スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中華居食家 中元 「チャーシュー麺」

沖縄 ラーメン 中元 チャーシュー麺 1

那覇市曙の「中華居食家 中元」へ行って来ました。
こちらは去年の4月以来の訪問ですので、ずいぶんと久しぶりになりますね。前回訪れた時は一風変わった「タンタンめん」を注文したのですが、お店のアットホームな雰囲気と共に、とても味わい深く頂いたのでした。元々居酒屋の要素が強いお店ではあったのですが、現在はランチ営業をやめて、完全にそちら側へシフトしたようですね。年配のご夫婦でお店を切り盛りされていましたので、その方が無理のでない営業形態なのかもしれません。また、近隣はなにげなくラーメン店が集中している地域でもあります(実はこの日もハシゴラーメンだったりします(^_^;))。お店には、開店時間となる午後6時過ぎに入店となりました。

本文とは関係のない余談です。
少し前に話題になっていたのですが、総務省がまとめた都道府県別(大都市集計)のラーメン外食消費のランキングが発表されていましたね。内容的にはちょっと意外性があって、沖縄そば文化の根強い沖縄は最下位近辺と思いきや、かなり頑張っていて36位でした。那覇市での集計となっているため、確かにラーメン店の新規出店の勢いなどから、順位が上がっているのかもしれません。また最下位(51位)なのが意外にも、大阪市とのことです。たこ焼きなどの粉もん文化が強く、集計を取るとラーメンの比率はぐんと下がってしまうようでした。さて上位ですが、東北勢がずらりと名前を並べ、1位はこれまた意外に感じる山形市なのだそう。市町村単位といえるほど、細かくご当地ラーメンがあるようですね。またラーメンは特別な“ごちそう”という認識でもあるのだそうです。ラーメンに対するお土地柄などが見えて、なかなか興味深いニュースでありました。

沖縄 ラーメン 中元 チャーシュー麺 2

「中華居食家 中元」のメニューです。
前回訪れた時はランチタイムの営業メニューも兼ねたものだったのですが、現在は夜間の居酒屋メニューに統一されています。そのため、定食類の項目が無くなっていますね(当時は200円引きで単品提供となっていましたが、それらの品目は健在です)。裏面にも炒めものやおつまみ類、アルコールなどが記されています。ラーメンメニューもかなり充実していたのですが、現在は後から消されたらしい部分を含め、6種類となっています(以前は11種類)。それでも居酒屋での提供と考えましたら、充分な品揃えとなるのでしょう。「タンタン麺(600円)」も残っていますが、評判の良い品目だったのかもしれません。さて今回の注文なのですが、「チャーシュー麺(600円)」をお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン 中元 チャーシュー麺 3

待っている間に店内の様子を写してみました。
カウンター席側からの撮影なのですが、お店は開いたばかりということもあり、まだ他にお客さんは入っていない状況です。前回訪れた時は午後9時頃でしたので、お酒を頂いている常連さんらしき方々で賑わっていました。先述のとおり年配のご夫婦お二人で営業をされているのですが、この時は早い時間帯ということもあってか、厨房を担当されている店主おひとりとなっていました。確かフロアを見ているおばちゃんがいい味を出していたのでした(笑) 寡黙な店主とお二人で、どこか居心地の良い雰囲気を醸し出していたかと思います。

沖縄 ラーメン 中元 チャーシュー麺 4

程なくして運ばれた「チャーシュー麺」です。
ベースはレギュラーの「醤油ラーメン(550円)」らしく、麺の上には盛りだくさんの具材が載せられています。三枚肉のチャーシューにわかめ、水菜に半玉、それになるとが2枚添えられています。スープ表面には白ネギが浮いていますね。水菜は以前頂いた「タンタンめん」にも載せられていましたし、こちらでは基本となるような具材なのかもしれません。卓上にはカバーの付いた容器に、各種調味料類が揃えられていました。

沖縄 ラーメン 中元 チャーシュー麺 5

「チャーシュー麺」の麺ですが、中細のストレートのもの。やや柔らかめの茹で加減ですが、お店的にはちょうど良い作りなのでしょうね。その麺に絡む透明度の高いスープですが、あっさりとした醤油味となっています。麺やスープとも、素朴でどこか懐かしい作りの一杯でした。具材のチャーシューは脂が綺麗に抜けていて、程よい厚みと共に、食べ応えのあるものとなっています。水菜のしゃきしゃき感も良いアクセントになっていました。たっぷりな具材入りで600円でしたら、充分以上にお手頃な価格と言えるでしょうね。豊富な具材に麺とスープを合間に口にしつつ、最後はスープの一滴も残さず完食です。

営業形態が変わってしまったため、ラーメン単品の注文ではちょっと寄りにくくなったかもしれませんね(^_^;) 以前はランチタイムのみでしたが、ラーメンセットも提供されていたのですが、現在は定食などのお食事メニューなども無くなっています。前回訪れた際にも書いた覚えがあるのですが、次回の機会がありましたら、お酒込みでの来店も良いですね。飲んだ後にそのまま締めの一杯が頂けるは、お酒好きのラーメン好きとしては嬉しいものです(笑)

沖縄 ラーメン 中元 チャーシュー麺 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市曙3-4-8
電話:098-863-3225
営業時間:18:00-翌1:00
定休日:日曜日
駐車場:無し

中華居食家中元中華料理 / 古島駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/768-c02967f2










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。