スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コーヒーと和風丼の店 くくる 「東京ラーメン」

沖縄 ラーメン 那覇市 コーヒーと和風丼の店くくる 東京ラーメン 1

那覇市松尾の「コーヒーと和風丼の店 くくる」へ行って来ました。
こちらは店名のとおり、和風の出汁を効かせた丼物の提供がメインとなっているようです。店主は元々は東京の日本蕎麦屋さんで修行をされていたらしく、おそばやうどんメニュー、またそれらを組み合わせたセットものなど、提供品目はかなり充実されている店舗のようでした。そのお店が去年の10月より、昔懐かしい「東京ラーメン」の提供を始めたとのこと。しばらく前より噂は聞いていたのですが、なかなか立ち寄る機会がなく、この度ようやく足を運ぶこととなりました。お店には休日の午後4時過ぎの入店です。ちなみになんとも中途半端な時間帯の訪問ですが、ラーメンは午後4時からの提供となっています。営業時間は中休みこそないものの午後8時までとなっており、ラーメンを頂くには、時間帯を意識して訪れないといけないですね。

沖縄 ラーメン 那覇市 コーヒーと和風丼の店くくる 東京ラーメン 2

壁際に掲示された各種メニューです。
ずらりと丼物メニューが並んでいます。「カレー丼(500円)」に各種具材を増したバリエーションや、ある意味王道といえる「親子丼(550円)」や「かつ丼(580円)」なども用意されていますね。期間限定の品目は画像付きで掲示されていました。ちなみに訪問時の限定丼には、「さば竜田揚げ丼(650円)」が用意されていたようです。

沖縄 ラーメン 那覇市 コーヒーと和風丼の店くくる 東京ラーメン 3

壁際のメニューとは別に、改めて店員さんが持って来てくれたお品書きです。
左側の小冊子になっているお品書きには、豊富なそばやうどんメニューが記されています。具材の組み合わせではあるのでしょうが、こう並んでいると迷う楽しさもありそうですね。ちなみにこちらは“あたたかい”品目ですが、次のページには“冷やし”で同様な構成の品目が用意されていました。その他、女性には嬉しい、ぜんざいなどの甘味メニューも充実しているようです。最後のページにはドリンクメニューが掲載されており、もちろんコーヒーも扱っておりました(笑) さて今回お目当てのラーメンですが、別紙にて案内がされていました。“懐かしの一杯”として、取り扱い品目は「東京ラーメン(600円)」と「チャーシュー麺(800円)」の二種類になりますね。この日は前者をお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン 那覇市 コーヒーと和風丼の店くくる 東京ラーメン 4

程なくして運ばれた「東京ラーメン」です。
はい、先ほどのメニューにも記されていた、プラス200円で「ミニカレー丼(200円)」をしっかり追加注文しております(^_^;) ミニ丼セットには種類があり、それぞれプラス200円で『カレー丼・はいから丼・鶏そぼろ丼』、プラス300円で『親子丼・かき揚げ丼・ぶた丼』が用意されていました。丼物はある意味こちらのお店のメイン品目ですので、一緒に味わうことが出来るのは嬉しいですね。そして個人的にポイントの高い、漬物もしっかりと付いています(笑) トレイ上にはコショウが置かれていますが、これはラーメン専用の調味料になるようです。“懐かしの一杯”として、必須のものなのかも。

沖縄 ラーメン 那覇市 コーヒーと和風丼の店くくる 東京ラーメン 5

「東京ラーメン」の麺ですが、細めのちぢれが入ったもの。メニューの説明書きには『完全無化調で丁寧に作りました。与那覇食品の細いちぢれ麺を使用。あの頃の懐かしい味わいを是非ご賞味ください』と書かれていました。「東京ラーメン」ということで、地元の沖縄県民にとっては直接懐かしさを覚えるものではないかもしれませんが、ラーメンそのものから漂う素朴な雰囲気に、どこか郷愁を感じさせますね。個人的には以前余談で書いた、「松葉」のラーメンはこうだったのだろうかと、ついぞ思いを馳せてしまいました(笑) 具材はチャーシューにメンマに海苔、それと葱に海苔となっています。醤油スープの色合いとのコントラストも綺麗で、丁寧に作られていることが実感出来る仕上がりとなっていました。スープはすっきりとした醤油味で、鶏ガラに微かに魚介が加わっているでしょうか、シンプルながら味わい深いものでした。

沖縄 ラーメン 那覇市 コーヒーと和風丼の店くくる 東京ラーメン 6

せっかくですので、「ミニカレー丼」の方の紹介も。
こちらのカレー丼ですが、店名の“和風丼”にあたる作りなのでしょうか、かつおの出汁ががっつりと効いたものとなっておりました。詳しくはないのですが、“お蕎麦やさんで提供されるカレー”はこういった仕様になるのでしょうか? 魚介の香り良い風味が漂い、辛味自体はほとんど感じられないものでした。具材はシンプルに豚肉と玉ネギとなっていて、こちらも味わい深く頂くことが出来ました。「東京ラーメン」は後半になって用意されたコショウを振りかけつつ、最後はミニカレー丼ともども、スープの一滴も残さず完食です。

沖縄 ラーメン 那覇市 コーヒーと和風丼の店くくる 東京ラーメン 3

帰る前に店内の様子を撮影してみました。
午後4時過ぎの来店ということで、お客さんは自分一人となっています。入り口側からは右側のテーブル席に座ったのですが、中央の広いスペースを挟んで、奥側にもテーブルが設置されていました。店内は明るく、女性客にも好まれそうな清潔感のある雰囲気となっております。さて今回の「東京ラーメン」ですが、素朴な作りながらも見た目にも綺麗で、とても味わい深く美味しく頂くことが出来ました。異業種のお店訪問という楽しさもありましたね。品目的にはまだ未食のラーメンが用意されていますので、また機会を見つけて再訪したいものです。その際には、また別の丼物も追加注文したいと考えております(笑)

沖縄 ラーメン 那覇市 コーヒーと和風丼の店くくる 東京ラーメン 7

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市松尾2-12-14
電話:098-863-4558
営業時間:11:00-22:00
定休日:不定休
駐車場:無し

くくる親子丼 / 美栄橋駅牧志駅県庁前駅

昼総合点★★★★ 4.0

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/897-e4d4f96c










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。