スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

麺カフェ 琉眠 「トマトラーメン」

沖縄 ラーメン 名護市 琉珉 トマトラーメン 1

名護市為又の「麺カフェ 琉眠」へ行って来ました。沖縄ラーメン大図鑑:半額39/39)
今回も「沖縄ラーメン大図鑑」半額企画参加店への訪問となりまして、そしてラスト39店舗目の紹介となります。最後は企画最北端店ということで、長いようで短かった“ぶらりラーメンひとり旅”でした(笑) 2012年度版の際は57店舗でしたので、確かに参加店舗数は少なくなっていますが、半額企画以外にも「コラボ限定メニュー」なども加わり、ぞんぶんに誌面に乗っかり楽しめました。さてこちら「麺カフェ 琉眠」ですが、2011年に現在の場所に移転する前から、沖縄県内で「トマトラーメン」を提供されているお店として、一部のラーメンファンの方々に知られていました。いまでこそ提供されるお店もちらほら見かけますが、当時はもの珍しさもかなりのものだったのでしょうね。恥ずかしながら初来店だったりします。お店には、週末の午後6時半過ぎの入店となりました。

沖縄 ラーメン 名護市 琉珉 トマトラーメン 2

「麺カフェ 琉眠(りゅうみん)」のメニューです。
メニューは冊子形式にまとめられており、名称の“麺カフェ”らしさを感じさせます。こちらは麺類のページとなっていて画像付きで判りやすくもあるのですが、全体の取り扱い品目数が思ったよりあり、またページの片面にしか掲載されていないため、一覧性という意味ではちょっと視認性は良くないかも。さて注文の方は今回のお目当となる、「トマトラーメン(680円⇒340円)」をお願いすることにしました。画像には当該品目が掲載されていませんが、実は冒頭のページにて「チーズトマトラーメン(730円)」や「ビーフトマトラーメン(800円)」など、トマトラーメンのバリエーションが3品目ほど記載されていました。やはりお店の代表的な品目にあたるのでしょうね。

沖縄 ラーメン 名護市 琉珉 トマトラーメン 3

せっかくですので、他のページも掲載してみます。
提供品目のメインは麺類になるようですが、各種中華料理類も取り扱っています。なんでも元々お店のオーナーは長年中華料理を取り扱っていたようで、ラーメン好きが高じて麺類を中心にお店を開くようになったらしいですね。今回注文することは叶いませんでしたが、おそらく結構な本格的な仕上がりで提供されているのでしょう。また他のページでは“カフェ”らしく、コーヒーやケーキセットなども掲載されていました。

沖縄 ラーメン 名護市 琉珉 トマトラーメン 4

程なくして運ばれた「トマトラーメン」です。
ラーメン単品ではどことなく申し訳なく(?)思い、「半チャーハン(370円)」を追加でお願いしました。お店を決めていた訳ではありませんが、せっかくの遠出でしたのでハシゴラーメンも考えていたのですが、まあここはがっつりと頂くことにしましょう(笑) 用意をされた「トマトラーメン」ですが、想像していたより器が深く大きめで、結構なボリューム感のある印象となっていました。お好みで辛さが欲しい場合はお使い下さいと、タバスコが添えられています。

沖縄 ラーメン 名護市 琉珉 トマトラーメン 5

「トマトラーメン」の麺ですが、中太平打ち状のストレートのもの。ほど良く柔らかめで、弾力と共に口中で存在感のある麺となっていました。その麺に絡むスープですが、鶏ガラをベースに用いて、トマトソースと生のトマトをたっぷり3個分使用して作られたものとのこと。バジルとオリーブオイルを加えているそうで、確かにイタリアンの雰囲気が感じられますね。トマトの持つ酸味を中心に、スパイシーさが加わりさっぱりとした味わいとなっていました。結構粗く切られたニンニクが入っており、単調な味わいにならないように工夫がされていたようです。トマトラーメンはどうしてもベースが薄味になってしまうようですが(代わりに追加の調味料類で塩分濃度が高めになりがち)、こちらは上手くトマトの味わいを色濃く残す形に仕上げていたと思います。どうしても変わり種ラーメンに分類されてしまうでしょうが、完成度の高い一杯でありました。半チャーハン共々、交互に美味しく頂いています。半チャーハンはもう少し安価な設定でしたら、サイドメニューとしてもっと気軽に頼めそうですね。最後は、スープの一滴も残さずに完食です。

沖縄 ラーメン 名護市 琉珉 トマトラーメン 6

帰る前に店内の様子を写してみました。
お客さんはもう少し遅い時間から入られるのでしょうか、入店時には自分ひとりとなっていました。画像奥側が厨房になっています。比較的こぢんまりとした作りで、建物の周囲はお庭のような開けたスペースとなっており、のんびりランチを頂くのに適しているような雰囲気でした。表の通りから少し奥まった場所にあるため、夜間はちょっと探しにくい立地になるかもしれません。

冒頭でも書きましたが、これにて「沖縄ラーメン大図鑑」半額企画39店舗巡りも今回で終了となりました。今回のように、未訪かつ名護市のような遠い立地ですと、良い来店の動機づけにもなります。ただ前回の6店舗と比べ、今回は名護市が1件のみ対象だったのは北部のラーメンファンからしても、ちょっと寂しい構成であったのかもしれません(個人的にもせっかくの遠出になりますので、複数店舗となっても良かったかも(^_^;))。半額ラーメン企画の有効期間は8月末までとなっています。まだまだ充分に猶予がありますので、お住まいから遠くても、ぜひ各店舗を廻られてみてはいかがでしょうか。

沖縄 ラーメン 名護市 琉珉 トマトラーメン 7

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県名護市為又266-4
電話:0980-53-5182
営業時間:11:30-22:00
定休日:不定休
駐車場:有り

麺カフェ 琉珉ラーメン / 名護市)

昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

おめでとうございます。

お早いコンプリートおめでとうございます。快挙ですね。
今回は掲載店で既に2店舗(赤まる 豊見城店・麺や如水)閉めてますので、難易度は高いかも知れませんね...自分は今22店舗で、上記の2店舗はクリアしていますので、ゆっくり何とかコンプリートを目指したいです。
[ 2013/05/08 22:27 ] [ 編集 ]

大丈夫ですか

毎日楽しみに拝見しています。
記事更新が1週間もないのは
めずらしいのでは。
お身体でも・・・と心配していま
す。
[ 2013/05/12 14:13 ] [ 編集 ]

>たかさん
こんにちはー。
はい、無事にコンプリート出来ました。
ありがとうございます。
ちょうどクーポン期間も終了しましたが、たかさんも
無事に全店廻ることが出来たでしょうか?
目標があるとラーメン店巡りもまた楽しくなりますね(^_^)
[ 2013/09/01 09:48 ] [ 編集 ]

>歩さん
こんにちはー。
ご心配おかけして申し訳ありません。
更新停止前はちょっと投稿期間も空いてましたね。
身体は今も以前も丈夫ですし、これからはのんびり
ペースでやって行きたいと思います(^_^;)
[ 2013/09/01 09:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/983-66b2342a










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。