スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

麺屋 だるま 「横浜一番味噌らーめん」

沖縄 ラーメン 豊見城市 横浜一番味噌らーめん 麺屋だるま 1

豊見城市名嘉地の「麺屋 だるま」へ行って来ました。
こちらは先月オープンしたお店ですが、当ブログにて取り上げるのは今回で早くも三度目になります。夜分遅くにラーメンが食べたくなり、比較的寄りやすい立地ということもあり訪れてみることにしました。横浜に本店があるお店ということで(?)、“家系ラーメン”をメインに提供をされているようですが、多店舗展開を図っているお店らしく、つけ麺やまぜそばなど、多様な品目を扱っているようです。お店には、休日の午後11時過ぎの入店となりました。

沖縄 ラーメン 豊見城市 横浜一番味噌らーめん 麺屋だるま 2

新しく導入されたらしい、「麺屋 だるま」の券売機です。
これまでは卓上に用意されたメニュー表から、直接店員さんに注文を告げていたのですが、改めて券売機を置くようにしたようですね。うがった見方かもしれませんが、敢えて遅れて券売機を設置したのではないかとも思ったりします。ある程度地元のお客さんの来店が一巡して、提供品目を把握し始めた段階で導入したのかな、と。それでもお初のお客さんもいるでしょうから、迷わないように券売機の上部には「らーめんとごはんものランキングベスト3」が掲示されていたりします(こちらは実売ベスト3というより、お店お勧めベスト3といったところかもしれませんが(^_^;))。さて今回の注文ですが、「横浜一番味噌らーめん(800円)」をお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン 豊見城市 横浜一番味噌らーめん 麺屋だるま 3

卓上に用意された「麺屋 だるま」のメニューです。
券売機を導入されても、撤去することなく変わらず置かれていました。以前から当ブログにお越しになられている方には耳にタコ状態でしょうが、個人的には券売機と卓上メニューは併用推奨派(変な言い回し(^_^;))です。券を購入した後でも、じっくり提供品目が掲載されているメニューは確認したいものですよね。次回来店の動機に繋がり、お客さんとお店双方にとってメリットあることだと思います。そうそう、ついでながら券売機上部に掲示されていたベスト3には、ラーメンが『特製だるまらーめん(900円)・特製からしだるまらーめん(1000円)・盛菜(もりさい)(700円)』で、ごはんものが『まかないめし(350円)・イタメシ(300円)・チャーハン(300円)』となっていました。個人的にもボリューム感たっぷりな「盛菜(もりさい)(700円)」はお勧めですね。

沖縄 ラーメン 豊見城市 横浜一番味噌らーめん 麺屋だるま 4

程なくして運ばれた「横浜一番味噌らーめん」です。
家系ラーメンの特徴でもある『味の濃さ・麺のかたさ・油の量』の選択ですが、お店の方から今回の味噌ラーメンでもどうしますか? と聞いて来られました。今回は『味濃いめ・麺ふつう・油の量ふつう』でお願いをしています。後述しますが、結果的にこれがベストな選択だったかもしれません。卓上には、おろしニンニクと壺ニラが用意されています。これまで頂いた限り、家系の豚骨としては比較的マイルドな作りだったため、こういった追加調味料類は調整が効いて良いですね。通常のれんげとは別に、具材をすくう穴開きれんげも添えられていました。

沖縄 ラーメン 豊見城市 横浜一番味噌らーめん 麺屋だるま 5

「横浜一番味噌らーめん」の麺ですが、中太のややちぢれが入ったもの。もちもちと弾力感があり、食べ応えのある麺となっています。選択は“普通”でしたが、固めよりこちらの方がスープとのバランスが良いのではと思いました。その麺に絡むスープですが、辛味と酸味が合わさった味噌仕上げとなっています。“味濃いめ”でお願いをしていますが、ベースのスープそのものはやはり濃厚タイプではなく、味わいを含め比較的さらりとした口当たりとなっていました。具材には細切りのチャーシュー、たっぷりのコーンやもやし、キャベツなどとなっています。説明書きではもやしとコーンが入っている辺りが“横浜系”らしいのですが、うーん、どうなのでしょう?(^_^;) 800円という価格設定はやや高めな印象になるでしょうか。後半になって卓上の壺ニラやおろしニンニクなどを加えつつ、完食となりました。

前回より更に遅い時間帯に訪れたのですが、お客さんはコンスタントに出入りをされていました。意外ではありますが、この地域にラーメン店の需要があるようで(もちろんお店自体の力もあるでしょうけど(^_^;))、事前リサーチの勝利なのでしょう(笑) 閉店間際ながらもお店の方のテンションが落ちることなく、元気な接客も印象的でした。沖縄主流の濃厚な作りではありませんが、また一般の方の需要もあるのでしょうね(去年オープンした南風原町の「麺道くろん」もそういった印象でした)。次回来店がいつになるか判りませんが、注文の候補はまだいくつも残っていますので、再訪問が楽しみです。

沖縄 ラーメン 豊見城市 横浜一番味噌らーめん 麺屋だるま 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県豊見城市名嘉地333
電話:098-856-8787
営業時間:11:00-24:00
定休日:無休
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/863-35a8b698










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。