途用意された濃度調整用の動物系の出汁スープもあるのですが、こちらを加えても、もうひとつパンチが足りないような……。と、色々と書いてしまいましたが、トータルな味わいとしてはこれはこれで食べやすく、リピートしやすい一品だとも思います。特に今回は野菜増し仕様(パリパリ食感のキャベツにもやし、玉葱の粗みじんなど)ということもあったのですが、女性受けの良い一杯なのだろうとも感じました。

最終的に受けた個人的な満足感はそう大きく変わらなかったものの、ライト寄りな変化を残念に感じる常連さんも多いのかもしれません。そういえばおしぼりのサービスも無くなっていたようでした。他関連店舗ではどうなのでしょうか? それこそ女性受けの良いであろうサービスでしょうし、新興のラーメン店では我流家が始めたサービスだったかと思いますので、終了をしてしまったとしたらすこしばかり寂しいですね。いけません、どうにも消極的な内容に……(^_^;) これからの「我流家グループ」のより活発な営業展開に期待しています!

沖縄 ラーメン 宜野湾市 サイリュウメンバ ガリュウ ペッパーラァメン 8

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県宜野湾市我如古2-12-10
電話:098-897-3868
営業時間:11:30-23:30
定休日:木曜日
駐車場:有り

ガリュウラーメン / 宜野湾市)

夜総合点★★★☆☆ 3.0

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/995-a090c94e










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。