スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いぶし銀次郎 小禄本舗 「特製つけめん」

沖縄 ラーメン いぶし銀次郎 特製つけ麺 1

那覇市赤嶺の「いぶし銀次郎 小禄本舗」へ行って来ました。
こちらは居酒屋になります。口コミなどで話題になっているお店でしょうか、各店舗ともいつでも満席状態らしいですね。「みたのクリエイト」さんが展開している、県内の居酒屋チェーン店になり、当ブログでは以前に同じ系列となる、豊見城市の「産地直送卸問屋 仲買マーケット 直営食堂」を紹介したことがあります。詳しいところは判りませんが、そこは日本各地からの産地直送食材の店舗中継点にもなっているらしく、取り扱い食材の新鮮さが売りにもなっているようです。今回改めて当ブログにて取り上げるのは、もちろん「ラーメン店的品目」を扱っているからなのですが、訪れたのはそれを意識してのことではなく、たまたまメニューに掲載されているのを発見してのことです(^_^;) お店には、午後8時過ぎの入店となりました。

沖縄 ラーメン いぶし銀次郎 特製つけ麺 2

どーんと、大皿に盛られているサラダです。
これはメニューにある品目ではなくて、「お通し」にあたるものとなっています。自分で自由に取れるサラダバーのような方式で、それがそのままお通しに当たるのだそう。野菜も昨今は高いですし、お得感もあって、女性に人気がでそうな面白いスタイルになっていますね。もちろん、お代わりすることも可とのこと。ちなみに入店から1時間はジョッキ生が190円とのことで、この時点にて、さっそく頂いております(^_^;)

沖縄 ラーメン いぶし銀次郎 特製つけ麺 3

「いぶし銀次郎」のメニューです。
“日本列島各地より直送”が売りということで、海産物が特に充実しているようです。メニュー上部中央に名物と掲載されている、「鮮魚5点盛り(500円)」が、特にお店の目玉品目となるでしょうか。500円という安価な設定ながら、新鮮な魚介類が小箱に綺麗に盛り付けられています。その他には栃木県産米を使った炒飯などの飯物、神奈川産の黒毛和牛なども扱っていました。もちろん、地産地消ということで、沖縄県産の厳選食材を使った品目も多数用意されています。さて今回の注文ですが、画像の右下で切れて写っている(笑)、「特製つけめん(680円)」をお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン いぶし銀次郎 特製つけ麺 4

先述の「鮮魚5点盛り(500円)」を注文してみました(居酒屋紹介が続いてます(^_^;))。
鮮魚盛りについては2ヶ月分の内容が記された、週替わりの別途専用のメニューも用意されています。この週の提供内容は「久米島産活車海老入り お刺身小箱盛り」になるのだそう。メニューでは「北海オホーツク産生バフンウニ」など、画像入りで詳しく説明がされていますね。週替わりということもあり、毎週訪れて必ず注文するお客さんも多そうです。ちなみに残りの3点は、メジナ・マグロ・カンパチとなっていました。

沖縄 ラーメン いぶし銀次郎 特製つけ麺 5

待っている間に店内の様子も写してみました。
2階のテーブル席から撮影しています。大部分は吹き抜けとなっていて、照明は明るくお客さんで賑わっていて、活気がありますね。2階側へは狭い階段を昇らないといけないので、店員さんもちょっと大変かも。注文を受ける際には、なにかスマートフォンのような機械を使っていたようです。新進の居酒屋だけあってハイテクですね(よく判ってませんが笑)

沖縄 ラーメン いぶし銀次郎 特製つけ麺 6

程なくして運ばれた「特製つけめん」です。
メニュー表にはかっこ書きで、「製麺所直送と特製鶏ゆずだれ」と注釈が付いていました。“産地直送”がお店のアピールポイントなのは判りますが、製麺所からはふつうはどこも経由しないんじゃ……(^_^;) と最初は思ったのですが、出来合いのものではなく、「特製つけめん」専用の麺を使っているということなのでしょうね。その麺ですが、中細のややひねりが入ったもの。やや固めの茹で加減で、角のあるくっきりとした食感のものでした。その麺に絡むつけ汁ですが、鶏だしのあっさりとした作りとなっています。ゆずも入っていて、さっぱり系統の作りですね。具材には焼き鶏にミョウガ、カイワレなどとなっていました。麺の表面にはゴマが散らされています。どちらかというとゆずより、ミョウガが味のアクセントになっていたようでした。さっぱりつけ汁ということもあり、ぺろりと完食です。ちなみに、「替え玉(100円)」の設定もしっかりとあるようです。

実は「いぶし銀次郎」にはこの日が初来店ではなく、ちょっと前にも訪れて「特製つけめん」を頂いているのですよね。記事にする前に再度来店する機会があり、画像も綺麗に揃ったこともあって、今回アップすることとなりました。前回訪れた時とは微妙に仕様が変わっていたので、改めて記事にすることもあるかもしれません。つけ麺自体はごくあっさりとした作りではありましたが、お店自体からはとても満足感を頂きました(居酒屋としてではありますが(^_^;))。やはり賑わうお店というのは、それぞれ理由があるものですね。次回来店は、また別の「ラーメン的品目を扱っているお店」を探すことになりそうで、少なくともしばらくは先になりそうです(笑)

沖縄 ラーメン いぶし銀次郎 特製つけ麺 7

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市赤嶺1-3-6
電話:098-851-4275
営業時間:17:00-翌2:00
定休日:無休
駐車場:有り

産地直送仲買人いぶし銀次郎 小禄本舗魚介・海鮮料理 / 赤嶺駅小禄駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/732-7047b15b










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。