スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

康竜 那覇松山店 「チャーシューメン」

沖縄 ラーメン 那覇市 康竜 チャーシューメン 1

那覇市松山の「康竜」へ行って来ました。
こちらは今年5月以来の来店になりますね。その際の記事にも書いた覚えがあるのですが、一時期「自分仕立てラーメン」に凝っていた時期があり、結構な頻度で訪れていたのですが、最近ではめっきり足が遠くなっていました。理由としてはやや食傷気味になったこと、なにより、沖縄での豚骨ラーメンを提供するお店の層が厚くなったことが挙げられるのでしょう。今回思い出したように再訪したのは、満了したスタンプカード(後述します)があったことに加え、ラーメン女子大生こと本谷亜紀さんが来沖された時に、「康竜」とのコラボ企画が12月にあるとお話していたのを確かめるためもありました(こちらは全店でのお話ではなく、銀座店限定の企画だったようです)。お店には、休日の午前11時過ぎに入店となりました。

沖縄 ラーメン 那覇市 康竜 チャーシューメン 2

店頭に掲示されていたポスター類です。
提供品目のポスターもあるのですが、手前のものはスタンプカードサービスについて書かれています。こちらのサービスがずいぶんと太っ腹な内容となっており、基本は来店ごとに1個の押印なのですが、月曜日には2倍押し、雨の日も2倍押しとなっていて、両方の条件が重なると4倍押しになります。カードは10個押しで満了となり、2個目で「半替え玉」、5個目で「餃子一皿」、10個目にて「ラーメン一杯」がそれぞれサービスとなります。自分は“雨の月曜日”になると「康竜」が頭に浮かび来店していたことから、もの凄い勢いでスタンプが埋まって行きました(来店毎に使い切れないほどです(^_^;))。期限や店舗の制約もありませんので、利用される方にとっては、本当にお得なサービス内容だと思います。

沖縄 ラーメン 那覇市 康竜 チャーシューメン 3

「康竜」のメニュー表です。
こちらは券売機方式なのですが、今回はスタンプカード(押印10個のラーメン一杯)を利用することを告げると店員さんが提示してくれました。いままででしたら「自分仕立てラーメン(750円)」をお願いするところですが、念のために適用範囲を聞いてみたところラーメン全品目とのこと。お店の方には申し訳ないのですが、今回は一番高値となっている「チャーシューメン(1000円)」を注文することにしました。うーん、どこまでも太っ腹なサービス設定です(^_^;)

沖縄 ラーメン 那覇市 康竜 チャーシューメン 4

「康竜」お馴染みの「お好み表」です。
麺の固さや太さ、味の濃さや油の加減などを、自分の好みで指定することが出来ます。「自分仕立てラーメン」でしたら、トッピング類も8種類の中から4種類が選べ、この辺りの選択も楽しみでした。今回は品目が違いますので、そちらの項目はブランクのまま提出です。全押しされたスタンプカードも一緒に撮影したかったのですが、さっと受け取られてしまいました(^_^;) 手早さもお店の特色になるようで、記入が終わって急いだ撮影が済んだとたん、お好み表も回収です(笑)

沖縄 ラーメン 那覇市 康竜 チャーシューメン 5

程なくして運ばれた「チャーシューメン」です。
目の前に用意された第一印象が、(失礼ながら)やや寂しい内容かな、といったものでした。これまで「自分仕立てラーメン」を注文していて、具だくさんの盛り付けを見慣れていたものですから、大判のチャーシューが4枚入りとはいえ、やはりシンプルな印象です。その他の具材としては、青ネギに“普通”の量でお願いした辛味だれとなっています。

沖縄 ラーメン 那覇市 康竜 チャーシューメン 6

「チャーシューメン」の麺ですが、細めのストレートのもの。麺の太さは選ぶことが出来るのですが、今回は標準的な「細麺」を「硬」でお願いをしました。前回訪れた時は少しばかりぼそっとした口当たりに感じたのですが、今回はそのようなことはなく、ほど良い固さがのど越しとして味わえました。その麺に絡むスープですが、以前より喉ごしにややくどさが感じられることもあって、お好み表ではふつうにしてあります。たっぷりの具材があるなかでは、こちらも味わいのひとつとなりますが……。さて今回のメイン具材であるチャーシューですが、大ぶりのものが4枚入りとなっています。食べ応えはしっかりとありますが、やはり全体を通してみますと、少しばかり単調に感じてしまいました。まあスタンプカード利用で無料で頂いているのですから、贅沢をいってはいけませんね(^_^;) 今回はサイドメニューを頼むこともなかったので、追加で「半替え玉(100円)」をお願いしてみました。

沖縄 ラーメン 那覇市 康竜 チャーシューメン 7

程なくして運ばれた替え玉を、ラーメン丼へ投入してみました。
こちらの替え玉の注文の仕方はユニークで、カウンター上部側に小さな販売機が設置されています。コインを投入するとランプが付き、店員さんがお好みの茹で加減を聞きに来てくれます。まあちょっと気恥ずかしい気もするのですが(笑)、席を立って券売機を利用することもなく、店員さんと現金のやりとりをしないぶん、スマートでもあるのでしょう。半替え玉100円、替え玉200円と聞くと高めにも感じますが、大盛り100円(0.5玉分)というのは他店では普通の設定ではありますので、有りではあるのでしょう。最後は卓上の紅ショウガなども投入しつつ、完食となりました。

今回利用したスタンプカード以外に、実は8個まで押印が済んでいるものが別にあったりするのですよね(^_^;) 手順的には押印5個目の「餃子一皿」を頼みつつ、何がしかのラーメンを注文しても良いかもしれません。ついでに雨の日か月曜日に訪れますと、再び10個押し(ラーメン一杯分サービス)カードが完成となります。うーん、これはエンドレスのような気がして来ました(笑) 次回来店がいつになるか判りませんが、カード持参を忘れずにいようと思います。

沖縄 ラーメン 那覇市 康竜 チャーシューメン 8

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市松山1-8-6
電話: 098-860-7737
営業時間:11:00 - 翌6:00 (金・土・祝日前は翌7:00)
定休日:無休
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/865-9144ce5d










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。