ラーメン ゆいま~る 人: 「トマトdeデルピエロ」

沖縄 ラーメン ゆいま~る人: トマトdeデルピエロ 1

(※「かめ家」の二杯目の記事は、後日掲載とします)
沖縄市安慶田の「ゆいま~る 人:(ゆいま~るじん、と読みます)」へ行って来ました。
こちらへは、グランドオープン初日(4月17日)に訪れて以来の来店となります。その際は、お店の主力品目となる「白とん」と、「魚介つけ麺」の二品を頂きました。最近では西原町の「麺処 鍵」とのコラボラーメンが記憶に新しいところです。さて久しぶりに訪れたのには理由がありまして、去年、武蔵家グループにて開催された限定麺のイベント、「順番で、限定で、、、vol.1」の第二弾が開催され、そちらのトップバッターとして「ゆいま~る 人:」が参加されると聞いての来店です。ここ最近の「ゆいま~る人:」さんは、県内のラーメン店と絡む積極的なイベント参加が見られますね。お店には、午後12時半過ぎの入店となりました。

沖縄 ラーメン ゆいま~る人: トマトdeデルピエロ 2

店内に掲示されていた「順番で限定でvol.2」の貼り紙です。
本日(8月1日)より開催され、二週間ごとに2店舗が限定麺を提供される形になるようです。今回も告知状況は充分とは言えないとは思いますが、第一回目は最初の提供品目の期間が2日間という短さの上に、奥武島のお店(パーラームサシヤ(現在閉店))という参加の厳しい条件だったのですよね(^_^;) そう考えますと、丸二週間という期間は充分なものだと思います。そして今回の限定麺のテーマですが、前回の判りやすい「COOL」に比べて、「破壊」という幾分抽象的なテーマとなっています。お店それぞれの解釈も含めて、どのような提供内容になるのか、期待をしたいところですね。さて今回の注文なのですが、もちろんお目当ての「トマトdeデルピエロ(850円)」をお願いすることにしました。この段階では普通にラーメンだと思っていたのですが、どうもつけ麺らしく、麺の分量を200gか300gのどちらにするのかを聞かれました。当然のように、迷わず300gでお願いをしました(笑)

沖縄 ラーメン ゆいま~る人: トマトdeデルピエロ 3

待っている間に、店内のボードを撮影してみました。
店名となる「ゆいま~る 人:」のテーマ(?)を掲げているようですね。現在の状況はよく判らないのですが、夜間は居酒屋のテイストを含んだ営業形態にもなっており、お店の目指す賑わいを見せていると思われます。ところで当ブログの以前の記事では、「ゆいま~る 人」と表記していたのですが、どうも「人」の後にある、『:』にこだわりがあるようです。謹んで表記の訂正をさせて頂きます(^_^;)

沖縄 ラーメン ゆいま~る人: トマトdeデルピエロ 4 

しばらくして運ばれた「トマトdeデルピエロ」です。
お昼時ということもあって店内はお客さんで賑わっており、ちょっと待つこととなりました。ただお客さんの様子を見る限りは、ごく一般のランチで日常的に利用されている方々のようで、もしかしたら本日最初の提供品で、ちょっと手間取ってしまったのかもしれません(^_^;) 実際のところ「順番で限定でvol.2」の貼り紙はされていたものの、お店自身はそう積極的にアピールをされている訳でもなく、頼んでみるまではどのような品目かも見当がつきませんでした(レギュラーメニューのように、品目の画像や価格の提示はありません)。運ばれた「トマトdeデルピエロ」は、期間限定らしい、別皿でトッピング類が用意された特別仕様のものとなっているようです。

沖縄 ラーメン ゆいま~る人: トマトdeデルピエロ 5

「トマトdeデルピエロ」の麺ですが、中細のほぼストレートのもの。冷水でしっかりと締められ、口中での弾力感が心地良い麺となっています。麺の器には水菜と海苔が載せられており、涼やかな盛り付けでもありました。その麺に絡む温かいつけ汁ですが、魚介の風味にトマトの酸味が加えられたもののようです。トマトの主張はそこまで強くなく、元々のベースは「魚介つけ麺」になるのでしょうか、つけ汁のなかで綺麗に融和が図られていました。魚介の濃度感に、トマトのさっぱりとした後味が加えられた仕上がりとなっています。今回は300gに麺を増量しているため、中盤になる頃に別皿に用意された辛肉味噌(という言い方で良いのかな?)やメンマなどを投入してみました。やや舌が味に慣れた頃に、肉感のある新たな濃厚さが加わり、最後まで旨さのテンションを保ったまま、麺を啜り尽くしました。用意されていたかは判りませんが、スープ割も使わず、つけ汁の一滴も残さず完食です。

ブログでは先に価格の記載をしていますが、実際は精算段階まで判りませんでした。お店が余りアピールされていないのは、オペレーションがまだ安定されていないからなのか、それとも口コミの半ば隠れメニューとしての取扱いなのだからかもしれません。価格設定がやや高めにも感じるのですが、ベースとなっているであろう「魚介つけ麺(750円)」に、追加の要素を加えますと、どうしてもそうならざるを得ないかもしれませんね。個人的には、完成度のとても高い一杯だと思いました。ただテーマの「破壊」との結びつきは、ちょっと良く判らなかったですね(^_^;) さて、久しぶりに寄った「ゆいま~る 人:」ですので、正規メニューのなかの新品目らしい、「煮干らぁめん」も気になります。せっかくですので追加注文を行い、次回へと続くことにします(実際の記事掲載はちょっと間が空くことになるかもしれません)。

沖縄 ラーメン ゆいま~る人: トマトdeデルピエロ 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県沖縄市安慶田4-17-20
電話:098-933-7129
営業時間:11:30-15:30 18:00-23:00(金・土のみ深夜1時まで)
定休日:不定休
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/721-558825ef