Buena Paleha 「醤油ラーメン」

Buena Paleha醤油1

Buena Paleha(ブエナ・パレハ)は、沖縄市中の町にある元々はスペイン料理などを中心とした欧風料理を出すKITCHEN&BARだったらしいのですが、ラーメンも提供するようになって評判を呼んでいるお店です。作られているラーメンは欧風料理と融合しているかのような先鋭的なメニューを出しているらしく、味の想像が容易に出来ないという意味でも一度行ってみたいと思っていたお店でした。沖縄本島の中部地区にあたるお店ですのでなかなか行く機会もなかったのですが、思い切って寄ってみることにしました。

沖縄市の中の町は、いわゆる古くからある飲み屋街になっていて、コザという土地柄からか、那覇の繁華街とはまた違った特別な雰囲気があります。アメリカナイズされながら、少し寂れた(落ち着いた、と言い直した方がいいかな(^_^;))、独特な異国情緒あふれる場所となっています。碁盤目状に整理されていて、一方通行になっている区画も多く、慣れてないとお店の場所を探すのもひと苦労です。土地勘があれば却って行きやすいところなのでしょうが……。そういった街の一画にあるBuena Palehaですが、特に看板も掲げられて居らず、小さな「ラーメン」の垂れ幕がなければ気付かずに通り過ぎるところでした。

お店には開店時間の夜八時過ぎに入ったのですが、店内は暗く、完全にバーといった雰囲気です。カウンターに座り、ラーメンを食べに来たことを告げて見あたらなかったメニューをお願いしたのですが、用意されていないようで口頭で説明を受けました。ラーメンは醤油と塩味の二種類で、つけ麺も二種類あるようですが、名称が長くて覚えきれませんでした。毎回、口頭で説明するのも大変だと思うのですが(つけ麺は入り口そばの小さな黒板に書かれていたようです)、基本であると思われる醤油味のラーメンをお願いしました。

Buena Paleha醤油2

程なく運ばれてきた「醤油ラーメン(800円)」です。
器には高さがあって、お洒落に気を遣っているようです。ラーメンに入っている具材は、海苔、チャーシュー、煮玉子、メンマ、白ネギに糸唐辛子、スープにはごまが浮いているようです。スープからはほのかに醤油と魚介のいい香りがしました。麺を啜ってみると少し柔らかめな印象です。

……と、ここまで書いたところで、掲載しているピンボケの画像を見てのとおり、店内はかなり暗いです。他のお客さんが居ないことをいいことに、何枚もフラッシュで撮影したのですが、近接の画像は結局撮れませんでした。というかカウンターの端側に座っていたこともあってのことですが、ほとんど器内の状態が見えません(^_^;) ここで気付かされたのですが、視覚情報も食べ物を味わうのに重要らしく、舌の上であまり判別がつきませんでした。スープを飲んでいる途中で、ゆずのような柑橘系の味の変化があったように思いましたが……。

元がバーといったお店なので、これはしょうがないところかもしれません。感じの良い店員さんから、同じ市内にある姉妹店の「麺やTANREI」というお店も紹介されたのですが、こちらは平日のお昼しかやっていないらしく、Buena Palehaより寄ることは難しそうです。

記事を書くにあたってラーメンの正式な名称を掲載しようとネットで調べてみたのですが、日によって変わるメニューはブログに掲載される予定らしいのですが、更新されていませんでした(^_^;) 本来はメニューにトッピングなどもあったのかな?

今回はいくつかの意味でちょっと残念でしたね(^_^;)

全くの余談ですが、今回の機会でデジカメを新調しようと改めて心に誓いました。
いえ、以前からどうにも屋内の暗所に弱いと感じていましたし、ほとんど毎日のように接写でしか撮影していないので(笑)、偏った機能に強いデジカメが欲しいと漠然と思っていたのでした。もっとも基本的に機械音痴ですし拘りもないので、安いもので済ますはずですけど。(そもそも現行機を使いこなしていないだけかも(^_^;))

Buena Paleha醤油3

ごちそうさまでした。

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄市上地1丁目11-16
電話:930-5623
営業時間:20:00 - 25:00
定休日:日曜日、祝日
駐車場:無し

関連記事

どもです。何だか物凄くオシャレな感じのルックスのラーメンですねぇ。
秋田でもJahさんというバーの店主氏が趣味で出すつけ麺が話題になってたりします。趣味で始めたという割には、麺が浅草開化楼製だったりして興味があるのですが。なかなか秋田市で飲む機会も無く…という感じです。

コザという場所は。大学の先輩がコザ高校出身だったのもあって、聞いた事はあったんです。とっても豪快な方で「なんとかなるさぁ!」という、とっても気持ちの良い人でした。思えば沖縄出身の人が結構いたなぁ、と。懐かしくシンミリしたりしている夜でございます。
[ 2010/11/21 23:10 ] [ 編集 ]

>mametまめさん
こんにちはー。
ちゃんと覚えてないのですが、名称もかなりオシャレな感じでした(笑)
秋田でもこういったお店がありますか。
沖縄でも最近、特にこういった業態のお店が増えたように思います。
夜間にお酒を提供するという時点で、ラーメン店と親和性が高いのでしょうね。
開化楼の麺を使うまでというのは、逆に趣味が極まれり、といったところなのしょう(笑)
秋田市からは遠いようですが、いつか食べることが出来たらいいですね(^_^)

コザは沖縄市区域の古い呼び方になります。
中の町というのも正式な地名ではないですね。あの近辺の通称です。
大学にこちらの同郷の方がいて、悪い印象はなかったようで良かったです(笑)
まあ性格的にあまりおかしな人はいないと思いますが、酒飲みは多いはず
ですので、ご迷惑をかけてなかったのでしたら良いのですが……(^_^;)
[ 2010/11/22 10:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/92-669a31ec