れん屋 「正油らーめん」

れん屋正油らーめん1

中部まで出かける用事があり、夕方時分になってここまで来たらと、読谷村にあるラーメン店の「麺屋 はちれん」へ向かいました。はちれんは以前北部へ出かける途中に寄ろうとしたのですが、タイミング悪く中休みの時間に差し掛かってしまい、来店を断念したお店です。自分は沖縄本島の南部在住ですので、こういう機会があれば、遠方の評判の良いラーメン店へ出来るだけ寄ることにしようと考えていたのでした。

はちれんは中休み時間が少し長めで、再開の時間が18時半となっています。時間的にちょうど過ぎた辺りに到着したのですが、入口には「スープ切れ」で終了の張り紙が(^_^;) 繁盛しているのは何よりですが、やはりちょっと残念ですね。仕方なく、近辺に他のラーメン店はないか考えてみて、「れん屋」があることを思い出しそちらへと向かいました。実はれん屋は店名こそ知ってはいたものの、どのような系統のラーメンを出すのかも知識になく、全く先入観などなく暖簾をくぐることになりました。

れん屋正油らーめん2

お店はこじんまりとしていますが、ラーメン店としては狭くもなく、立地からもちょうど良い広さではないでしょうか。メニューを見ると写真も一緒に掲載されていて、なかなか美味しそうです。説明書きによると「正油らーめん」が基本となる味のようで、今回はこちらを注文することにしました。いつもですとサイドメニューなども頼んだりするのですが、この後の予定もあり今回は見送りました。

れん屋正油らーめん3

程なくして「正油らーめん(600円)」が運ばれてきました。
おおっ、これは写真で見るよりもさらに美味しそうです。期待をしつつ、まずは一口スープを飲んでみます。メニューには正油らーめんについて、「鶏ガラ、豚、煮干しのトリプルスープ れん屋の味のベースとなるらーめんです」と書かれています。
しかしながら見た目のとおりそれほど動物系の味は強くなく、また醤油が強くて塩辛いということもなく、ごくあっさりしたスープです。かと言って極端に淡泊ではなく、油分もそれなりに浮いています。頂いた時にはこの油がなんだろうと思っていたのですが、いまメニューの画像を改めて見るとねぎ油が入っているようですね。スープに加えられた香ばしい旨味は、この油分が足されて生まれているようです。本当に正統派の醤油ラーメンですね。

麺は若干細めのちぢれ麺で、あっさりとしたスープにも良く絡みます。
具材なのですが、白ネギ、チンゲン菜、チャーシューにメンマ、更には煮玉子に海苔と、随分と盛りだくさんです。贅沢な作りながらも、これで600円という値段に抑えられているのが嬉しいですね。煮玉子はトッピングでは用意されていても、素ラーメンでは省略されているお店も多いなか、良く頑張ってくれましたと、嬉しく思います。煮玉子が入っているだけでも、見た目の華やかさがかなり変わるのですよね。視覚の部分でも、美味しさが増したりするものです。

れん屋正油らーめん4

それと特筆すべきなのがこの厚みのあるチャーシューです。豚バラ肉でしょうか、とても柔らかく、贅沢に切り分けられていて、れん屋さんのサービス精神がひしひしと伝わります。具材の豊富さもあって、最後まで変化に富む味を楽しむことが出来ました。スープの一滴まで余すことなく完食です(こちらは毎回の事ですが(笑))。

前情報もなく、特に期待してなかったこともあったのですが、これは素直に「旨い」と口にしてしまう美味しさでした。食べ終わる際には大盛りにしなかったことが悔やまれました(メニューに100円であることに後から気付きました)。感動の一杯です。他のラーメンも食べたいと思ったのですが、次はいつ来れるでしょうか。後ほど聞くところによると、これまで店を開けるのが不定期な時期もあったらしく、更には都心部から離れていることもあってか、評判が良かったものの、最近は余り話題に上がってなかったそうです。

オープンからしばらく経っているようですし、この先いきなり閉店になることはないとは思いますが、それほど遠くないうちにまた機会を作って寄ってみようと思いました。次回は「しおらーめん」がいいかな? それとサイドメニューの方も是非試してみたいですね(笑)

れん屋正油らーめん5

ごちそうさまでした(^_^)

満足感:★★★★★★★★(8)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県読谷村字高志保1322
電話: 098-958-3559
営業時間:11:30 - 14:00 17:30 - 22:00
定休日:土曜日
駐車場:無し

関連記事

素朴でどこか懐かしい

王道系のラーメンですよね。
久しく食べていないので、画像を見てたら無性に食べたくなってしまいました。(笑)

自分は未食ですが、れん屋がバックアップしたと言われている中城村の「くば浜」にも
行かれて食べ比べしてはいかがでしょう?
[ 2010/11/12 00:02 ] [ 編集 ]

>えぼ太さん
こんにちはー。
確かにれん屋は王道のラーメンなのでしょうね。
自分は恐らくその辺りの経験が少し抜けているところがあるようで、
またあの時の体調的なこともあって凄く響いたラーメンでした。
「くば浜」ってれん屋に関係しているんですね。自分も行ったことが
ないので、是非今度行ってみようと思います(^_^)
[ 2010/11/12 08:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/81-657f4034