スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SAKURA 「SKR 102」(「つけめんTETSU」コラボ麺)

沖縄 ラーメン SAKURA SKR102 1

那覇市牧志の「SAKURA」へ行って来ました。(限定麺 Tour 8/12)
10月1日から月末にかけて開催される、「限定麺 Dream Tour 2012」8店舗目の来店となりました。『TOKYOラー麺』の県内サポート店が限定麺を提供されるという企画なのですが、今回「SAKURA」はつけ麺の有名店「つけめんTETSU」とのコラボ麺になります。「つけめんTETSU」も全国各地のラーメン施設やイベントによく出店をされていて、自分は東京は品川駅に隣接する『麺達七人衆』で頂いたことがあります。その際は軒を並べた各ラーメン店のなかで、一番の行列を作っていました。そういったお店との、特につけ麺店同士のコラボというのも珍しいと思いますので、期待を持っての訪問となりました。お店には、週末の午後10時頃の入店です。

沖縄 ラーメン SAKURA SKR102 2

今回限定麺のメニュー表です。
説明書きによると『東京のつけめんを牽引する「つけめんTETSU」と「つけめん SAKURA」のコラボ! タイプの似ているようで似ていない両店のいいとこ取り。いつものSAKURAよりも濃厚で香り高いデラックスな仕上がりです!』とあります。下部の方にはグループの本元である、武蔵家の「IEKEI Black 6348」の限定麺も掲載されていますね。どちらとも、流行のアイドルグループ名をもじりつつ、限定麺の内容をストレートに表したユーモアのある命名となっているようです。さて今回の注文ですが、もちろんお目当てである「SKR 102(750円)」をお願いすることにしました。読み方は“サクラテツ”となるようです(ある意味そのまんまですね(笑))。

沖縄 ラーメン SAKURA SKR102 3

「SAKURA」の通常のメニュー表です。
お馴染み「無料トッピングパス」の対象ですが、こちらのレギュラートッピング類から、単価の高い「チャーシュー増し(150円)」を除くすべてと、記載はされていませんが「玉子」などが対象となるようです。今回はコリコリ食感が心地よい、「茎わかめ増し(本来は100円)」をお願いすることにしました。それと別途にアルコール類として、「泡盛の水割り(400円)」も注文です。今回は夜間遅めに訪れていますが、実は連休中は那覇市内を泊りがけで放浪しておりました。この日は記憶が曖昧になってしまう、ちょっと手前の状態での入店となっています(^_^;)

沖縄 ラーメン SAKURA SKR102 4

程なくして運ばれた「SKR 102」です。
たっぷりと入った麺側の器ですが、実はレギュラーの「つけめん(750円)」と同様に、無料で大盛りが可となっています。こちらに訪れる前後にも色々とお店を廻る形になりますので、がっつり大盛りにするのは遠慮すべきなのですが、意地汚さが勝ってしまいました(^_^;) 見た目の基本的な様子は大きくレギュラーの「つけめん」と変わらないようですが、具材が入った細長い器の左端部分、“海苔と魚粉となると”や“メンマ”などが新しく加わったようですね(代わりに玉子が無くなっています)。また無料トッピングの「茎わかめ」ですが、こちらは結構な分量となっていました。ついでながら「泡盛の水割り」ですが、グラスが大きくまた濃いめに作られていましたので、お値打ち感があったかと思います。そろそろ酔いも回って来ております(^_^;)

沖縄 ラーメン SAKURA SKR102 5

「SKR 102」の麺ですが、中太のストレートのもの。表面が滑らかでつるっとしつつも、密度感のある「SAKURA」お馴染みの麺ですね。その麺に絡むつけ汁ですが、口にした瞬間は動物系の濃度を感じたものの、すぐに魚介の風味が加わって来ました。せっかくですので、つけ汁の器に海苔や魚粉、チャーシューなどの具材を移し、それらしい盛り付けにしております。つけ汁の変更をどの程度されたかは判りませんが、そこまで大きく印象は変わらなかったかな? 武骨なイメージの強い武蔵家グループですが、改めてみますと細長い器に載せられた具材の盛り付けも綺麗で、またコラボ麺ながら、「SAKURA」ならではの独特な個性も感じられます。桜坂というディープな立地に、隠れ家的な店舗の雰囲気も相まって、唯一無二のお店であることを再認識させられました。追加で頼んだ茎わかめの配分に気を配りつつも、最後はつけ汁の一滴も残さず完食です。

コラボ麺として大きな違いは感じにくかったのですが、ベースのレギュラーつけ麺自体が味わい深いものですので、美味しく完食とすることが出来ました。「つけめんTETSU」の特徴といえば、確かつけ汁の温め直しに焼き石を用いたのは、こちらが最初だったはずです。焼き石ということでしたら、県内では「我流家」グループが初めて導入して、いまではつけ汁の器と一体になった、更に進化形の様相も見せていますね。まあこの点はつけ麺本体とはまた別の部分でしょうか。久しぶりの「SAKURA」のつけ麺でもありましたし、満足感をもってお店を後にしました。しかしながら、この後の夜が長かったりして……(^_^;)

沖縄 ラーメン SAKURA SKR102 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市牧志3-9-27
電話:なし
営業時間:18:00 - 28:00 (日曜日のみ26:00まで)
定休日:月曜日
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/790-82733ce1










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。