スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Taiwanese Kitchen 新東洋(旧Wen-bing)  「五目ラーメン」

沖縄 ラーメン 北谷町 Taiwanese Kitchen 新東洋(旧Wen-bing) 五目ラーメン 1

北谷町美浜の「Taiwanese Kitchen 新東洋」へ行って来ました。
この日は北谷町に所用があり、当初からハシゴラーメンをするつもりで足を運ぶこととなりました。最初にラーメンも提供しているという焼肉屋さんに向かったのですが、どうもお店はステーキハウス店に変わったらしく、そちらでは頂くことが出来ませんでした。次の予定地であるデポアイランド内にあるという、「Wen-bing」に向かったのですが、歩いて探し回ったのですが、どうにも見つかりません(^_^;) 以前「彩南。」へ訪れた時もそうだったのですが、こちらデポアイランド周辺の出店はとても雑多な構成となっていて、目的の店舗は見つけづらいのですよね(その辺りに楽しみもあると思いますが)。諦める前に目星を付けていた建物内で出店をされている方に訊ねてみたところ、どうもすぐ近くに移転をされたもよう。ディストーションファッションビルから、すぐそば海側のデポアイランドコンテナ村へ移転オープンとのことです。後でネットで調べてみたところ、店名も「Taiwanese Kitchen 新東洋」と改めたらしいのですが、メニュー表では「Wen-bing」表記のままなのですよね。まだ移転について余り知られてないようでもありますし、とりあえずタイトルでは併記しておきます(ちなみに「Wen-bing」の読みはウェンビン)。移転オープンは今年の8月11日なのだそう。お店には、休日の正午過ぎに入店となりました。

沖縄 ラーメン 北谷町 Taiwanese Kitchen 新東洋(旧Wen-bing) 五目ラーメン 2

「Taiwanese Kitchen 新東洋」のメニューです。
店名などから、提供品目は中華というか台湾料理になるのでしょうか。見開きで麺類とご飯もののページを掲載していますが、もちろん他のページにも多様な品目が記されていました。「湯麺」の種類としては6種類で、価格は800円台からと、一般的なラーメン店の設定からしますとやや高めになるでしょうか。さて今回の注文なのですが、初来店ということもあり、お店の一押しという「五目ラーメン(850円)」をお願いすることにしました。麺類も何種類か用意がされていますが、隣の炒飯類が特に多く揃えられていますね。

沖縄 ラーメン 北谷町 Taiwanese Kitchen 新東洋(旧Wen-bing) 五目ラーメン 3

お店の雰囲気を伝えるために、別のページも掲載してみます。
単品料理では筆頭に、台湾料理としてお馴染み「魯肉飯(ルーローファン)(350円)」が記されています。隣のページには「肉まん・あんまん(250円)」を筆頭に、餃子や小籠包など、充実した点心類が掲載されていました。品目目の横に赤いマークが付いていますが、これは持ち帰り可能であることを示しているとのこと。さすがに汁ものであるラーメンは難しいとのことですが、ほとんどの品目は持ち帰りOKとなっていました。

沖縄 ラーメン 北谷町 Taiwanese Kitchen 新東洋(旧Wen-bing) 五目ラーメン 4

ラーメンの前に、サラダや点心を前菜的に頂きます。
ランチタイム(11:00-14:30)にはプラス300円でサラダバー・ドリンクコーナーが利用出来るとのことですが、当初はラーメンにサラダというのも合わないと思いスルーしておりました。ところが店内に用意されていたそのコーナーを実際に見ますと、サラダだけではなく、点心類やスープなども自由に取り放題となっているではないですか。加えて日替わり3種類のランチメニューのなかには、「五目ラーメン(980円)」が入っており、つまりプラス130円でこれらが適用されることになります。画像では、ラーメン前の前菜的に控えめに取っているのですが、点心類は先述の肉まん類や肉シュウマイなど、各種用意されていました。画像は「焼き小籠包(5個入り)(本来は600円)」にあたるのでしょうね。焼き目が入っており皮は厚めで、独特の食感で美味しかったです。その隣は「ネギ入り揚げパン(1枚)(本来は100円)」になるのかな? 「グリーンサラダ」も本来は600円ですし、これはかなりお得なセット内容となっています。

沖縄 ラーメン 北谷町 Taiwanese Kitchen 新東洋(旧Wen-bing) 五目ラーメン 5

程なくして運ばれた「五目ラーメン」です。
先ほどの画像が判りやすかったのですが、器には「東洋飯店」の文字が見えます。どうも系列店らしいのですが、あまりにもはっきりと明記されていて何かおかしかったです(笑) 違和感はありますので、メニュー表なりに、系列店として紹介されても良いのでは思ってしまいました(^_^;) ちなみに奥側はドリンクバーのジンジャエールに、タピオカ入りのココナツミルクとなっています。さてようやく「五目ラーメン」についてですが、器はやや底が浅く小ぶりかな? と当初は印象として思ったのですが、とても具だくさんで、最終的な満足感は結構なものとなっていました。

沖縄 ラーメン 北谷町 Taiwanese Kitchen 新東洋(旧Wen-bing) 五目ラーメン 6

「五目ラーメン」の麺ですが、中細のややひねりが入ったもの。程よい柔らかさの茹で加減で、中華系のラーメンはやっぱりこれくらいが良いと感じさせる仕上がりでした。その麺に絡むスープですが、とろみはごく薄く感じる程度で、基本はさらりとしたあっさり醤油ベースのものとなっています。適度に油分も加わり、麺や具材との馴染み具合も良かったですね。さて豊富な具材群なのですが、剥き身の海老・叉焼・鶏肉・烏賊・鶉卵・白菜・人参・筍・絹莢・木耳・袋茸・椎茸・根菜などなどとなっています。余りにも種類が多く、見逃してしまったものもあるかも(^_^;) 850円と聞くと、ラーメン店に頻繁に通う身としてはやや高めにも感じますが、納得の価格設定でした。今回はおかわり自由のサラダバーを、安価なランチメニューとして注文していますしね(笑) 最後は甘めの点心類で締めて、お腹いっぱい完食となりました。

お店の特徴になるでしょうか、店内には何組もお客さんが出入りされていましたが、なぜかすべて外人さん方でした(^_^;) 土地柄というのもあるのでしょうが、いま思えば種類や分量たっぷりなランチタイムメニューが人気なのかもしれません。また最後の店舗画像でも判るとおり、こちらは海沿いの立地ということもあり、窓から見える風景も見晴らしが良く綺麗でした。満足感のなかなか高いお店でしたので、今回頂いたものとは別のラーメンがランチタイムメニューに加わるのを狙って(笑)、また機会を見つけて再訪したいですね。

沖縄 ラーメン 北谷町 Taiwanese Kitchen 新東洋(旧Wen-bing) 五目ラーメン 7

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:北谷町美浜9-21コンテナ村パーラー1
電話:098-936-9332
営業時間:11:00-21:00
定休日:火曜日
駐車場:有り

タイワニーズ キッチン 新東洋中華料理 / 北谷町)

昼総合点★★★★ 4.0

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/871-5a2f4c9f










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。