城南らーめん 紫龍 那覇小禄店 「つけ麺」

沖縄 ラーメン 城南らーめん紫龍 つけ麺 1

「城南らーめん 紫龍 那覇小禄店」へ行って来ました。
9月6日のオープン日以来の来店となります。初日はお店の名前を冠した「紫龍らーめん」と、シンプルな名称の「らーめん」の二つを頂きました。前者は“二郎インスパイア系”といったがっつり仕様のもので、後者は“家系”の雰囲気をもつラーメンとなっていました(お店側が謳っている訳ではなく、あくまで個人的な印象です)。未食の品目がまだまだあったので、そう遠くない内に再訪を考えていたのですが、オープニングサービスのじゃんけんで頂いた「一杯無料券」があったことを思い出し、寄ってみることにしました。お店には、週末の午後3時前に入店となりました。

沖縄 ラーメン 城南らーめん紫龍 つけ麺 2

前回記事でも掲載しましたが、券売機の上部に掲示されていた各品目の画像です。
券売機も写してますが、こちらは全体を撮影しましたら、文字が潰れ気味になるのですよね。品目数が豊富ということもあるのですが、空白部分を詰めてボタンを並べましたら、もう少し見やすく写るかも……(これは撮影する側の勝手な言い分で、お客さんからしましたら、空白を設けた方が品目構成を把握しやすいのでしょう)。さて今回の注文ですが、「細打ちらーめん(650円)」も気になっていたのですが、続けてラーメンもどうかと思い、今回は「つけ麺(850円)」をお願いすることにしました。「一杯無料券」を持っていたのですが注文時の手順が判らず、お店の方に聞いた上で、とりあえず券を購入することになりました(結局後ほど券売機より払い戻しがされました)。

沖縄 ラーメン 城南らーめん紫龍 つけ麺 3

店内に掲げられていた「城南らーめん」の由来です。
初回時の記事にて、「城南らーめん」の名称について書いてみましたが(城南地区(品川・目黒・大田・世田谷区 )から出店したのでそう名付けたらしいこと)、こちらでは「あだじょっからい(深みのある濃い味)」として作り上げたことが記されています。「城南らーめん 紫龍」の本店自体、去年の7月にオープンしたばかりらしいですので、実際に歴史のある“ご当地ラーメン”という訳ではなさそうですが、これからそう育てて行きたいという意気込みを感じますね。多店舗展開を図っているお店らしい、ちょっと演出過多な印象もあるでしょうか?(^_^;)

沖縄 ラーメン 城南らーめん紫龍 つけ麺 4

程なくして運ばれた「つけ麺」です。
こちらの麺の器も、特徴のある四角形のものとなっていました。価格設定が850円ということで、ちょっと高めに感じられる方もいるかもしれませんが、今回に限っては“無料”であることが前提となっています。また、つけ麺ではままある設定ではあるのですが、大盛りまで無料となっており、それでお願いをしています(結構なボリュームとなっていました)。それとランチタイムサービスなのでしょうか、「ごはん(本来は100円)」もサービスで付けてくれました。本当は無料券利用のみでは何となく悪いと思い、なにかサイドのご飯ものでも頼もうとしていたのですが(品切れランプが付いていました)、サービスがあることを店員さんが告げてくれました。併用でサービスを受ける形になりましたので、かなり太っ腹で嬉しい対応となっています。

沖縄 ラーメン 城南らーめん紫龍 つけ麺 5

「つけ麺」の麺ですが、太めの平打ちのもの。表面が滑らかでしっかりとしたコシがあり、もっちりと食べ応えのある麺となっていました。薄く透明感があり、綺麗な麺ですね。先述のとおり大盛りでお願いしていますので、分量的にもがっつりとした盛り具合となっています。その麺に絡む熱々のつけ汁ですが、魚介の風味漂う豚骨等がベースらしい、濃厚な味わいのもの。最近のつけ麺では王道な作りではあるでしょうが、そういう意味ではしっかりとした完成度を感じさせるものとなっていました。麺の器側に載せられた豊富な具材ですが、ブロック状のチャーシューに白髪ネギ、ほうれん草にメンマ、海苔となっています。メンマは結構塩分の強いものとなっていました。サービスで頂いたごはんを含めて、とても食べ応えのある一杯でした。最後は熱々の割りスープをお願いし、麺はもちろんつけ汁の一滴も残さず完食です。

この日は週末ながら午後3時頃の来店ということで、一番客足が少なくなる頃合いだったと思うのですが、店内は店員さんからの活気で賑やかな雰囲気を保っていました。内地で実績のあるラーメン店ということもあるのでしょうが、しっかりお店からも満足感を頂ける良店だと思います。いくつかの品目を頂きましたが、色々な方向性(流行の?)のものを、一店舗で気軽に頂けるのも良いですね。既に頼んだ品目の方も、お好みで細かいカスタマイズも可能ですので、麺の太さなどの変更によって、また全然違った味わいにもなりそうです。次回来店の際は、サイドメニューからの注文も忘れずに行いたいものです。

沖縄 ラーメン 城南らーめん紫龍 つけ麺 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市金城5-2-6 S・T PLAZAビル1-C
電話:098-996-1746
営業時間:11:00-スープ終了まで
定休日:無休
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/770-4dcd5adb