スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

居酒Barおたる 木夢来 「味噌ラーメン」

沖縄 ラーメン 那覇市 木夢来 味噌ラーメン 1

那覇市泉崎の「居酒Barおたる 木夢来(きむら、と読みます)」へ行って来ました。
本来の営業形態としてはスナック(Bar?)らしいのですが、「てだこラーメンデータベース」さんの書き込みにてラーメンも提供しているらしいと聞き、寄ってみることにしました。実は去年の段階で遅い時間帯に一度お店の前まで寄ってみたのですが、女性のカラオケの声が漏れ聞こえて盛り上がっているようで、さすがにカメラ片手にラーメンを注文するのは場違いと思い、その際は入店を遠慮したのでした(^_^;) 本格的な料理類も提供されているようで、勝手に持ったイメージとしてはダイニングバーのようなお店だったのですが、最後の店舗画像をみるとおり、どうも完全なスナックのようです。一般のラーメンファンからしましたら、そういう意味ではちょっと敷居が高いかもしれませんね。年が明けて、開店時間である午後7時過ぎに改めて訪問となりました。

沖縄 ラーメン 那覇市 木夢来 味噌ラーメン 2

いつもとちょっと順番を変えて、「居酒Barおたる 木夢来」店内の様子です。
さすがに午後7時過ぎの段階ではまだ酔客はおらず(笑)、お客さんは自分一人となっています。スナックとしてはやや早い段階からお店を開けており、食事と軽いアルコールの提供も意識されているかもしれませんね。カウンター内の壁際にはずらりとキープボトルが並び、カラオケの機器やカウンター上の氷入れなど、営業形態としては明らかに飲み屋さんとなっております。さて、さすがにマスターと差し向かいということもあり、写真撮影をすることも含め、色々とお話しをさせて貰いました。北海道から移住された方のようで、開店されてもう3年ほどになるようです。ラーメンの提供もその年の秋から冬には始めたようで、もう2年は経っていることになるようですね。ちなみに「木夢来」というちょっと変わった店名ですが、マスターのお名前から取られているようでした。ママさんらしい方もいらっしゃるようですが、出勤はもっと遅い時間帯になるのでしょう。

沖縄 ラーメン 那覇市 木夢来 味噌ラーメン 3

「居酒Barおたる 木夢来」のお品書きです。
こちらでは価格は記されていませんが、ラーメンについては別途画像付きのポップも貼られており、“札幌ラーメン”の括りとして、各品目とも一律700円になっているようです。敢えてこちら側の画像を掲載したのは、お店の特色が表れている“北海道の焼き魚”が記載されていたからです。「開きホッケ」辺りは馴染みがありますが、「氷下魚(コマイ)」などは面白いですよね。機会がありましたら、アルコール込みで頂いてみたいものです。さて今回の注文なのですが、どうも表記を見ますと「塩ラーメン(700円)」を筆頭品目にされているようでした。結構迷ったのですが、ポップで画像掲示をされていたのが“味噌”であったことと、やはり札幌ラーメンのイメージなどから、この日は「味噌ラーメン(700円)」をお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン 那覇市 木夢来 味噌ラーメン 4

程なくして運ばれた「味噌ラーメン」です。
しっかり具だくさんな印象のラーメンですね。その具材としてはやや小ぶりながらも厚みのあるチャーシューが2枚に、メンマにわかめ、野菜類としてはもやしに玉ネギに人参、コーンや葱などとなっていました。スープ表面には胡麻が浮いていました。卓上の様子が、やはりいつものラーメン店とはちょっと異なりますね(おしぼりなどは飲み屋さんらしく、香りが入ったものです(笑))。またそこまで極端ではないですが、やはり店内は少し暗めで、画像の映りもそのようになっています。

沖縄 ラーメン 那覇市 木夢来 味噌ラーメン 5

「味噌ラーメン」の麺ですが、中細のちぢれたもの。お店の方でも明示しているのですが、お馴染み(?)西山製麺の麺ですね。北海道は札幌の製麺所からということで、ここは譲れないこだわりの部分なのでしょう。ちぢれ麺ということでスープの絡みもよく、また心地よい固さが、喉ごしの良さとなって美味しさを感じる麺となっています。その麺に絡む味噌味のスープですが、濃厚な方向性ではなく、比較的さらりとした作りとなっていました。ですが熱々のスープからはしっかりと旨味が感じられ、生姜なども入っているでしょうか、寒い冬に身体の芯まで温まるような一杯となっています。野菜など具材類もたっぷりであるため、麺と共に美味しく食べ進めることが出来ました。最後は、スープの一滴も残さずに完食です。

お店はスナックなどが入居する雑居ビルの2階となっており、エレベータ前の階段にはラーメンの貼り紙もされていますので、そちらから昇っていくと良いと思います。ダイワロイネットホテルの向かい側になりますが、ラーメンファン的には「燕郷房」のある通りではなく、その裏手側といった方が判りやすいでしょうか? 今回は異業種店へ訪れたということで、そういった新鮮な楽しさもありました。この日は四種類あるなかから「味噌ラーメン」を頂きましたが、次回来店の機会がありましたら「塩」または「醤油」などを試してみたいですね。その際はアルコール込みで、ラーメン以外のおつまみ品目を注文してみても良いかもしれません。

沖縄 ラーメン 那覇市 木夢来 味噌ラーメン 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市泉崎1-12-4マラカイト泉崎ビル2F
電話:098-863-3524
営業時間:19:00-翌1:00
定休日:日曜日
駐車場:無し

おたる 喜夢楽居酒屋 / 旭橋駅県庁前駅壺川駅

夜総合点★★★★ 4.0

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/878-67668ccc










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。