スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

通堂 寄宮十字路店 「台湾ラーメン」

沖縄 ラーメン 通堂 台湾ラーメン 1

那覇市寄宮の「通堂 寄宮十字路店」へ行って来ました。(限定麺 Tour 6/12)
10月1日から月末にかけて開催される、「限定麺 Dream Tour 2012」6店舗目の来店となりました。『TOKYOラー麺』の県内サポート店が限定麺を提供されるという企画なのですが、「通堂」が名前を連ねているのは、ちょっと不思議な気もします。何といいますか、どことなく沖縄ラーメン界では大御所(?)のようなイメージがあって、こういった共同イベントからはちょっと離れた立ち位置にいつもはいるというか……。すみません、ちょっと何を言っているか判らないですね(^_^;) お店には(シラフでは)珍しく、午前0時過ぎの入店となりました。こちらは午前1時までの営業となっています。立地的に酔客は多くないと思いますが、深夜営業は嬉しいですね。

沖縄 ラーメン 通堂 台湾ラーメン 2

今回限定麺の、店外に貼られていたポスターです。
もちろん店内の壁際にも掲示されていたのですが、案内された中央のテーブル席からは撮影出来ませんでした。こちらも県外有名ラーメン店とのコラボ麺ではなく、お店オリジナルのもののようですね(名古屋のご当地ラーメンとして「台湾ラーメン」がありますので、表現が妥当か迷うところがありますが)。ポスターの説明書きによると『たっぷりの粗びき挽き肉ともやしとニラのシャキシャキ感が麺に絡み、スープと麺と具材そして辛味の相性がたまらない熱い台湾ラーメン! 辛さが苦手な方には辛さを抑えることができ、辛さが大好きな方には2倍、3倍にもできます!』とあります。“再登場”と書かれていることから、以前も提供されていた実績があるようです。さて今回の注文ですが、もちろんお目当ての「台湾ラーメン(630円)」をお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン 通堂 台湾ラーメン 3

券売機の画像も掲載してみます。
こちらも他の店舗と同様、同額のレギュラーラーメン(今回は「おんな味ラーメン」)と共用のボタンとなっています。「無料トッピングパス」の対象が判らなかったので、バイトらしき店員さんにお聞きしたところ、戸惑いながらも「味付け煮玉子」と「チャーシュー」の2種類との返答でした。訪れた時間帯なども関係しているでしょうが、まだほとんどこちらでパスを利用した方はいないのではないでしょうか? お客さんの層も、イベント自体を知らない一般の方が多そうな気がします。

沖縄 ラーメン 通堂 台湾ラーメン 4

程なくして運ばれた「台湾ラーメン」です。
今回の無料パスの選択は「チャーシュー」としました。「味付け煮玉子(本来は90円)」はレギュラートッピングとして券売機にも記載されていますが、こちら「チャーシュー」は今回限定麺専用のものになるでしょうか。今回は辛いラーメンを頂くのですが、待っている間にも「通堂」お馴染み、ピリ辛もやしをつまんでおりました(笑) 注文時の選択ですが、先述の無料トッピング以外に、麺の茹で加減はもちろん、辛さの指定も出来るようです(後者は店員さんに聞かれませんでした)。何度もブログで書いていますが、自分は辛さ耐性が高い方ではないので、そのまま標準仕様での注文となっています。たっぷりな挽き肉向けに,穴あきレンゲを付けている配慮が嬉しいですね。自分はスープを残さず飲むので、実際は使わないのですが……(^_^;)

沖縄 ラーメン 通堂 台湾ラーメン 5

「台湾ラーメン」の麺ですが、平打ち状の中細ストレートのもの。茹で加減は“かためん”でお願いをしています。これは「おんな味」と共通のものになるでしょうか。形状は別として、麺表面の食感などの印象が変わることがままあるのですよね。その麺に絡む赤味がさしたスープですが、最初の口当たりはさほど刺激の強くないものとなっています。後半になってじわりと汗が滲んでくる、程良い辛さのものでした。ベースのスープはあっさりとしているのですが、唐辛子などの辛味や挽き肉などからも出ているのでしょうか、旨みが充分に含まれたものとなっています。ニンニクの風味はさほど強くなく、生姜の方が目だっていました。具材としてはトッピングのチャーシューに弾力に富んだ粗めの挽き肉、もやしやニラなどがたっぷりと入っています。細めながらしっかりとした食感の麺、またスープに溶け込んでしまうことのない存在感のある挽き肉など、さすがは「通堂」といった完成度高い「台湾ラーメン」でした。夜中ということもあってラーメン単品での注文でしたが、充分以上の満足感と満腹感を得ることが出来ました。最後は汗を滲ませつつ、スープの一滴も残さず完食です。やはり穴あきレンゲは使用せず、通常のレンゲのみでの完飲でした(笑)

実は「台湾ラーメン」には思い入れがあって(名古屋「味仙」で頂いた「台湾ラーメン」が絶品でした)、一時期県内のラーメン店にて、意識して食べ歩いたことがあるのですよね。品目として確立しているラーメンのため、限定麺としてのインパクトは高くないかもしれませんが、個人的には改めて「通堂」で提供されるラーメンの、完成度の高さに驚かせられました(そう意識させないところも「通堂」の凄いところです)。機会があればまた頂きたい一杯でしたが、今月中で終了するとしたら残念ですね。以前はレギュラー品目(?)だったようですので、定期的な復活をされたら嬉しく思います。深夜に頂くラーメンに、ハマらないようにもしたいです(笑)

沖縄 ラーメン 通堂 台湾ラーメン 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市寄宮154-9第2玉元ビル1F
電話:098-834-0141
営業時間:11:00-25:00
定休日:無休
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/787-9209a84b










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。