スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

琉球島豚 麺屋 なりよし 「とんこつ辛味 味玉入り」

沖縄 ラーメン 那覇市 麺屋 なりよし とんこつ辛味味玉入り 1

那覇市牧志の「琉球島豚 麺屋 なりよし」へ行って来ました。
前回ブログ記事から続く形となりました。来店の日付的には異なるのですが、初訪問時に撮影した画像等を交えながら、「なりよし」二度目の記事にしたいと思います。朝方5時までの営業という安心感が頭にあったのか、さっそくの再訪問となっております(^_^;) お店には、週末の夜分遅くに入店となりました。国際通り周辺は、賑やかで華やかな雰囲気があって良いですね。

本文とは関係のない余談です。
前回記事でも少し触れましたが、今後予定されている消費税率の引き上げは、ラーメン業界にとっては結構切実な問題になるのではないでしょうか。ラーメンは外食産業のなかでも安く手早く頂けるという認識が強いようで、熱心なラーメンファンからは価格設定に対しシビアな目が向けられているように感じます。個人的にも、確かに価格は安い方が相対的に満足感は高まりますしね。怖いのは一般のお客さんが、物言わずに離れて行くことでしょう。その辺りを考えますと、安く手早いだけではない、多様な方向性のラーメン店が出店されることが望ましいのかもしれません。幸いなことに、ここ沖縄では数年前からそういった新規出店舗の動きが見られているようです。

沖縄 ラーメン 那覇市 麺屋 なりよし とんこつ辛味味玉入り 2

冊子になったメニュー画像です。
前回も一部掲載しましたが、今回記事では改めて全ての品目ページをアップしたいと思います。こちらの見開きページでは「とんこつ(税別680円 以下同様)」と「とんこつ辛味(780円)」のバリエーションが記載されています。“味玉入り”といわゆる全部のせにあたるらしい“スペシャル”に別れているのですが、種類ごとに画像の大きさや掲載順が異なっていますので、品目数の把握にちょっと迷ってしまうかも……。

沖縄 ラーメン 那覇市 麺屋 なりよし とんこつ辛味味玉入り 3

こちらの見開きページは「とんこつ魚味(780円)」と「肉盛りとんこつ(880円)」のバリエーションですね。また、豚バラ肉炒めらしい「焼肉皿(350円)」なるサイドメニューも記載されていますが、「肉盛りとんこつ」はそちらをトッピングしたもののようです。それと先程のページにも「ミニらーめん(500円)」が掲載されていましたが、こちらは小学生未満は無料になるのだそう。

沖縄 ラーメン 那覇市 麺屋 なりよし とんこつ辛味味玉入り 4

こちらの見開きページは「つけめん(780円)」のバリエーションですね。それにばらけて掲載されていたサイドメニュー類が、1ページにまとめられています。サイドは4種類で各350円、「自家製餃子(5ヶ)」・「半チャーハン」・「焼肉皿」・「豚天」となっています。こちらの見開きが一番整理されていて判りやすいですね。「ライス(100円)」と「半ライス(50円)」はお手頃価格設定となっています。最後の裏面には、各ページにも掲載されているドリンクメニューが記されていました。

沖縄 ラーメン 那覇市 麺屋 なりよし とんこつ辛味味玉入り 5

卓上に用意された注文シートです。
メニュー表ではページがまたがっているのですが、最終的な注文シートでは一覧になっていますので判りやすいです。基本の味の分類としては『とんこつ・とんこつ辛味・魚味・つけめん』などとなっており、前回訪れた際はプレーン(?)な「とんこつ」をお願いしました(ただし彩りを加える意味で100円増しの「とんこつ味玉入り(780円)」を注文しています)。さて今回注文ですが、順序良くという訳でもありませんが、その下掲載の「とんこつ辛味味玉入り(880円)」をお願いすることにしました。チェックして好みの味を選択出来る『味の濃さ・香味油・麺の硬さ』ですが、今回はすべて「普通」を選んでいます。本来でしたら、二度目の今回はもっと前回と異なる方向の品目を頼んだ方が良かったかもしれません。……賢明な閲覧者の方はすでに察しておられるかもしれませんが、あまり正常な判断力のある状態で入店していなかったりします(^_^;)

沖縄 ラーメン 那覇市 麺屋 なりよし とんこつ辛味味玉入り 6

程なくして運ばれた「とんこつ辛味味玉入り」です。
具材の構成は「とんこつ」と同じく、厚みもあって幅広な迫力あるチャーシュー(前回の「とんこつ」と比べるとやや小ぶりになっているのかな?)、キクラゲに葱などとなっています。それに丸く盛られた肉味噌が加わり、スープ表面の色合いも赤味がさしていていかにも辛そうですね。これまでブログ上で何度も書いていますが、自分は基本的に苦手食材などはないものの、極端に辛味の強いものに対してはあまり耐性のある方ではありません(すぐにむせてしまいます)。アルコールも嗜みますので、どちらかというと辛党の部類になるのですが……。

沖縄 ラーメン 那覇市 麺屋 なりよし とんこつ辛味味玉入り 7

「とんこつ辛味味玉入り」の麺ですが、細めのストレートのもの。全粒粉使用した自家製のものだそうです。「つけめん」は別として、各ラーメン品目ではおそらく共通の麺だと思われます。食感は軽めではありますが、細めながらやや径があるストレート麺は、口中で存在感のある仕上がりとなっています。小麦らしい独特な風合いがありますので、好みが合えば特別ハマってしまう方もおられるかもしれません。個人的には面白みがあって、美味しく頂けました。その麺に絡むスープですが、一口レンゲで飲んだ瞬間辛味に怯んだのですが、すぐに慣れてしまいました。香味油の量は「普通」でお願いをしましたが、結構な油分を感じました。こちらの品目では肉味噌も加わっているため、途中段階でスープに溶かし味の変化を楽しむことが出来ますね。大ぶりで厚みのあるチャーシューとも相性が良く、最後まで飽きずに食べ進めることが出来ました。辛さ耐性が低めな自分でも苦戦をせずに頂けたのですが、辛さ調整とかは可能なのでしょうか? メニュー表や注文シートなどには特に記載はされてはいないようですが、次回来店時にでも確かめてみたいと思います。いえ、自分は辛さ増しでお願いすることはないと思いますが……(^_^;)

沖縄 ラーメン 那覇市 麺屋 なりよし とんこつ辛味味玉入り 8

やや遅れて運ばれた追加注文の「半チャーハン(350円)」です。
比較対象がないため判りづらいでしょうが、半チャーハンらしいサイズです。お皿が大きめなため却って少量に見えますが、ハーフサイズとしてはそれなりに充分な分量だったのではないでしょうか。ご飯粒がパラリと解けつつも、きっちり油分も廻っており、熱々でとても美味しく頂けました。おそらく厚みのある鍋に強い火力で作られているのでしょう。……実は当初は「自家製餃子(350円)」に「半ライス(50円)」をお願いしようとしたのですが、残念ながら前者は品切れとなっていました。いま思うとサイドメニューには餃子以外にも同価格設定の「焼肉皿」や「豚天」が用意されており、そちらを注文してみても良かったかもしれません。次回以降の選択肢として、念頭に置いておこうと思います。

沖縄 ラーメン 那覇市 麺屋 なりよし とんこつ辛味味玉入り 9

前回はカウンター席を掲載しましたが、 二人用の席も撮影してみました。
メインのテーブル席は半個室状で四人は座れるようになっており、ゆったりとしたスペースが確保されています。こちら側は混雑して来た時、あるいはもっと近い距離でいちゃいちゃしたいカップル席にあたるのかも(笑) 内装の様子で、お店のおおまかな雰囲気は伝わったでしょうか?

最後に掲載している店舗画像は、前回開店時間に訪れたものとなっております。
次回来店の機会がありましたら、ラーメンからはいったん離れて、「つけめん」あたりを注文してみても良いかもしれません。メニュー画像だけではちょっとボリューム感が掴めない、その他サイドメニュー類も試してみたいところです(「焼肉皿」や「豚天」など、「ライス」と組み合わせたらお手頃価格な定食セットになるかも……)。そうそう、いつまでか判りませんが、今回使い忘れた「替玉orつけ麺大盛無料券」も配布されていました。とりあえず再訪の理由が出来ましたので、またそう遠くない内にシラフで来店したいと思います(^_^;)

沖縄 ラーメン 那覇市 麺屋 なりよし とんこつ辛味味玉入り 10

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市牧志2-3-22
電話:098-988-8544
営業時間:11:00-翌5:00
定休日:なし
駐車場:なし

なりよしラーメン / 牧志駅美栄橋駅安里駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/993-58dc68ef










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。