スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

めん処 夢ノ弥 「塩ラーメン」

沖縄 ラーメン 夢ノ弥 塩ラーメン 1

那覇市古島の「めん処 夢ノ弥(ゆめのや、と読みます)」へ行って来ました。
こちらは本日(9月3日(月))オープンのお店ですね。開店の直前になって、「三竹寿」の近くに新しいラーメン店が出来るらしいとの噂を聞き、初日に訪れてみました。明確な場所は判らなかったので、とりあえず三竹寿へ向かったのですが、一度うっかりお店の前を通り過ぎてしまいました(^_^;) 良く見たら開店祝いのお花がたくさん飾られているのですが、それが無かったらちょっと外装としては目立たないかも……。ラーメンののぼりがあれば一発なのですが(笑) 駐車場は道路を挟んで斜め向かい側(三竹寿寄り方向)に、5台分が用意されていますね。人気店である「三竹寿」とは距離的に近く、新規のラーメン店としてはなかなか挑戦的かもしれません(^_^;) お店には、午後6時過ぎに入店となりました。

沖縄 ラーメン 夢ノ弥 塩ラーメン 2

「めん処 夢ノ弥」のメニューです。
取り扱いはつけ麺(あつもり含む)と塩ラーメンの二(三)品目になるようです。筆頭には「つけめん(750円)」が記されており、いよいよ「三竹寿」さんと競合されている様子が伺えます(いえ、別に煽っているわけでは(^_^;))。その他豊富なトッピングや、ご飯物も開店直後ながら充実されているようですね。さて注文の方ですが、「塩ラーメン(650円)」をお願いすることにしました。こちらは最近の新店としては珍しい方でしょうか、券売機方式ではなく、直接店員さんに注文を頼む方式となっています。

沖縄 ラーメン 夢ノ弥 塩ラーメン 3

待っている間に店内の様子を写してみました。
お店は入り口から縦に奥行きがあり、カウンター席の背後にはテーブル席が二つ用意されていました。カウンターの縦幅は結構せまく、お箸や調味料などは、カウンターの上部に置かれています。代わりに厨房側は、ゆったり広めにスペースが取られていました。オープン初日のこの日は、店員さんが3名(4名だったかな?)と、フロアの女性の方1名で切り盛りをされていました。

沖縄 ラーメン 夢ノ弥 塩ラーメン 4

程なくして運ばれた「塩ラーメン」です。
メニュー表には「いなり(80円)」も用意されているのですが、塩ラーメンに標準で付いているようです。これはちょっと珍しいですね。小皿の漬け物も、標準仕様になるようです。さて「塩ラーメン」ですが、やや黄色みがかかった白濁したスープに、具材として岩のりにメンマ、カイワレに鶏団子が入っていました。メニュー表には玉ねぎも書かれており、実際にトッピングにも50円にて用意されているのですが、こちらはほとんど感じられず、記載されていなかった焼き目が入った豆腐が載せられていました。具材の構成などの時点で、かなり個性を感じさせるラーメンですね。

沖縄 ラーメン 夢ノ弥 塩ラーメン 5

「塩ラーメン」の麺ですが、中細のちぢれが入ったもの。スープとの絡みも良く、つるっと喉ごしの良い麺となっています。その麺に絡むスープですが、鶏を使った白湯風な作りでしょうか、やや粘度はあるものの、ごくあっさりとした仕上がりとなっていました。軽く魚介も入っているでしょうか、塩ラーメンとはいうものの、塩分濃度も強くはありませんでした。優しい口当たりのラーメンですね。具材の鶏団子が結構ボリュームがあり、また全体のなかで一番主張の強いものとなっています。また面白いのが焼き豆腐ですね。メニュー表にも記載されていなかったのですが、急遽追加することとなった具材なのでしょうか? 岩のりのやや固めの食感も面白いのですが、こちらの優しい作りのラーメンには、柔めの海苔でも合っていたかも。アーサとかでは、今ではややありがちになっちゃうのかな(^_^;) 具材と麺を交互に口に運び、最後はスープの一滴も残さず完食です。底の方には殻無しで、アサリの身が数個入っていたようでした。

沖縄 ラーメン 夢ノ弥 塩ラーメン 6

セットで付いている、いなりと漬け物を写してみました。
単品の「いなり(80円)」と同じ大きさなのか判りませんが、標準でご飯物が付いているのは珍しく、また個人的にもとても嬉しいです(漬け物付きも(笑))。「白米(50円)」も安価で提供されていますが、ラーメン自体はあっさり系統ですので、相性としてはいなりの方が良さそうです。当初からラーメンとセットということで、コストパフォーマンスといいますか、満足感の高い一杯ですね。

はい、当ブログにお越し頂いている方にはもう想像がつくとは思いますが(笑)、せっかくの来店ですので、「つけめん(750円)」の方もお願いしてみることにしました。二杯分を頂くということで、「大盛り(100円)」やご飯物の注文は控えていたのですが、いなり付きだったのは嬉しい誤算です(^_^;) 夕方の早い時間帯での訪問でしたので、食事時の来店状況は判りませんが、一般のお客さんに口コミで広まって行くのはこれからでしょうね。メニューの筆頭に記されているつけ麺が運ばれるのを楽しみにしつつ、次回へと続きます。

沖縄 ラーメン 夢ノ弥 塩ラーメン 7

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市古島1-4-11
電話:不明
営業時間:11:30-21:30
定休日:不明
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/754-35c5ac5b










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。