スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

竜丹 「醤油ラーメン」

沖縄 ラーメン 那覇市 竜丹 醤油ラーメン 1

那覇市古波蔵の「竜丹」へ行って来ました。
こちらはつい先日初来店を果たしたお店です。いわゆる“街のラーメン屋さん”といった趣きの老舗店で、前回は休日のランチタイムに訪れたのですが、地元の常連さんに愛されていることが伺える様子でした。前回記事では、いくつか気になる品目があるということで、そう遠くない内に訪れたいと締めたのですが、思いがけず早速の再来店となりました。お店には、閉店間際となる平日午後9時半頃の入店です。

沖縄 ラーメン 那覇市 竜丹 醤油ラーメン 2

「竜丹」のカウンター席に用意されたメニュー表です。
前回も掲載しましたが、壁際にも木製のお品書きが下げられているものの、ゆっくりと手元で眺めることが出来るメニュー表が別途あるのは助かります。ラーメンの項には定番の『塩・醤油・味噌』はもちろんのこと、バターなどのトッピングを増した各バリエーション、その他「タンメン(500円)」など結構な品数が記載されています。またお客さんの要望があるのか、「沖縄そば(400円)」などもラインナップに加わっていますね。このなかでは「カレーラーメン(550円)」が気になっていたのですが、その前にもうひとつ確認したい品目があったりします。

沖縄 ラーメン 那覇市 竜丹 醤油ラーメン 3

メニュー表の右側部分のアップです。
前回記事では左側部分のアップを掲載しましたので、今回はその反対側も載せてみました。そちらの部分で気になった品目が……。サイドメニューとして「ギョーザ(300円)」があるのですが、それ以外にも「ギョーザライス(400円)」に「ギョーザライス(半ラーメン付き)(500円)」なる品目が用意されています。「ギョーザライス(400円)」でも充分に安価ではあるのですが、それに100円増しで更に半ラーメン付きというのは、どうも価格設定がおかしいように思います(^_^;) 壁際のお品書きにはその部分が消されたような跡がありましたので、ダメもとで聞いてみたところ、現在もちゃんと提供されているとのこと。半ラーメンは“塩”と“醤油”から選ぶことが出来るということで、今回は後者の方をお願いしました。

沖縄 ラーメン 那覇市 竜丹 醤油ラーメン 4

程なくして運ばれた「ギョーザライス(半ラーメン付き)」です。
半ラーメンということでレギュラーサイズより器は小さめなものの、充分なボリュームのものとなっています。具材の構成なども、おそらくレギュラーと変わらないのでしょうね。ちなみにフルサイズでは「醤油ラーメン(400円)」となっています。餃子はしっかり6個入りで、惜しげなくライスの分量がたっぷりなのも嬉しいところです。細かい部分ですが、漬け物の小皿が付いていたのが、またポイントが高いですね。

沖縄 ラーメン 那覇市 竜丹 醤油ラーメン 5

醤油ラーメンの麺ですが、お馴染み(?)中細のほぼストレートのもの。やや柔らかめの、いかにも老舗店といった趣きの麺となっています。その麺に絡むスープですが、軽く魚介の風味が感じられる、あっさりながらも味わい深い仕上がりとなっていました。味噌ラーメンもこちらのスープをベースにしているのかな? 具材はもやしにキャベツに人参などの野菜類と、こちらも他のレギュラーラーメンと共通のものとなっているようです。単品ラーメンでは、バターやモロコシなどを加えたバリエーションも用意されていますが、醤油ラーメンに関しては、すっきりとした作りのままでも充分に美味しいと感じました。

沖縄 ラーメン 那覇市 竜丹 醤油ラーメン 6

ある意味、今回のメインである「ギョーザ」です。
こちらの餃子は皮はやや薄めになっていて、餡がぎゅっと詰まった弾力感のあるものとなっています。卓上の調味料類には醤油やお酢、ラー油などが用意されており、それらを使って熱々を頂きました。ラー油については通常のもの以外に、食べるラー油のような別途特製のものも置かれていました。ライスがたっぷりだったこともあり、ラーメン共々、しっかりがっつりと頂くことが出来ました。これで500円というのは凄いコストパフォーマンスだと思います。閉店間際の来店ということもあり、お客さんは自分ひとりでしたので、なにか支払いの時には申し訳ないような気持ちにまでなってしまいました(^_^;)

今回までで、レギュラーラーメンのなかからは“味噌・醤油”を注文しましたので、次回“塩”を頂く時も「ギョーザライス(半ラーメン付き)」から選ぶことになりそうです。食べ終えた時には間違いなく、がっつり満足感が得られるでしょうしね(笑) そうそう、前回ランチタイムの忙しい時間帯に訪れた際は、背中しか見えなかった調理されていた方が配膳まで応対をされていました。この日初めてお顔を拝見したのですが、こちらの方がお店の二代目になるのでしょうか? 老舗店では、老夫婦お二人だけで対応をされているという場合も多いのですが、お店は引き継がれ、今後も末永く営業されることになりそうですね。最後の店舗画像は灯りが消えちゃってます(^_^;)

沖縄 ラーメン 那覇市 竜丹 醤油ラーメン 7

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市古波蔵3-19-12
電話:098-834-4871
営業時間:11:30-22:00
定休日:木曜日
駐車場:有り

竜丹中華料理 / 壺川駅奥武山公園駅旭橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

こんにちは
竜丹何度か行ってますが、この500円のセットは良さそうですね。
街のラーメン屋と言えば鏡原の桂林も気に入ってます。麺類に+210円で本格的な半炒飯がつけられます。
あと、気になってるのが名嘉地食堂です。ラーメン400円・セット(ラーメン・半餃・ライス)600円で中国人夫婦がやってるらしいです。この前日曜日に行ったらドアに営業中の表示も閉まっていてふられました。
[ 2012/10/24 22:17 ] [ 編集 ]

>たかさんサン
こんにちはー。
500円セットはお得感がありました。
桂林の半炒飯も頂いたことありますよ。あちらはもう少し
雰囲気的に上の、街の中華屋さんといった印象でしょうか?

名嘉地食堂ですが、確か以前お店の住所を調べて探した
覚えがあるのですが、見つけきれなかったのですよね(^_^;)
まだ営業をされているようでしたら、再チャレンジしたいと
思います!
[ 2012/10/26 05:40 ] [ 編集 ]

こんにちは。
こちらは近所なのでちょくちょく足を運びます。
機会があればぜひ五目ラーメンも試してみてください。
具だくさん&あつあつでとってもおすすめですよ。
[ 2012/10/27 00:54 ] [ 編集 ]

>?さん
こんにちはー。
五目ラーメンもお勧めのようですね。
初来店のお店では他店との食べ比べがしやすい
五目ラーメンを頼むことも多かったです。
機会を見つけてそちらもお願いしてみようと思います!

しかし竜丹はコメントの反応があって、愛されている
お店のようですねぇ。
[ 2012/10/27 10:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/805-54e7137b










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。