スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

めん処 夢ノ弥 「つけめん」

沖縄 ラーメン 夢ノ弥 つけめん 1

那覇市古島の「めん処 夢ノ弥(ゆめのや、と読みます)」へ行って来ました。
前回ブログ記事からの続きとなります。「夢ノ弥」は9月3日(月)にオープンしたばかりのお店で、初日に訪れて、まずは「塩ラーメン」を頂いたのでした。扱っている品目がラーメンとつけ麺ということで、せっかくの来店ですので、続けて「つけめん(750円)」も試してみることにしたのでした。お店は、つけ麺の専門店として県内で人気店となる「三竹寿」の近くの立地となり、同様につけ麺も扱っている以上、ある程度は意識された提供品目にならざるを得ないと思います。どのような内容なのか、楽しみにしながらの追加注文となりました。

沖縄 ラーメン 夢ノ弥 つけめん 2

「めん処 夢ノ弥」のメニューです。
取り扱いはつけ麺と塩ラーメンの二品目(「あつもり」を含むと三品目)となり、追加トッピング類やサイドのご飯物なども充実しています。まだオープンしたばかりですので、提供内容もこれからお客さんの要望等に合わせ、変わっていくのかもしれませんね。前回頂いた「塩ラーメン」なのですが、鶏を中心にした、口当たりの優しいあっさり系統のラーメンでした。お品書きを見る限りは、つけ麺の方もラーメンと同系統の構成となっているように見えます。そうそう、具材の内容もメニュー表には記されていますが、玉ねぎの代わりになぜか記されていない焼き豆腐が入っていました。標準でいなりやお漬物が付いていたりなど、「夢ノ弥」ならではの個性と共に、コストパフォーマンスの高さを感じさせる一杯となっていました。

沖縄 ラーメン 夢ノ弥 つけめん 3

カウンター上部の様子です。
お店はカウンター席と、その背後にテーブル席ふたつが用意されているのですが、カウンター席の縦幅はかなり狭くなっています。お箸やレンゲなどの食器類、また調味料などは、すべてこちらのカウンター上部に揃えられています。つけ麺用の割りスープも、ポットの中に初めから用意されていますね。ちなみに調味料類の内訳は、一味唐辛子にペッパー、白い器には魚粉が入っているようでした。前回ラーメンを頂いた時にはどちらも利用しませんでしたが、なんとなくつけ麺用として置かれているものかと捉えていました。

沖縄 ラーメン 夢ノ弥 つけめん 4

程なくして運ばれた「つけめん」です。
メニュー表に書かれた内容から予想はしていたのですが、「塩ラーメン」の構成と同じものになっていますね。全く別の品目ではなく、提供されているラーメンのつけ麺バージョンといった印象です(といいますかメイン品目はつけ麺のようですので、例えるなら逆の言い方が正しいでしょうか)。麺が入っている器には、具材として鶏団子にメンマ、カイワレに焼き豆腐が入っています。岩のりはつけ汁の方に入っていますね。つけ汁の表面には魚粉も浮かせているようでした。

沖縄 ラーメン 夢ノ弥 つけめん 5

「つけめん」の麺ですが、太めのストレートのもの。太めとは書きましたが、最近のつけ麺としてはやや径が細めの部類に入りそうです。色合いや粒状の模様が見えることから、こちらは全粒粉を使った麺になるでしょうか。その麺に絡むつけ汁ですが、ラーメンと同じく鶏を中心に仕上げたもののようです。表面には魚粉が浮いており、より魚介系の風味が前面出た作りになっていました。油分も結構あるものの、基本はラーメン同様、優しい口当たりのつけ汁でした。お品書きの方には『つけめんを召し上がる方へ スープが濃いと感じる方は、「割りスープ」で味の調整ができます』と書かれているのですが、特に必要性は感じませんでした。むしろ食べ進める内に、麺に残った水分でつけ汁が薄めに感じて来たような……。個人的にはもう少し濃厚さを前面に出して、ラーメンとの差別化も図った方がインパクトがあったように思います。あまったスープにご飯を入れて、おじや風に食べることも勧められているのですが、こちらはちょっと厳しそうでした。ちなみに魚粉を始めとした調味料類や割りスープ(こちらも魚介風味)は、カウンター上部側に置かれていますので、色々と調整は可能となっています。具材の鶏団子や焼き豆腐を交えつつ麺を食べ尽くし、最後はつけ汁の一滴も残さず完食です。

初日にラーメンとつけ麺の両方を頂いたのですが、印象に強く残ったのは前者の方になるでしょうか。いなりが標準で付いていたりとか、面白い仕掛けもありましたしね。ただ最初に頂いたのが「塩ラーメン」の方でしたので、それが影響している部分があるのかも。そうそう、つけ麺のつけ汁の方にもアサリの身が底の方にありました。魚介風味の塩だれがそうして加えられているのかもしれませんね。さてオープンしたばかりの「夢ノ弥」ですが、これからお客さんが実際に入ってくることで、色々と変化もみせてくれそうです。近隣の「三竹寿」と共に、人気店になっていったら良いですね。今後の営業展開に期待しています。

沖縄 ラーメン 夢ノ弥 つけめん 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市古島1-4-11
電話:不明
営業時間:11:30-21:30
定休日:不明
駐車場:有り

関連記事

つけめん初食

近くまで行ったので、つけめん食べてきました。
すごく美味しかったです。
トッピングのチャーシュー、とり団子もスープにバッチリ合ってました。
次はあつもりで、あったかく食べよかな。
[ 2012/10/15 01:36 ] [ 編集 ]

>通りすがりさん
こんにちはー。
夢ノ弥はオープン直後に訪れて以来なので、
結構変化をみせているかもしれません。
美味しかったようですので、自分もそう遠くない
内に再訪しなければなりませんね。

書き込みありがとうございました(^_^)
[ 2012/10/16 06:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/755-5048db86










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。