スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

麺道 くろとん 「KING G麺」

沖縄 ラーメン 麺道くろとん KING G麺 1

南風原町津嘉山の「麺道 くろとん」へ行って来ました。
こちらは6月中旬に訪れていますので、ちょうど2ヶ月ぶりの来店になりますね。“二郎インスパイア系”ともいえる、がっつり系統のラーメンを提供されているのですが、味のまとまり具合などは優しい作りとなっていて、一般のお客さんにも広く受け容れられているようです。開業の早い段階から、お客さんで賑わう人気店となっていました。接客などの評判も良いようで、お店が目指している方向性が、上手くお客さん側とマッチしている印象ですね。最近になって提供品目などが増えているとのことで、どのような変化があるか楽しみにしての訪問となりました。お店には、夜の部開始となる午後6時過ぎに入店です。

沖縄 ラーメン 麺道くろとん KING G麺 2

「麺道 くろとん」の券売機です。
前回訪れた時と比べ、随分と提供品目が追加されていました。基本の『G麺・魚介G麺・つけ麺(塩)』は、もちろん引き続き販売されていますが、新しく“全部のせ”にあたるような品目が、それぞれ980円の価格設定で加わっていますね。名称は順に、『KING G麺・魚介G麺 MAX・つけ麺 SPECIAL』となっていました。また標準価格から100円下げて、“レディースサイズ”のラーメンも設けられています(ついでにいうと「大盛り(100円)」より上の「特盛麺増し(200円)」も追加されていますね)。バリエーションの追加はラーメン類だけではなく、沖縄そば類のラインナップでも増え、「魚介つけすば(750円)」など興味深い品目も追加されていました。品目の追加は食事類だけではなく、「ぜんざい(300円)」などのデザート類も、5種類揃えられていました。うーん、何やらもの凄い急激な変化です(^_^;) こちらは去年の12月にオープンされているのですが、充分に準備期間をかけての品目追加ということなのでしょうか? さて今回の注文なのですが、「KING G麺(980円)」に「ライス(100円)」をお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン 麺道くろとん KING G麺 3

もうひとつの大きな変化ですね、「お好み表」が卓上に掲示されていました。
これまでもにんにくの有無は注文時に訊かれていたのですが、『味の濃淡・脂の量・麺の硬軟・にんにくの分量』などが段階的に選べるようになっています。想定していなかったので、カウンター席に座ってから、慌てて『あじ(普)・あぶら(普)・めん(硬)・にんにく(多)』でカスタマイズをさせて貰いました。にんにくは以前からもう少し効いていたら、と感じていたので嬉しいところです。麺は食感の変化を求めて、味と脂については今回は様子見で、普通にさせて貰いました。どうもこの「お好み表」は、前回自分が訪れた直後頃に用意されたもののようですね。

沖縄 ラーメン 麺道くろとん KING G麺 4

更に、卓上に用意されていた告知等です。
現段階でも品目が増えているのですが、更に新しいメニューを開発中のようです。「異国カレーつけ麺」と名付けるようで、11種類のスパイスと6つの素材で作られる、カレーつけ麺になるようです。券売機には「限定カレーつけ麺(800円)」という項目が用意されていましたね。また先ほどもちょっと触れた、「ぜんざい」の詳しいメニュー表も置かれていました。食後に改めて追加注文する方もいるでしょうし、別腹として女性に喜ばれそうな新商品です。卓上にはこれまでどおり、小判型の画像入りメニュー表も用意されていましたが、現在のラインナップからはかなり異なる内容になってしまいました。それでも基本の品目を席上で確認出来るのは、良い方式だと思います。

沖縄 ラーメン 麺道くろとん KING G麺 5

程なくして運ばれた「KING G麺」です。
そうそう、書き忘れていましたが「野菜増し」の無料サービスは健在で、しっかりお願いをしています。さてこちらの「KING G麺(980円)」の構成ですが、『味玉・のり・ねぎ・肉増し』が増されている形となっています。別途用意されているトッピングの価格設定は、「肉増し」のみ150円であとは100円となっていますので、その分の合計で450円となり、通常の「G麺(680円)」との価格差300円から考えますと、150円はお得な計算になりますね。無料の野菜増しサービスもお願いしていることもあり、かなりのがっつりな盛り具合となっています(^_^;) 

沖縄 ラーメン 麺道くろとん KING G麺 6

「KING G麺」の麺ですが、太めのちぢれが入ったもの。オーション粉が使われているそうで、わしわしと噛み応えのある麺となっています。今回は硬めの茹で加減でお願いをしていますので、いつもより麺がはねているように見えますね。食べやすさを優先するのでしたら、元より弾力感のある麺ですので、普通の茹で加減でも良いかも。その麺に絡むスープですが、こちらが結構印象が変わっていました。元々、穏やかな味わいの豚骨醤油だったのですが、それでも乳化して白濁の入ったスープだったのが、やや透明度のある醤油の色合いが前面に出た作りになっていたように思います。今回はたまたまだったのでしょうか? にんにくもそれほど効いてなく、口当たりの柔らかな仕上がりとなっていました。具材のチャーシュー(5枚入りだったかな?)にたっぷりもやしにキャベツ、そして海苔などは、麺はもちろんライスとの相性も良く、とても美味しく食べ進めることが出来ました。味玉も彩りを添えています。といいますか、途中でライスが足りなくなってしまいましたね(しまった、「くろとんめし」を作るべきでした(^_^;))。この日は麺大盛りにはしなかったのですが、「KING G麺」の名称のとおり、がっつり貫禄のある食べ応えの一杯でした。最後は、スープの一滴も残さず完食です。

取り扱い品目が随分と増え、更にはラーメンのカスタマイズまで受け付けるようになったのですが、店員さんはしっかりてきぱきと応対をされていました。夜の部の早い段階での来店でしたので、混雑まではしていませんでしたが、お客さんが増えたらかなり大変なはずですよね。お店のサービス精神というか、攻めの姿勢が伺えてとても好感が持てました。今回こそ“つけ麺”の注文を考えていたのですが、また次回に持ち越しのようです(笑) 提供品目も増えたことですし、またそう遠く無い内に訪れることになりそうです。

沖縄 ラーメン 麺道くろとん KING G麺 7

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県南風原町津嘉山1734-4
電話:098-888-0271
営業時間:11:30-15:00 18:00-24:00(日曜日は通し営業で22:00まで)
定休日:月曜日
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/734-75488efe










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。