スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

三角点 「支那そば(黒)(2)」

沖縄 ラーメン 那覇市 三角点 支那そば(黒) 1

那覇市与儀の「三角点」へ行って来ました。沖縄ラーメン大図鑑:半額11/39)
今回も「沖縄ラーメン大図鑑」半額企画参加店への訪問となります。こちらもしばらくぶりの来店となりました。「三角点」は、化学調味料不使用(いわゆる「無化調」)を謳っているお店で、熱心なラーメンファンからも評価の高いラーメン店のようですね。ラーメン以外にも本格的なチキンカレーを提供されており、開店当初からその完成度を含め、ブレの無い姿勢を感じられるお店となっています。営業時間帯についてはこまめに変更があったようですが、現在は午前11時から午後4時までと、夜間の営業はされていないとのこと。その辺りは、遠い立地の方にはちょっと訪れにくい部分があるかもしれません。お店には、平日の午前11時過ぎに入店となりました。

沖縄 ラーメン 那覇市 三角点 支那そば(黒) 2

卓上に置かれていた。チラシ兼(?)メニュー表です。
こちらは券売機方式なのですが、カウンター席側にチラシが置かれていたので画像を掲載してみます。品目が記載されている部分をアップしていますが、下半分側には店内画像やお店の地図、また営業時間等の各種情報が案内されていました。こちらは目立たない路地裏の立地になっており、どちらかというと知る人ぞ知るといった趣きのお店ですので、特にこういった宣伝は大事かもしれません。ちなみに裏面には支那そばのアップ画像が掲載されていました。さて今回の注文なのですが、お目当ての「支那そば(黒)(570円⇒310円)」をお願いすることにしました。支那そばは「黒(醤油味)」と「白(塩味)」の2種類が用意されているのですが、今回は前者を選択とします(「白」も以前に頂いています)。

沖縄 ラーメン 那覇市 三角点 支那そば(黒) 3

程なくして運ばれた「支那そば(黒)」です。
支那そばの器の奥側にタッパーが二つとスプーンが置かれていますが、これは追加で注文した「特製チキンカレー(750円)」のものです。カレー本体は遅れて運ばれて来たため、とりあえずこの状態で撮影をしました(カレーについては後ほど改めて触れることにします)。ちなみに店内はお洒落な喫茶店のような雰囲気で、フロアは女性一人、厨房側には男性一人で応対をされているようでした。そうそう、書き忘れるところでしたが、安価ということもあって、しっかり「麺ちょい増し(60円)」も追加注文しております(^_^;)

沖縄 ラーメン 那覇市 三角点 支那そば(黒) 4

「支那そば(黒)」の麺ですが、中細のほぼストレートのもの。ほど良い柔らかさを含んだ麺となっていました。その麺に絡む無化調という醤油味のスープですが、あっさり寄りの方向ながらも、オープン当初に頂いた時よりやや色合いも濃く、また甘味も増されているようでした。この辺りはお客さんの嗜好を反映されているのか、あるいはもうひとつの品目(白)との差別化を明確に図っているのかもしれません。個人的には判りやすい味わいで美味しく頂けましたが、常連さんにも変わらず支持をされているのかな?(結構大きな変化を感じましたので) 具材には、これまた自家製という極太のメンマ、チャーシューにカイワレ、海苔にネギなどとなっています。各所に手間暇をかけたこだわりがあるようで、570円という価格設定は、考えてみれば結構な安価な範囲になるのかもしれません。

沖縄 ラーメン 那覇市 三角点 支那そば(黒) 5

やや遅れて運ばれて来た「特製チキンカレー」です。
タッパーに入っていた、付け合わせのらっきょうと福神漬けも添えています。本来でしたらセットの「半カレー」で充分な量なのですが、残念ながら半額チケットのとの組み合わせは不可となっています(元々がサービスメニューの設定ですから当然ですね(^_^;))。こちらのカレーもこだわりがある作りのようで、なんでも15~6種のスパイスを用いているようです。標準でもピリリとスパイシーな仕上がりなのですが、更に辛めに調整も可能なのだそう。具にはチキンがたっぷりで、辛いもの好きには堪らないとは思いますが、繊細なあっさり系の支那そばとの組み合わせは、場合によっては考えてみた方が良いのかも(初回ならば特にまずはそれぞれ単品で味わうのが吉でしょう(^_^;))。そういった意味ではタイミングがずれて運ばれたのは良かったのかもしれません。支那そば(大盛り仕様)とカレー共々、それぞれ一人前分の注文ということもあり、がっつり満腹での完食となりました。

沖縄 ラーメン 那覇市 三角点 支那そば(黒) 6

追記になりますが、別紙で用意されていたお好み表(という言い方で良いかな?)です。
「支那そば」については、塩加減(濃いめ・薄め)や麺の茹で加減(固め・柔らかめ)の調整のほか、鶏油の増しや別途調味料類(唐辛子・コーレーグースー・お酢)の用意までもされるようです。また「特製チキンカレー」の辛さ調整も、激辛の段階で星2つなのですが、10段階まで対応をしてくれるのだそうです。うーん、辛さ耐性の低い自分にとっては、設定を聞いただけで胃にくるものがあります(^_^;)

今回は支那そばとカレー、ふたつの注文となりましたが、いつの間にか新商品となる「支那そばカレー南蛮(630円)」の提供を始めているようです。これは一粒にて二度美味しい(?)であろう、新たな「三角点」の看板メニューですね(笑) 次回来店の機会がありましたら、是非こちらの品目を試してみたいと思います。もちろん、「ライス(60円)」の注文は必須になることでしょう(以前はランチタイムサービスでライスの無料提供がありましたが、現在はランチタイムのみの営業ですので、こちらも当然ながら終了となっているようです)。

沖縄 ラーメン 那覇市 三角点 支那そば(黒) 7

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市与儀185-1
電話:098-911-5529
営業時間:11:00-16:00
定休日:火曜日
駐車場:有り

支那そば 三角点ラーメン / 安里駅牧志駅壺川駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/932-f170a9e6










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。