スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

麺屋 だるま 「盛菜(もりさい)」

沖縄 ラーメン 豊見城市 麺屋だるま 盛菜 1

豊見城市名嘉地の「麺屋 だるま」へ行って来ました。
こちらは先月オープンしたばかりのお店になります。開店翌日の初来店でしたので、やや落ち着いたであろう頃合いを見計らって再訪してみました。横浜に本店があるお店のようで、この度の沖縄にて3店目の出店となるようです。いわゆる“家系ラーメン”を提供されているお店と事前に聞いていましたが、前回頂いたそのメイン品目らしい「らーめん」は、比較的マイルドな作りとなっていました。多店舗展開をされているラーメン店らしく、取り扱い品目が結構豊富でしたので、今回は他品目を試してみる意味合いも含めての再訪です。お店には、休日の午後10時の入店となりました。やや遅い時間帯にもかかわらず、広い店内は賑わいを見せていました。

沖縄 ラーメン 豊見城市 麺屋だるま 盛菜 2

「麺屋 だるま」のお品書きです。
メインはやはり家系の「らーめん」らしいのですが、「味噌らーめん(800円)」や「まぜそば(700円)」、「つけ麺(つけ武者)(800円)」など、各方向性の品目が揃えられています。サイドの“ご飯もの”も豊富ですね。さて今回の注文なのですが、初来店時から気になっていた、二郎系風の「盛菜(もりさい)(700円)」をお願いすることにしました。そして“ご飯もの”からはちょっと迷ったのですが、「イタメシ(300円)」を追加注文です。迷った理由については後述します。

沖縄 ラーメン 豊見城市 麺屋だるま 盛菜 3

卓上の様子を写してみました。
オープン翌日には置かれていなかった、壺ニラと壺ニンニク(と言い方でいいかな?笑)が用意されていますね。前回、家系のイメージのまま頂いた「らーめん」がマイルドでしたので、後半になってニンニクが欲しいと、確か記事にも書いていたのでした(^_^;) 粗めの刻みニンニクとなっており、がつんと効きそうです。一方の壺ニラも、唐辛子の赤味やタレの色合いも濃く(しんなり具合など「花月」のそれに近い印象)、双方とも“こってり系”が好きな方には、嬉しい応対ではないでしょうか。しかし横浜の本店でも同様に用意されていると思うのですが、こちらでは準備が遅れていたのかな? 沖縄店のみの対応ということもないと思いますが……。

沖縄 ラーメン 豊見城市 麺屋だるま 盛菜 4

程なくして運ばれた「盛菜(もりさい)」です。
注文の際に「野菜を増すことが出来ます」とのことで、遠慮なくお願いをしました。がっつりと野菜が山盛りなのはもちろんですが、チャーシューもしっかりと添えられていたのが嬉しいです。サイドを頼む際に迷った理由のひとつが、「ライス(100円)」でもいいかな? と考えていた部分です。それほどお腹が空いてなくても、ラーメン単品ではどうも物足りなさを感じてしまうので(笑)、こういった気楽に頼める100円ライスは選択肢として個人的にポイントが高かったりします。実際に追加注文した「イタメシ」は、結構なボリュームがありました(^_^;)

沖縄 ラーメン 豊見城市 麺屋だるま 盛菜 5

「盛菜」の麺ですが、中太のほぼストレートの入ったもの。なにせ麺の上にはもやしやキャベツなどの野菜がたっぷりと載せられていますので、引っ張り出すのにひと苦労です(笑) そうそう、家系の特徴でもある『味の濃さ・麺のかたさ・油の量』の選択ですが、今回の注文前に本品目でも適用可能か聞いたところ大丈夫とのこと。前回すべて“ふつう”だったため、今回は比較も兼ねて『味濃いめ・麺かた・油の量多め』でお願いをしてみました。うーん、確かに濃い方向に向かってはいるのですが、基本はやはりマイルド志向なのでしょうね。これはこれで特徴があり、美味しく頂ける作りだと思います。それと注文時に「ニンニクはどうしますか?」と聞かれ、“入り”でお願いをしたのですが、刻みニンニクが載せられるというより、どうもスープに結構な割合で溶け込んでいるように感じました。ベースがマイルドな味わいなため物足りなさを感じる方は、卓上の刻みニンニクや壺ニラを投入しても良いですね。これは評判を呼ぶのではないでしょうか。……ところで、いくら野菜を食べても食べても減りません。腹ペコさんには嬉しい仕様ですが、後半になってやや顎が疲れて来たほどでした(^_^;)

沖縄 ラーメン 豊見城市 麺屋だるま 盛菜 6

一緒に頼んだ「イタメシ」です。
一風変わったネーミングは、炒めたチャーシューから来ているとのこと。ご飯ものは種類が豊富なことから、しっかりひとつずつクリア(?)していこうと考えていましたので、白飯に行かずにがっつりと注文しました。なのですが、実は最初に頼もうと考えていたのは「チャーハン(300円)」の方でした。メニューに“パラパラ”と謳われていたので楽しみにしていたのですが、残念ながら売り切れとのこと。どう考えてもチャーハンが品切れするというのは変ですので、時間帯的にきっと調理担当される方が帰ってしまった後なのでしょうね。こうなると、益々頂きたくなって来ました(笑) そうそう、話が脱線しましたが、こちらの「イタメシ」もチャーシューブロックは柔らかく美味しかったです。特製だれがつゆだくなのがポイントのようでした。表面にペッパーがかかっているようでしたが、それほどスパイシーさは感じなかったです。

前回、物足りなかった部分が補われたようで、満足してお店を後にしました。しかしそれほど空腹でもなかったのに、野菜増しにするのはサガだとしかいいようがありません(^_^;) こちらは店内に活気を感じますし、それが伝播するのか、実際にお客さんで賑わっているようでした。濃厚豚骨の強い沖縄ではありますが、こういった方向性のお店もまた需要があるのではないでしょうか。次回の来店がいつになるか判りませんが、現時点から何を注文しようかと楽しみです。そうそう、「チャーハン」が品切れにならないよう、少し早目の訪問が良いかもしれませんね。

沖縄 ラーメン 豊見城市 麺屋だるま 盛菜 7

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県豊見城市名嘉地333
電話:098-856-8787
営業時間:11:00-24:00
定休日:不明
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/847-c72fb947










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。