スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

名嘉地食堂 「ラーメン」

沖縄 ラーメン 豊見城市 名嘉地食堂 ラーメン 1

豊見城市名嘉地の「名嘉地食堂」へ行って来ました。
こちらは以前から訪問しようと考えていたのですが、場所を思い違いしていて、これまで探せずにいたお店です。今回は事前に住所をきちんと確認して、ようやく初訪問となりました。……後述となりますが、あらゆる意味で鮮烈な印象を残した店舗でしたね(^_^;) お店は細い路地に入ったところにあるのですが、車の往来が結構あり、駐車場を探すまで結構難儀しました。記事の後半に地図画像を掲載しますので、来店を考えられている方はご参考ください。お店の立地的には「麺屋だるま」前の主要道路のすぐ向かい側になります。店舗には、午後8時過ぎの入店です。

沖縄 ラーメン 豊見城市 名嘉地食堂 ラーメン 2

「名嘉地食堂」のメニューです。
メニューといいますか、店舗前に掲示されていた看板(?)に近いものです。店内に入ってお店の方にお品書きをお願いしたのですが、なぜか用意されておらず、口頭ですべてを説明しようとされました(画像は帰りに撮影したものです(^_^;))。とりあえずラーメン類を頂きたいことを告げて、「ラーメンセット(600円)」があるらしいと聞き、そちらをお願いすることにしました。画像を見ますと、ラーメン単品では400円になるのでしょうか? こちらに半炒飯や餃子が付くようです。ちなみにラーメンもいくつか種類がありそうでしたが、こちらのメニューには記されていないですね。

沖縄 ラーメン 豊見城市 名嘉地食堂 ラーメン 3

待っている間に店内の様子を写してみました。
中華料理店らしい円卓が用意されているものの、床は畳敷きで、民家にお邪魔しているかのような錯覚を覚えます(^_^;) どうもお店は年配の老夫婦で切り盛りされているらしく、おば(あ)ちゃんが接客をされていました。厨房は扉の奥にあるらしく、話し声は漏れ聞こえるものの、調理を担当しているらしい旦那さんの方は、最後までお見かけすることは出来ませんでした。ひとりで所在なく待っている間に、メニューはないか探してみたのですが、やっぱりありませんでした(笑) そうそう、店内への入り口はなぜか二つあるのですが、ひとつは「ラーメン」の暖簾、もうひとつは「中華料理」の看板が掛かっていまいした(自分は“ラーメンの暖簾”から入りました)。

沖縄 ラーメン 豊見城市 名嘉地食堂 ラーメン 4

程なくして運ばれた「ラーメンセット」です。
完全にラーメンを食べ終えてしまっているのですが、これには訳が……(^_^;) 先にラーメンが運ばれて、セットものということで餃子や炒飯が運ばれるまでデジカメをいじりながらしばらく待っていたのですが、後続がなかなか用意されません。仕方なく食べ始めたのですが、ラーメンを完全に食べ終わった後もしばらく待つ形に。遅れて炒飯が運ばれましたが、さすがに画的に(かつ美味しく食べ進めるためにも)餃子が用意されるまで待つことにしたのですが、これまたかなり間が開きました。うーん、中華のコース料理を頼んでいたのかなと、ついぞ錯覚をしてしまいます。ちなみにお客さんは自分ひとりでした(^_^;)

沖縄 ラーメン 豊見城市 名嘉地食堂 ラーメン 5

いったん時間を巻き戻し(笑)て「ラーメン」 の麺ですが、細めのストレートのもの。かなりやわめの茹で加減でした。もうちょっとばかりコシを感じたいところですが、これはこれでお店の味わいとなるのでしょう。その麺に絡むスープですが、動物系の出汁が効いた醤油味となっています。結構脂分も感じて、なかなか味わい深さもあります。少しぬるめなのはご愛嬌です(笑) 具材にはチャーシュー(というかハム)に青菜、ネギなどとなっていました。セットものながら、ラーメン丼はしっかり大きめで、分量もそれなりにあったかと思います。ついでながらセットの半炒飯ですが、水分多めのぺちゃっとした仕上がりながら、実は個人的には熱々でなかなか美味しかったです(笑) 餃子は大ぶりなものが4個入りとなっていました。卓上にラー油と刺し身醤油が用意されていましたので、そちらを利用するかと思いきや、当初からたれがたっぷりと餃子の上に振り掛けられていました(餃子の皿にはたれを入れるスペースもあるのですが(^_^;))。お店独特な空気感も存分に味わいつつ、完食となりました。

沖縄 ラーメン 豊見城市 名嘉地食堂 ラーメン 6

興味を持った方のために、駐車場の場所画像を掲載しておきます。
お店の前を過ぎて、電柱3本分ほど離れたところに駐車場はあります。書かれているとおりなのですが、駐車スペースは他所の民家の敷地内に用意されています。看板などもないのでちょっと心配になりますが、お店の方の弁によると月極めで駐車料も払っているらしく、大丈夫とのこと。安心してお停めください(笑)

しかしながら、なんとも不思議なお店ではありました。多人数の摸合いやお昼はお弁当も出しているらしいのですが、捌けるのでしょうか?(^_^;) もしかしましたら、文中では酷評していたように感じられるかもしれませんが、個人的にはお店の空気感をとても楽しんで過ごしていました。お店のおばちゃんもどことなく愛嬌がありましたし、居心地自体は悪くなかったです。個人的には寄りやすい立地ではありますので、また機会を見つけて訪れようと考えております。注文品目の予定は、事前に立てておかないといけないですね(笑)

沖縄 ラーメン 豊見城市 名嘉地食堂 ラーメン 7

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県豊見城市名嘉地58
電話:098-850-0816
営業時間:11:00-23:00
定休日:不明
駐車場:有り

名嘉地食堂中華料理 / 赤嶺駅小禄駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0

関連記事

この店未食ですが、以前通りかかったので、コメントさせて頂きました。
こういう店だったんですね...w
ラーメン・半チャーハン・餃子あまり間を措かずに来て欲しいですね
餃子に予め直接かかってるタレも(タレのスペースもあるのに)笑えます。
謎の多い店ですねw
[ 2013/02/01 21:26 ] [ 編集 ]

>たかさんサン
こんにちはー。
いちおうラーメンセットという品目名ですので、
セットで用意して欲しいところですが、どことなく
許せてしまう緩やかな雰囲気のお店でした(^_^;)

謎を解き明かすべく(笑)、機会があれば再訪しようと思います。
[ 2013/02/02 07:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/895-382a7585










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。