スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

らあめん花月嵐 新都心店 「薬膳火鍋ラーメン 天地」

沖縄 ラーメン 那覇市 花月 薬膳火鍋ラーメン天地 1

那覇市真嘉比の「らあめん花月嵐 新都心店」へ行って来ました。
本日(12月5日(水))より期間限定発売の、「薬膳火鍋ラーメン」を頂くために来店となりました。毎月のように発売される花月の期間限定品ですが、今回は花月創業20周年を記念してのコラボラーメンとなります。コラボ元はラーメン評論家の石神秀幸氏なのだそう。新規開発のオリジナルラーメンかと思ったのですが、どうも石神氏もラーメン店(「七宝麻辣湯」というお店)を経営しているらしく、そこから発展させたコラボ麺らしいですね。『薬膳』という意欲的なテーマらしく、どのようなラーメンなのか、楽しみにしての来店となりました。お店には、平日の午後8時頃の入店です。

沖縄 ラーメン 那覇市 花月 薬膳火鍋ラーメン天地 2

恒例の、卓上に用意されたリーフレットの紹介です。
左側の小さなリーフレットが今回の期間限定のもの、右側の大きなリーフレットが通常でしたら来月発売の期間限定のものとなるのですが、今回は花月創業20周年を振り返った特集となっていました。創業一号店の画像や、過去の限定麺などが順に掲載されていますね。花月は定期的に限定麺を発売し続けていますので、結構詳しくピックアップされていましたが、それでも掲載しきれない分が数多くあるはずです。ところで次回の限定麺の情報がないということは、来月の発売はないということなのでしょう。さて今回の注文なのですが、もちろんお目当ての「薬膳火鍋ラーメン 天地(720円)」をお願いすることにしました。もう一品、「薬膳火鍋ラーメン 天紅(720円)」という品目も用意されていますが、こちらはラー油入りとなっているようです。

沖縄 ラーメン 那覇市 花月 薬膳火鍋ラーメン天地 3

11月22日に発売されたお店の公式本、『花月嵐公式バイブル&SP CARD』です。
書店やコンビニ、または花月店舗にて発売されるとのことでしたが、とりあえず県内では置いてあるところを見つけられず、通販で購入しました。なぜか「沖縄ラーメン大図鑑」くらいのサイズと思っていたので、大判サイズにちょっとびっくりです。ラーメン評論家の本谷亜紀さんが誌面のナビゲート役をされていますね。内容のメインとしては100作を超えたという期間限定ラーメンの紹介なのですが、単純に発売順ではなく、シリーズものやコラボ麺などで分類される構成となっていました。ちなみに毎年10作というペースらしいですね。その他、業界の方のインタビュー記事なども掲載されてました。SP CARDは580円分のチケットとなっています。「にんにく豚めし(280円)」1枚分と「大盛(150円)」2枚分が付いていました。次回来店時にでも使うことにしましょう(笑)

沖縄 ラーメン 那覇市 花月 薬膳火鍋ラーメン天地 4

程なくして運ばれた「薬膳火鍋ラーメン 天地」です。
この「薬膳火鍋」ですが、説明によると『「食べて美味しく、身体にも良い」という“医食同源”の考えのもと、食材、生薬などを組み合わせ、健康を考えた中国料理「薬膳」。そしてその「薬膳」が中国の食文化においてのみならず、アジアの華僑や世界の中華街でも親しまれている「火鍋」に組み込まれたのが「薬膳火鍋」』なのだそう。いわゆる「身体に良いラーメン」というアプローチも、数多くの限定麺を提供している流れから出来る冒険なのでしょう。そうそう、追加注文で「餃子(本来は300円)」と「ライス(100円)」もお願いしています。餃子は以前頂いた無料チケットを利用しましたが、今回はライスは合わないラーメンの公算が高かったので、有り難かったです。

沖縄 ラーメン 那覇市 花月 薬膳火鍋ラーメン天地 5

「薬膳火鍋ラーメン 天地」の麺ですが、中細のストレートのもの。角があるタイプですが、癖のない作りの麺となっていました。その麺に絡むスープですが、「薬膳」の名前のとおり、様々なスパイスが入っているようです。リーフレットの説明書きによると『龍眼(リュウガン)・大棗(タイソウ)・クミン・カルダモン・朝鮮人参・田七人参・クローブ・花山椒』などが入っているのだそう。薬効なども事細かにリーフレットには記されていました。スープの口当たりとしては、すっと喉の通りの良い、さらりとしたものとなっています。クミンやカルダモンから来ているのでしょうか、カレーのスパイスの味わいが軽くしました。食べ進めるなかで後半になって来ますと、身体の芯から温まるように、じんわりと汗が出て来ました。うん、身体に良さそうなスープだったかと思います(単純なようですが(^_^;))。具材には豚バラ・白菜に葱にニラ、クコの実や袋ダケなどが入っていました。表面には糸唐辛子も散らされていますね。結構な具だくさんで、こちらは「鍋もの」の雰囲気を残しています。サイドの餃子とのバランスも良かったかもしれませんが、「薬膳ラーメン」という当初のイメージより、なかなか美味しく頂けたかと思います。

個人的にはリピートするタイプの限定麺ではないのですが、寒い季節にも良く似合う仕上がりのラーメンでした。気に入られた方は、ラー油入りで更に身体が温まりそうな、「薬膳火鍋ラーメン 天紅」を試してみても良いでしょうね。チェーン店ということで、逆に敬遠されるラーメンファンの方もなかにはいらっしゃるかもしれませんが、意欲的な限定麺を提供される、良いお店だと思いますよ。詳しい背景を記したリーフレットの効果で、一般の方へのラーメン文化の紹介という貢献もされていますしね。次回来店の際は、さっそく大盛り無料券を使わせてもらおうと思います(笑)

沖縄 ラーメン 那覇市 花月 薬膳火鍋ラーメン天地 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市字真嘉比西原263-4
電話:098-885-7011
営業時間:11:00 - 翌3:00
定休日:無休
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/848-858569d7










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。