スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

らあめん花月嵐 新都心店 「焼きラーメン」

沖縄 ラーメン 那覇市 花月 焼きラーメン 1

那覇市真嘉比の「らあめん花月嵐 新都心店」へ行って来ました。
えー、今回記事を書き進める前に、色々と言い訳をします(^_^;) まずただでさえ期間限定麺を毎回取り上げていて「花月」比率の高いブログで、なぜ今月二度目の訪問となったかといいますと、今回の「焼きラーメン」が10月をもってレギュラー降格になることからです。今年の3月から6月にかけて実施された「花月嵐総選挙」にて、レギュラー部門で最下位になってしまったのです(ちなみに期間限定部門で見事一位になったのが前回取り上げた「ブラックモンスター」でした)。今後復活の予定もあるようですが、そのまま消えてしまう恐れもありますし、当ブログでまだ取り上げたことがなかったので今回の訪問となりました。それと出来れば未訪の花月店舗(北谷店など)へ行くことにしたいとも書いてましたが、年末まで有効の未使用クーポン券が結構残っていたのですよ。貧乏性ということもあり、つい近場のこちらへ伺いました。以上、言い訳でした(^_^;)

沖縄 ラーメン 那覇市 花月 焼きラーメン 2

さて先述の「花月嵐総選挙」について、期間限定部門とレギュラー部門に分けて投票がされたのですが、上位3品目と最下位についても少し触れておきます。

【期間限定部門】
1位:嵐げんこつらあめんブラックモンスター
2位:嵐げんこつらあめんBLACK
3位:博多とんこつらあめん なんでんかんでん

最下位:ラーメン街道一番星再改TYPE-R

1位の「ブラックモンスター」は、今年8月に期間限定品目として改めて発売されましたね。個人的には「BLACK」を抑えての1位はちょっと意外な気もしたのですが、そういえばテレビ番組である「お願いランキング」で「花月」が取り上げられたときに、満点を取っていました。一般の方の来客が多いチェーン店ですし、メディアからの影響はあるかも。「BLACK」は過去の同様な企画で2連覇していますし、順当なところでしょう。「なんでんかんでん」もちょっと意外でしたが、「花月」としてはこれまでなかった「替玉」など、挑戦的なことをしている部分が評価されたのかも。最下位の「再改TYPE-R」は、誰も覚えていないようなはるか過去の限定品を抑えての獲得です(^_^;) シリーズの多い同作のこと、票が分散したのかも……。

【レギュラー部門】
1位:嵐げんこつらあめん
2位:黄金の味噌ラーメン
3位:嵐げんこつらあめん塩

最下位:焼きラーメン

レギュラー部門に関してはどちらも大枠、納得な結果ではないでしょうか。1位の「嵐げんこつらあめん」はお店の名前を冠した代表的な品目ですね。「黄金の味噌」は初めて「お願いランキング」で取り上げられた時に、これまた1位を獲得した品目です。宣伝要素の強くなる後放送分より、結構ガチな感じでした(^_^;) ただ最近の提供では、ガラリとマイナーチェンジが施されているのですよね。「げんこつ塩」は個人的には1位の「げんこつらあめん」より好きかも。実際に2位と3位は「花月通」(笑)に人気の高い品目です。最下位となった「焼きラーメン」は、ラインナップのなかで存在感の高い割りになかなか注文されにくい品目なのかも。夏場に差し掛かった投票時期も結果に影響したかもしれません。

沖縄 ラーメン 那覇市 花月 焼きラーメン 3

卓上に用意されていたリーフレットの紹介です。
9月の期間限定品はありませんでしたが、大きなリーフレットにて来月10月の期間限定のものが用意されていました。次は10月2日(水)発売で、喜多方ラーメンをフィーチャーした「会津喜多方らあめん 桜の食堂」になるのだそう。日本三大ラーメンといわれる喜多方ラーメンをベースにした期間限定麺は、一昨年発売された「喜多方らあめん 大崎食堂」に続き二度目となります。発売当時あちらでは地域ぐるみの街興しを考えていて、「花月」とも深く連携を取られていたようです。ちなみに日本三大ラーメンは、札幌ラーメン(北海道)、喜多方ラーメン(福島県)、博多ラーメン(福岡県)とのこと。沖縄県内においては、「喜多方ラーメン」が一番馴染みが薄いかも……。

沖縄 ラーメン 那覇市 花月 焼きラーメン 4

卓上に用意されたメニュー表から、「焼きラーメン」部分のアップ画像です。
「焼きラーメン」と共に三つの品目名が裏返しに記載されていますが、これは“裏メニュー”扱いとなっているためです。まあ全国チェーン店ですので、あくまでも演出的な意味合いではあるのですが……(メニューにも券売機にもしっかり載っていますし(^_^;))。さて今回の注文ですが、もちろんお目当ての「焼きラーメン(660円)」をお願いすることにしました。ちなみに本品目は大盛り不可となっています。それとクーポン券を利用して、「ニンニク豚めし(本来は280円)」も追加でお願いです。

沖縄 ラーメン 那覇市 花月 焼きラーメン 5

程なくして運ばれた「焼きラーメン」です。
卓上に運ばれた瞬間に「おおっ」と感じたのが、メニュー画像などで見るよりもはるかに派手というか、華やかな印象があったことです。鉄板を利用していることにより湯気がもうもうとシズル感溢れていたことと、底が浅く幅の広い器が使用されていることで、具材や麺などの情報量が多く目に入ったためだと思われます。“味噌ラーメン”を提供しているお店では、通常の丼より底が浅く幅広な器を使用していることがありますが、ちょうどその時に受ける印象と同じですね。味覚を含めた五感の八割は視覚からともいわれているようですし、器の選択は割と重要な要素なのかもしれません(扱いづらさもあるかもですが)。同じトレイ上の「ニンニク豚めし」はクーポン利用の追加注文で、スープは元々「焼きラーメン」に付いているものとなっています。

沖縄 ラーメン 那覇市 花月 焼きラーメン 6

「焼きラーメン」の麺ですが、中細のやや捻りが入ったもの。茹であげた後に更に火を通しているためか結構柔らかめで、そのぶん鉄板の底に溜まったタレに良く絡んでいたかと思います。このタレですが、元々はもっとスープ状だったと思うのですが、鉄板の熱さで水分が飛び、ほどよく煮詰まって香ばしく、とろりと濃厚な味わいとなっています。とてもB級グルメ的で、こういった屋台などの焼きそばや、あるいはもんじゃ焼きなどをつい思い浮かべてしまいます。具材としてはたっぷりのもやしにメンマに半玉、細切りにされたチャーシューにワンポイントのなるとなどとなっていました。最後に散らされた葱が、良い彩りとなっています。

沖縄 ラーメン 那覇市 花月 焼きラーメン 7

後半になって、無料の生ニンニクと壺ニラを投入してみました。
味の濃さが影響してか、壺ニラはいつもより辛さはやや控えめに感じたのですが、その分食感や旨みが前面に出ていたように思います。それ以上に、「焼きラーメン」と搾り入れた生ニンニクとの相性がばっちりでした。湯気が立ち上る熱々の鉄板から、更に食欲をそそる香りを加えてくれたように思います。繰り返しになりますが、ある意味とてもB級グルメらしい、食べること自体の楽しさを感じさせる一品でありました。

沖縄 ラーメン 那覇市 花月 焼きラーメン 8

クーポン利用でお願いをした「ニンニク豚めし」です。
過去のブログ記事でも何度かふれた覚えがありますが、本品目は加えられたタレのしょっぱさがかなり先立つのですよね。改良されたのかそれとも本店舗での作りなのか、今回はそれほどでもありませんでしたが、それでも280円という価格設定もちょっと高めに感じてしまいます(きょうび、牛丼屋さんでもそれくらいの価格で提供されていますし……って、クーポン利用した者の言い草ではないですが(^_^;))。個人的には以前は「豚もやし(100円)」+「ライス(100円)」を組み合わせた、「豚もやし丼(合計200円)」を勝手に作ってよく頂いておりました(笑)

最後になりましたが「焼きラーメン」について少し。
元々は博多の屋台がその発祥になるようですね。福岡県福岡市は天神の屋台「小金ちゃん」が元祖となるようですが、以前博多に旅行に出向いた際に寄ってみたところ、あまりの行列にすぐ近くの屋台(八方亭)で「焼ラーメン」を頂きました。並んでいる方々は地元客も多そうで、待ち行列をしないといわれる(最近はそうでもないですが)沖縄県民としては、ちょっと不思議な光景でした。博多の屋台はとても風情があって、アルコール込みでとても美味しいひと時を過ごせました。話が脱線しましたが「花月」の本品目は、レギュラー降格ながらも復活の予定もあるようです。他店舗ではあまり見受けられない“ご当地ラーメン”ですし、消えてしまうのは勿体ないですよね。夏場に出るような品目でもないでしょうし、寒い時期中の再登場を期待しております。

沖縄 ラーメン 那覇市 花月 焼きラーメン 9

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市字真嘉比西原263-4
電話:098-885-7011
営業時間:11:00 - 翌3:00
定休日:無休
駐車場:有り

関連記事

無念

嵐ゲンコツが一番頼まない商品。
味覚がわからん。
しかし、焼ラーメンのあつあつの楽しみは何事にもかえがたい。
原価がたかく、作業がめんどくさくて、最下位にしたのではないかと
疑ってしまう。
今日まさにたべにきたのに
[ 2013/10/11 13:25 ] [ 編集 ]

Re: 無念

>焼ラーメンさん
こんにちはー。
看板品目であるげんこつが二の次ですとは、
これはまた熱烈な焼ラーメンファンなのですね笑
確かに原価や手間暇は掛かっていそうです。

今回のイベントでは残念ながら最下位でしたが、
花月では今後の復活も考えているそうなので、
その日をお互い楽しみに待つことにしましょう!(^_^)
[ 2013/10/13 07:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/994-0df81f7c










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。