スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ちゃんや 「味噌ラーメン」

ちゃんや味噌ラーメン1.

ちゃんやは実はもう随分前に訪れたのですが、当ブログにてずっと掲載をしそびれたお店です。
今年の夏頃に味噌ラーメンにかなり執着していた時期がありまして、いくつかのお店を廻った末に、「ちゃんや」が個人的に一番求めていた味に近いものでした。それまで、味噌ラーメンをどちらかというと敬遠していた自分なのですが、その時期に味噌に拘ったのは、内地へ旅行に出かけた際に食べたラーメンがきっかけです。

ひとつは、新横浜ラーメン博物館で食べた「すみれ」創業者が出店・提供された味噌ラーメン。もうひとつは、東京は高田馬場で食べた「純連」の味噌ラーメンです。どちらも沖縄県内で昔からあった味噌とは真逆の方向性のラーメンで、特に前者はかなりの衝撃を受けました(でも普段食べるとしたら後者の方が向いているかも)。沖縄の方が良くないなどという理由ではなく、以前は全く選択肢がなくて、自分にとってはどこも同じ味のような味噌ラーメンとしか感じていなかったのです。現在の状況はもちろん変わっていますが、その系統の味に完全に食傷していたのでした。

さて、今回紹介の「ちゃんや」ですが、那覇市国際通りのお土産屋さんが立ち並ぶビルの中、他店舗であるTシャツ屋さんを突っ切らないと辿り着けないという変わった店構えのラーメン店です。またお店の壁面には隙間も無いくらい名刺(お客さんの?)が貼られており、店内も幾分変わった雰囲気となっています。画像が無いので、判りにくいと思いますが……。(ブログへの掲載が遅れたのは、その店舗の画像を用意したかったという、しょうがない理由です(^_^;))

テーブル席に座り、お店にある豊富なメニューから「味噌ラーメン(750円)」を注文します。いつものように「大盛り(100円)」と「味玉(100円)」も追加注文です。なぜか多くのお店で、味噌に煮玉子は初期設定されていないのですよね。野菜等の具が最初から盛られているからかな? それを踏まえても醤油や塩と比べて値段設定が高めなのが普通ですので、コスト的にかなりかかるのでしょう。あとは「マヨチャーシュー丼(250円)」も併せて注文しました。

ちゃんや味噌ラーメン2

程なく運ばれてきた「味噌ラーメン」です。
直径のある幅広の器の全面に展開する具材と、その下に見え隠れする麺とのバランスがなんとも美しいです(笑) 煮玉子はこのシーンには必要不可欠ですね。それも半分に割られていないと、食欲が刺激される見栄えの良さはなかなか生まれないと思います。上に盛られた野菜類とのつり合いもちょうどいいですね(ちょっと盛り付けを崩してしまいました)。

ちゃんや味噌ラーメン3

ちゃんやの麺ですが、札幌市にある「西山製麺」の麺を使っているようです。これは「純連」で使われている麺と同じものとなっています。中太のちぢれ麺とのことですが、若干芯が残っているかのような固めで(自分の感覚としては)細めの麺は、スープに対しキレが良く、きっちりと絡みます。べたっとまとわりつく感じではないのが良いですね。

スープは純連などと比べるとラードで厚く覆われている膜などはなく、比較的マイルドな味噌味ですが、暑い沖縄ではこれで良いのでしょう。保温性を高める必要もないですしね(笑)

やばいです、記事を書いている内にめっちゃ食べたくなって来ました(^_^;) 踏ん切りをつけるために今回のブログ記事を書いたはずが、掲載したことで味噌ラーメンを頼みづらくなってしまいましたね。行くとしたら別のラーメンも食べたいですし……。もう少し悩んでみることにします(笑)

ごちそうさまでした(^_^)

満足感:★★★★★★★★(8)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市牧志1-2-30
電話:098-864-5411
営業時間:11:30-15:00 17:00-3:00 ~5:00
定休日:無休
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/96-ccf7d237










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。