スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ラーメン屋 けん 「醤油らーめん」

沖縄 ラーメン 那覇市 ラーメン屋けん 醤油らーめん 1

那覇市久米の「ラーメン屋 けん」へ行って来ました。
こちらは3月18日(月)にグランドオープンされたお店となります。本来は夜間に営業をされている「居酒屋 けん」というお店らしいのですが、昼間はラーメン店として店名を少しばかり変えて営業をされるようです。居酒屋など、異業種店がラーメンを提供するのはこちら沖縄でも見かけるようになっているのですが、昼夜二毛作的にそれぞれ別名義で営業をされるのは、やはりもの珍しさがありますね。前の週をプレオープンと位置付け、今週より満を持しての正式営業開始となったようです。お店には、平日のお昼時の入店となりました。

沖縄 ラーメン 那覇市 ラーメン屋けん 醤油らーめん 2

「ラーメン屋 けん」のメニューです。
てだこラーメンデータベース」さんにあった情報によりますと、プレオープン期間中は限定20食で、「醤油らーめん(500円)」と「ライス(100円)」のみの提供だったとのこと。本オープンからは正式価格設定として、「醤油らーめん(700円)」になるようですね。もちろん、今回はそちらを注文することとなります。お昼のみの営業ということもあってか、限定40食という制限があることには変わりはないようでした。ラーメンは元より一種のみの提供でしたが、その他のサイドメニューとして、ご飯ものがいくつか新たに用意されたようです。

沖縄 ラーメン 那覇市 ラーメン屋けん 醤油らーめん 3

待っている間に店内の様子を写してみました。
居酒屋ということですが、店内はフローリングの床にテーブル席、奥側には座敷席も用意されているのかな? ちょっとお洒落な雰囲気のお店ですね。提供されているラーメンは添加物・化学調味料不使用(いわゆる無化調)にこだわられているようですが、実は居酒屋でもその考えに基づいて料理を提供されているとのことです。ラーメン店で無化調というのは、一時全国的なブームもあったようですし、実際に県内でもそのようなラーメン店も存在するのですが、お酒も提供される居酒屋ですとかなり珍しいのではないでしょうか? 色々な意味で、またもや個性的なラーメン店が誕生されたかと思います。

沖縄 ラーメン 那覇市 ラーメン屋けん 醤油らーめん 4

程なくして運ばれた「醤油らーめん」です。
特にビジュアルの面で、一時期「醤油ラーメン」推し(笑)をしていたことがあったのですが、こちらの一杯も佇まいがとても綺麗ですね。透明感を併せ持つ、醤油の濃い色合い中に浮かぶ、麺や具材の配置が食欲をそそります。一緒に「チャーシューご飯(小)(本来は100円)」が用意されているのですが、こちらは実は23日(土)までの選択サービスとなっています(その他「麺大盛り」など、100円設定の各メニューが適用)。お得な特典が今週まで続いていたようです。それと書くのが前後しましたが、ラーメンを頂くのは先ほどのテーブル席ではなく、カウンター席側指定となっています。カウンター席は肩を並べて4席ほどとなっており、その範囲内が「ラーメン屋 けん」といったところなのでしょうか(店舗内に屋台があるようなイメージです)。お店は店主おひとりで応対をされているのですが、厨房スペースはその一人分でいっぱいで、注文が飛び交うであろう居酒屋営業時の様子が想像しにくかったですね(^_^;)

沖縄 ラーメン 那覇市 ラーメン屋けん 醤油らーめん 5

「醤油らーめん」の麺ですが、中細のややちぢれが入ったもの。無かん水の麺ということで、こちらもこだわりの素材になるようです。無かん水ながらも固すぎず柔らかすぎず、ほど良い茹で加減と弾力感のある麺となっていました。その麺に絡むスープですが、醤油の濃い色合いに出汁の旨みが詰まった仕上がりとなっています。カウンター席に置かれていましたが、たれの醤油も鳥取県より取り寄せた、「井上式古式醤油」なるこだわりの食材なのだそうですね。具材には肉厚のチャーシューに半玉、カイワレに葱などとなっています。スープ表面には食感の良い玉葱の粗みじんが浮いていて、ゆずの香りもワンポイントで加えられていたようです。「チャーシューご飯(小)」は100円という安価な設定ですので、“ご飯もの”というよりかは、麺を啜る合間に、小鉢のような感覚で頂く感じでしょうか。チャーシューの肉感にたれの旨みが加わり、こちらはぜひフルサイズを頂きたくなりました(笑) 単純に「ライス(100円)」でも、ラーメンとの相性は良さそうでしたね。最後はもちろん、スープの一滴も残さず完食です。

沖縄 ラーメン 那覇市 ラーメン屋けん 醤油らーめん 6

ご参考までに「居酒屋 けん」としての立て看板です。
本文中でも触れましたが、『無添加・無化調・禁煙』を謳う、創作料理を提供されているようです。居酒屋時は午後5時半から0時まで、ちょっと隠れ家的なこだわりのあるお店ですので、知る人ぞ知るというか、熱心な常連さんが付いている居酒屋さんなのでしょうね。ラーメンの提供はお昼の営業のみですが、居酒屋タイムでも提供されたら、締めの一杯までがコースになりそうです(笑)

そうそう、書き忘れましたが、こちら「ラーメン屋 けん」は、八番館という雑居ビルの1階に入居しています。元々が居酒屋ということで通りからすぐに見つけられると思ったのですが、建物の階段をちょっと昇り、奥の通路内にお店を構えていました。また「八番館」という建物も洋風な作りで、ぱっと見ではテナントが入っているような雑居ビルには見えませんでした。一般のラーメンファンには立地などから、訪問までの敷居はやや高いかもしれませんね。提供のラーメンは間違いなく美味しい一杯でしたし、営業形態や内容など、また落ち着いた頃合いに再訪したいと思います。

沖縄 ラーメン 那覇市 ラーメン屋けん 醤油らーめん 7

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市久米2-8-14 久米八番館1F
電話:050-5796-1564
営業時間:11:30-売り切れ次第終了(ランチタイム営業)
定休日:日曜日(祝日も?)
駐車場:無し

居酒屋けん居酒屋 / 旭橋駅県庁前駅美栄橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/948-8a7e5a6e










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。