スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ラーメン工場 無双 「無双ラーメン(3)」

沖縄 ラーメン 宜野湾市 無双 無双ラーメン 1

宜野湾市の「ラーメン工場 無双」へ行って来ました。沖縄ラーメン大図鑑:半額20/39)
今回も「沖縄ラーメン大図鑑」半額企画参加店への訪問となります。本回の訪問にて半額対象店巡りも折り返しを過ぎました。去年は“ひとりラリー”といった趣きで孤独感も覚えましたが(笑)、今回は企画本自体も2冊目ということで、恒例行事くらいの気軽な感覚で楽しく対象店舗へ伺わせて貰っています。さてこちら「ラーメン工場 無双」ですが、前回と同様に店名を冠したメイン品目である、「無双ラーメン」が半額対象となっているようです。記事タイトルでは三度目となっていますが、バージョン違いの“コク味噌”は別カウントとしているため、実質は五度目といって良いかもしれません。ラーメン本品目はもちろんのこと、サイドメニューの追加注文なども念頭に置きつつ、午後6時前の入店となりました。

沖縄 ラーメン 宜野湾市 無双 無双ラーメン 2

「ラーメン工場 無双」のメニューです。
今回のお目当ては「無双ラーメン(750円⇒380円)」になりますが、メニュー上でも人気NO.1として、左上部の筆頭に記されていますね。ちなみに濃度感を増した「コク味噌(780円)」は、30円増しで順番としては三番目に記されています。こちらではどうしても「無双ラーメン」の注文に偏ってしまっているのですが、その他のラーメン類も充実しているのですよね(しかしお店側も“その他のラーメン”という表記の仕方をされています(^_^;) 実際の注文数にも偏りがあるのかも)。標準(?)の追加注文して「麺大盛(100円)」は押さえておくとして、サイドをどうするか迷ったところ、目に入った「豚飯(250円)」をお願いすることにしました。しかしこちらはラーメン類はもちろんのこと、ご飯ものや各種定食類なども充実していますね。近隣の常連さんは飽きが来ることもなく、重宝されていることだろうと思います。

沖縄 ラーメン 宜野湾市 無双 無双ラーメン 3

程なくして運ばれた「無双ラーメン」です。
「無双」ではなんといってもインパクトがあるのが、この四角形の器ですね。最近では那覇市の「城南らーめん紫龍」が同形状の器を使われていますが、オープン時にはやはり話題に上っていたかと思います。強度を確保するため厚みがあって重く、また丼に口を付けてスープを飲むには適さない形状でもあるのですが、何より見た目に楽しさがあります。最近ではあまり見かけない木杓子も含めて、お店ならではの個性が感じられて、個人的には好ましい印象を持っています。そうそう、更に追加注文して「乾杯ビール(100円)」を頼みました。最初の一杯のみ100円という価格設定となっており、気軽にジョッキで一杯出来るのは嬉しいですね。お仕事帰りの一杯を楽しみにされる常連さんもいそうです。ちなみに単品では「生ビール(280円)」となっています。

沖縄 ラーメン 宜野湾市 無双 無双ラーメン 4

「無双ラーメン」の麺ですが、中細のほぼストレートのもの。すこし柔らかめな麺ではありますが、角があるタイプのもので、口中でもしっかりと存在感のある麺となっています。そうそう、名称は「無双ラーメン」となっていますが、具材の構成など、いわゆる王道と言って良い“担々麺”になりますね。青菜や挽き肉、葱に糸唐辛子などが載せられています。麺に絡む赤味がさしたスープなのですが、胡麻の風味や辛味はもちろんのこと、酸味も結構強く感じられる仕上がりとなっていました。「担々麺」には胡麻ペーストの濃厚で粘度の高いものや、比較的あっさり系統のものもありますが、こちらはバランス的には王道かつ、ちょっとした癖も感じられる位置づけの一品かもしれませんね。もちろん、ライスとの相性もばっちりなものとなっています。

沖縄 ラーメン 宜野湾市 無双 無双ラーメン 5

一緒に頼んだ「豚飯」です。
白飯に豚肉の細切れとタレがかかり、その上に青葱と白髪ネギが載せられていました。充分に美味しく頂けたのですが、白髪ネギが厚めで辛味が強く、代わりにもう少しタレはつゆだく気味ですとバランスが良かったかな、と感じました。改めてメニュー表を見直してみますと、おすすめ表記の「無双餃子(300円)」を見逃していましたので、今回のラーメンと相性の良い「ライス(100円)」と組み合わせてみても良かったかも。もちろん、最終的に豚飯共々、「無双ラーメン」のスープの一滴も残さずに美味しく完食となりました。

本文中でも書きましたが、こちらに来店する際はどうしても主力品目の「無双ラーメン」に偏ってしまっていますね。豊富に用意されたラーメン類のほとんどは未食ですし、よくよくメニューを見ますと、「和風つけ麺(780円)」なども提供をされているようです。「無双」のつけ麺というのも、どこか想像が付きにくいものがありますね(^_^;) 次回の機会がありましたら、サイドメニューなども含めて、注文内容を事前検討しつつ来店したいと思います。

沖縄 ラーメン 宜野湾市 無双 無双ラーメン 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県宜野湾市宇地泊734
電話:098-890-0858
営業時間:11:00-翌2:00
定休日:無休
駐車場:有り

ラーメン工場 無双 ラーメン / 宜野湾市)

夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/943-71f6d646










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。