スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

武蔵家 「モチモチいったんも麺とスパイシーあぐー麺」

沖縄 ラーメン 武蔵家 あぐー麺 1

那覇市金城の「武蔵家」へ行って行きました。
8月1日より始まった「順番で限定でvol.2」イベントも二回り目、8月15日(水)から8月28日(火)までの期間に提供される限定麺を頂くための来店です。「武蔵家」とは別に、同期間内に提供されているもう一店舗は、「麺や偶 もとなり」となっています。前回のブログ記事にてご紹介しました。事前情報などが一切なく、初日に訪問したのですが、その方が提供されるまでのワクワク感をも味わうことが出来ますね。当の発信者本人が書いてしまうのもなんですが、いまはネット等が発達しているため、あっという間に情報が伝わってしまいます。もちろんメリットが大きいことなのですが、必要以上に情報過多になってしまうことも(^_^;) さて今回の「武蔵家」ですが、実は同じく提供初日の夜間に訪れることとなりました。お店には、午後9時頃の入店です。

沖縄 ラーメン 武蔵家 あぐー麺 2

「武蔵家」の券売機です。
前回の一日のみの限定麺だった「濃厚煮干し豚骨ラーメン」と同様に、中央に大きく限定麺用の品目名が記されていますね。実際に購入するためのボタンは、向かって左端のみとなっています(笑) また券売機横には、「順番で限定でvol.2」の告知ポスターもしっかりと貼られていました。元々本イベントは、“武蔵家グループ”内にて開催が始まった経緯があります。そういった意味では、早くも本家本元店の登場といったところですね。さて今回の注文ですが、もちろんお目当ての「モチモチいったんも麺とスパイシーあぐー麺(700円)」をお願いすることにしました。それとセルフで盛り放題となる、「ライス(100円)」も追加で購入しました。

沖縄 ラーメン 武蔵家 あぐー麺 3

カウンター席側に貼られていた、限定麺の告知ポスターです。
説明書きには『トルコ料理のケバブの調理器で今回焼き上げるのは、「我那覇畜産のあぐー」 トゥルトゥルのいったんも麺は幅約3㎝の「与那覇製麺の特注麺」 スープは今回限定オリジナル、鶏と煮干しをメインに冷え冷えのコールドスープです』と書かれていました。席に座った時点で気付いたのですが、どうも冷製麺らしいこと。うーん、ライスを注文してしまったのですが、相性は普通でしたら良くないはずです(^_^;) 後程、券売機の画像を見ましたら、「冷製」の文字がきちんと記されていましたね。そうそう、価格設定がどうも当初の750円から700円に変更になったようですが、勝手な推察をしてしまうと、これは「もとなり」側限定麺の価格設定に合わせたのではないでしょうか? 前回のイベントでは750円の提供価格で統一されていましたので、当初はその範囲で商品開発を進めていたのではないかと思われます。形式上なのでしょうが、対戦方式の表記も取られていますし、燃えるものがあるのでしょうね(笑)

沖縄 ラーメン 武蔵家 あぐー麺 4

程なくして運ばれた「モチモチいったんも麺とスパイシーあぐー麺」です。
うーむ、冷製スープということは理解しましたが、こちらはどうも麺は“いったんも麺”のみで構成されているのでしょうか?(^_^;) 「いったんも麺」は漢字で書きますと「一反藻麺」と書きまして、アーサが練り込まれた麺となっています。武蔵家ではそのまま、トッピングのように100円で販売もされていますね。「パーラームサシヤ」時代からのお馴染みの麺なのですが、どちらかというと具材のようなワンポイントの扱いでしたので、一杯のなかで麺そのものとして入っていたことは、ちょっとびっくりです。一緒に頼んだライスですが、この日の無料トッピングはごましおとおしんこのみで、前回訪れた時にあった「ナルトのピリ辛炒め」が無かったのはちょっと残念でした。来店が遅かったので、調理が必要な後者のトッピングは品切れしたのかもしれませんね。

沖縄 ラーメン 武蔵家 あぐー麺 5

「モチモチいったんも麺とスパイシーあぐー麺」の麺ですが(しかし長い名称です。略しにくいですし(^_^;))、表面は滑らかで、とても幅広い平打ちのものとなっています。説明書きでは約3㎝はあるようですね。間違いなく、県内一(全国一?)幅広の麺となっていることでしょう(^_^;) 以前はアーサが練り込まれているということで、もっと緑色が強かった時期もあるのですが、そういった色合いは抑えられているようです。ひらがな表記に変えているのは何か意味があるのでしょうか? 名称どおりに、もちもちとした食べ応えのある麺となっています。その麺に絡むスープですが、鶏と煮干しをメインして作られたものとのこと。冷製ということで、きっちりと冷やされたスープとなっています。魚介の風味が漂い、塩梅はかなり強めですね。具材には、我那覇畜産というあぐー肉にネギ、細かく切られたキャベツに人参、木耳などが入っていました。たっぷりの香辛料が振り掛けられており、こちらも名称どおりにスパイシーな作りとなっています。冷製スープということでライスとの相性を心配したのですが、ケバブの調理器で焼き上げたという、柔らかなあぐー肉におかげで、がっつりと頂くことが出来ました。

ふつうに温かいスープのラーメンだと思っていたので、やはり驚きはありました。「破壊」というテーマ上、やはりそういった要素が含まれるものなのでしょうね(^_^;) そう考えますと、やはり事前情報からの先入観は持たない方がイベント自体を楽しめそうです。三周目以降の限定麺も、出来るだけ提供日から早い段階で頂くことにしましょう(笑) 今回の限定麺ですが、自分は夜間に注文したのですが、陽射しが強く気温の高いランチタイムなどに頂くと、また印象が変わりそうな一杯でした。限定麺イベントも中盤に差し掛かりましたが、もれなく廻れるようにしたいですね。

沖縄 ラーメン 武蔵家 あぐー麺 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市金城5-7-12
電話:不明
営業時間:11:00-22:00
定休日:月曜日
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/736-343dddfe










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。