スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

らぁめん放浪記6 「和民」「グルメ館つじ」「一平」「暖暮」

「らぁめん放浪記」の第六回記事になります。
「らぁめん放浪記」は、様々な理由によってブログ記事としなかった訪問の記録を、ある程度まとめて紹介するという内容になっています。まあ大抵はアルコールが入って、記憶が曖昧だからという理由が多いのですが、それ以外にも改めて単独記事のボリュームにて紹介するのも難しいかな、といった内容も含まれています。最近はお店に訪問した以上、どうも頂いた記録を残す行為をしないと、「ごちそうさま」を完遂した気にならなくなっているということもあります(閲覧されている方々には理解し難いかもしれませんが(^_^;)) ではでは、本文へ入らせて貰います。

とその前に本文とは関係ない余談です。言い訳というか謝らないといけないのですが、左の50音順リスト、リンクがずれている部分があり正確ではありません。直さないといけないのですが、結局全部のページをチェックしなければならず、なかなか手が回らない状況でした。今年の1月分までリスト化しており、本来は毎月ごとに更新するはずだったのですが。時間がある時に、まとめて行う予定です(といいつつこのまま放置したりして(^_^;))。そういえば某ラーメンSNSのコミュから、いつの間にか自分は外されていたようです。まあこちらが関与することではないですし、逆にSNS退会の良いきっかけになったようです(今後の前振りだったりして……)。

■JAPANESE DINING 和民 「濃厚魚介ダシつけ麺」

和民1

那覇市久茂地店の「JAPANESE DINING 和民」へ行って来ました。
前回の「らぁめん放浪記」記事が11月時のアップですので、ずいぶんと間が空いてしまいました。その間は、飲み会などの機会がなかったこともあるのですが、単純に記事にしていなかったこともあります(^_^;) さてこちらの「和民」ですが、「沖縄ラーメン大図鑑」完成後の打ち上げ会場として寄ったお店です。ですので、訪問はもう2月のことになりますね。こちらの店舗に決めたのは、居酒屋であることはもちろん、確かラーメン類もメニューのなかで扱っていると聞いていたからなのでした。ラーメンファンとしては、締めの一杯までをセットにて頂けたら嬉しいところなのですが、なかなかそういった居酒屋もあまりなかったりします。

お願いしたのは「濃厚魚介ダシつけ麺(499円)」です。こちらは2012年の5月にオープンしたお店なのですが、開店当初は確かラーメン類も扱っていたはずが、ラーメン店的な品目はこちらの一品のみとなっていました。居酒屋でラーメンを提供されているところが少ないのは、“締めの一杯”であることや“スープ(水分)”は、アルコール提供が目的のお店には沿わないことからかもしれませんね。具材はメンマに半玉、ネギに海苔などとなっており、中細の麺に魚介の濃厚なつけ汁が絡み、お酒もいよいよ進んだことだったかと思います(笑) その他の料理類も含め、この日は美味しくも楽しいひと時を過ごさせて貰いました。ごちそうさまでした!

和民2

住所:那覇市久茂地3-12-1 2F
電話:050-5829-2854
営業時間:17:00-翌3:00(金・土・祝前 翌5:00)
定休日:無し
駐車場:無し


■グルメ館つじ 「チャーシューネギラーメン」

グルメ館つじ1

こちらは実は先ほどの「和民」からのハシゴラーメンとなっております(^_^;) 久茂地の居酒屋の打ち上げから別れたあと、無性にステーキ(「88」と思われます)が食べたくなり、こちら方面に寄っていたようでした。ふらふらと街中を歩くなかで、店頭のショーケースのサンプルにラーメンを発見し、吸い込まれるように入店したようです(笑) ちなみにこちら「グルメ館つじ」ですが、店頭の看板には『和・洋・中華・焼肉レストラン』と記されており、サンプルを見ても何でも有りのような幅広い提供となっていました(ミックスピザ・鉄板焼きステーキ・豚の角煮・寿司定食などなど)。時間帯としては午前0時過ぎに居酒屋を出て、こちらには午前1時過ぎに入店をしております。

お願いしたのは「チャーシューネギラーメン(650円)」で、「餃子」なども扱っているようでしたが、いわゆるラーメン店的品目は、こちらの一品だけのようでした。正直なところ、完全に酔っている状態なので記憶も定かではないのですが(^_^;)、魚介風味のあっさり醤油味のスープだったかと思います。具材は品目名にあるとおり、チャーシューにネギで構成されており、中細の麺と共にしっかり頂かせて貰いました。ちなみに「ステーキハウス88」には、こちらに訪れる前に寄っています。どれだけ食べているのでしょう(^_^;) こちらのお店はランチタイムの営業のほか、2階には大広間もあって、宴会などの対応もされているようです。ごちそうさまでした!

グルメ館つじ2

住所:沖縄県那覇市辻2-6-12
電話:098-868-3178
営業時間:11:00-翌3:00
定休日:無休
駐車場:無し


■中華ラーメン 一平 「ラーメン」

一平1

名護市大北の「中華ラーメン 一平」へ行って来ました。
こちらは初来店になりますね。名護市へ出向く用事があり、以前機会があった際に中休みに当たってしまい、入店出来なかったこちらのお店に訪れることとなりました。本来ならば単独記事としてまとめるところなのですが、今回はこちらの方で……。近隣には当ブログでも取り上げたことのある「まーさん堂」が営業をされています。お店には、週末の午後8時過ぎに入店となりました。

一平2

「中華ラーメン 一平」のメニューです。
老舗店らしい佇まいのお店で、座敷席側の壁際にはメニューが貼り出されていたのですが、お客さんでとても賑わっていたため、カウンター席上のお品書きを撮影しています。表側には各種麺類が記されており、裏面の方には炒め物類として、「ギョーザ(400円)」や「チャーハン(600円)」、「レバ炒め(750円)」などが記されていました。小さな立て札でしたので、二つあれば、一画面にまとめて撮影出来たのですけどね(^_^;) 

この日は事前に食事を済ませていたこともあり、注文は「ラーメン(550円)」のみとしたのですが、せっかくですので安価なトッピングの「メンマ(50円)」も追加しました。具材はその増されたメンマにもやしにわかめ、チャーシューになるとにネギなどとなっています。器の麺は老舗店らしく(?)、やや柔らかめのもので、スープはごくあっさりした醤油味のものとなっていました。「ギョーザ」が美味しそうでしたので、注文出来なかったことがいまとなっては悔やまれています。地元の常連さんに愛されていることが伺えるお店でした。ごちそうさまでした!

一平3

住所:沖縄県名護市大北3-2-46
電話:0980-52-3518
営業時間:11:30-14:30 18:30-22:00
定休日:月曜日
駐車場:有り


■暖暮 那覇牧志店 「ラーメン(5)」

暖暮1

那覇市牧志の「暖暮 那覇牧志店」へ行って来ました。
つい最近も当ブログで初めて「沖縄美原店」を紹介しましたが、こちらはこれまで何度も訪れているお店だったりします。「らぁめん放浪記」の記事を書き始めるまでは、ずっと記事にすることを見送っていたのでした。本記事中でも判るとおり、アルコールが入った際には“締めの一杯”で良くラーメンを頂いており、こちらの店舗は「コトブキ(現在は「天神矢」が営業)」ですっかり酔った後、その流れで訪れていたのでした(いや、「コトブキ」で締めましょうよ(^_^;))。この日は飲み会があり、ふらっと立ち寄っていたようです。

お願いしたのは「ラーメン(650円)」に「明太子ご飯(200円)」になりますが、こちらは以前は券売機方式ではなかったですよね? 「沖縄美原店」や「糸満店」がオープンした際に、一緒のタイミングで導入を図られたのでしょう。濃度感がありながらも、すっきりした切れ味の豚骨スープは、締めの一杯としては最適な一品なのかもしれません。相変わらずがっつりと「明太子ご飯」まで注文していますが、満足感たっぷりにお店を後にすることが出来ました。今後もこのような流れがあれば、またお世話になりそうです(^_^;)

暖暮2

住所:沖縄県那覇市牧志2-16-10
電話:098-863-8331
営業時間:11:00-26:00
定休日:無休
駐車場:無し


前回からかなり間が空いた「らぁめん放浪記」ですが、最近になってまた酒席の場が増えてきたこともあり、今回の掲載を見送ったお店もいくつかあったりします。アルコールが入るとラーメンだけではなく、見境無く飲食店へ入る傾向があるため、今後はデジカメの持ち歩きもちょっと控えようかと考えています(これでいくらか抑止力になるかな?)。何にしても、食事は楽しく美味しく頂くことが大事ですね(^_^;)

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/982-f056b73c










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。