スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

米島らーめん 「醤油らーめん」と「塩らーめん」

沖縄 ラーメン 与那原町 米島ラーメン 醤油・塩ラーメン 1

与那原町与那原の「米島らーめん」へ行って来ました。
こちらは本日(4月8日(月))オープンしたお店になります。元々豊見城市の方で営業をされていたお店なのですが、今年の1月に移転のため一時閉店をし、このたび目出度く与那原町で再オープンを果たすことになったようです。自分もすぐには気付かなかったのですが、移転前の店名は「米島ラーメン」で、移転後は「米島らーめん」と表記が平仮名になって、少し柔らかいイメージになっていますね。たまたま近隣に寄る用事もあって、お昼時に入店となりました。

沖縄 ラーメン 与那原町 米島ラーメン 醤油・塩ラーメン 2

「米島らーめん」のメニューです。
オープン期間中ということもあってか、提供メニューはごく絞られていて、また本日より3日間は一杯300円からラーメンの提供をされているようです。変更点らしい部分としては、麺の種類が選べるようになったところでしょうか? 正直に言ってしまうと、豊見城市で営業していた頃はオープン直後にしか寄ったことがないのですが、それでも「細麺」での提供は、おそらく行っていなかったかと思います。さて今回の注文ですが、「醤油らーめん(300円)」をお願いすることにしました。本オープン後の正式な価格設定がどうなるか判りませんが、豊見城市時代は600円で提供をされていたようです。

沖縄 ラーメン 与那原町 米島ラーメン 醤油・塩ラーメン 3

待っている間に店内の様子を写してみました。
入り口から入るとすぐにカウンター席となっていて、5~6席程度のかなりこぢんまりとした座席数となっています。そのぶん、厨房は比較的ゆったりとスペースが取られているようでした。たまたまお客さんが引けたタイミングで撮影をしていますが、現在のところラーメンのみの提供で回転は早いだろうとはいえ、オープニング期間中は待ち客も出てしまうかもしれませんね。カウンター席上にもメニューが掲示されていますが、そちらでは「大盛(50円)」に「替え玉(100円)」が記されていました。

沖縄 ラーメン 与那原町 米島ラーメン 醤油・塩ラーメン 4

程なくして運ばれた「醤油らーめん」です。
幅広の器にゆったりと具材と麺が盛り付けられています。レンゲではなく木杓子であるのも以前と変わっていませんね。スープに沈んでちょっと見えにくくなっていますが、具材にはチャーシューに半玉、キクラゲにネギに海苔などとなっていました。見た目的にもすこしばかりあちらのラーメンを思い浮かべてしまいますが、実際に店主はそちらで働いていたこともあるようですね。卓上には紅ショウガや刻みニンニク、胡椒や一味唐辛子にお酢などの調味料類が揃えられていました。

沖縄 ラーメン 与那原町 米島ラーメン 醤油・塩ラーメン 5

「醤油らーめん」の麺ですが、中細のちぢれが入ったもの。程よい茹で加減でくっきりとした食感の麺となっていました。その麺に絡むスープですが、かるくとろみを感じる豚骨醤油味となっています。脂分が影響しているのか、食べ終える最後まで熱々のスープとなっていました。沖縄では珍しく4月に入ってもまだ夏らしい気温にはなっていないのですが、店内はしっかり冷房が効いていましたので、真夏でも汗をかくことなく頂くことが出来ると思います(笑) 器に丸みがあるため、見た目よりスープの分量もありますね。チャーシューや煮卵などを合間に挟みつつ、美味しく頂くことが出来ました。さて、せっかくのオープニング期間の来店ですし、取り扱っているラーメン品目も二つであることから、もう一つ「塩らーめん(350円)」も追加注文することにしました(^_^;) 価格が50円増しになっているのは、細麺を選択しているためです。

沖縄 ラーメン 与那原町 米島ラーメン 醤油・塩ラーメン 6

程なくして運ばれた「塩らーめん」です。
お店の方も意識されているのでしょうか、最初の「醤油」は白い器でしたが、こちらの「塩」は黒い器で用意されました。まあ営業するなかで注文される品目が偏ってしまったら、使い分ける余裕もなくなるかも……。ちなみに「醤油らーめん」から先に注文したのは、以前豊見城時代に未食であったためです。結局、両品目を注文することになりましたが(^_^;) 具材は先ほどと共通で、チャーシューに半玉、キクラゲにネギに海苔などとなっていました。

沖縄 ラーメン 与那原町 米島ラーメン 醤油・塩ラーメン 7

「塩らーめん」の麺ですが、細めのストレートのもの。麺の茹で加減などは特に聞かれませんでしたが、やや径があって程よく固めで、口中で存在感のある好きなタイプの麺でした。その麺に絡むスープですが、白湯風なとてもあっさりとした味わいとなっています。卓上の紅ショウガなどは、こちらで利用をするところなのでしょうね。「醤油」と同じく、とても熱々なスープとなっていました。ところで「細麺」が50円増しとなっているのですが、こちらは本オープン後も値段に差異が出るのでしょうか? 印象も大きく変わりますので、常連さんにも気軽に変化付けが出来る価格設定で提供されたら嬉しいですね。二杯目ということもあり、結構お腹いっぱいとなりましたが、それでもスープの一滴も残さず完食です。

確かにややあっさり寄りのラーメンを提供されていたかと思いますが、「塩らーめん」はその方向性が顕著でしたね。以前は「味噌ラーメン」に「チャーハン」などのサイドメニューも提供されていましたので、今後本オープン以降はもちろん提供品目も増えて行かれると思います。後程確保されるかもしれませんが、お店専用の駐車場はまだ用意されていないようです。カウンター席のみのお店のスタイルなどから、地元に根付いたラーメン店へと、上手く受け入れられていったら良いですね。今後の営業展開にも期待しております。

沖縄 ラーメン 与那原町 米島ラーメン 醤油・塩ラーメン 8

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県与那原町与那原3117
電話:098-945-0373
営業時間:11:30-20:00(土曜日は16:00迄)
定休日:日曜日
駐車場:無し

米島らーめんラーメン / 首里駅儀保駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/962-8634745a










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。