天天有 「中華そば 鶏白湯(2)」

沖縄 ラーメン 天天有 中華そば 鶏白湯スープ 1

那覇市牧志の「天天有(てんてんゆう、と読みます)」へ行って来ました。
こちらは一昨年の11月にオープンしたお店で、個人的には去年の6月以来の来店となりました。京都では有名なラーメン店で、沖縄への出店は嬉しい出来事でありました。浦添市へ移転するという噂もちらほらと聞いていたのですが、現在も国際通りから路地へ入った立地にて、元気に営業をされているようです。目と鼻の先には、「康竜 国際通り店」が営業をされていますね。……実は今回、かなりお酒が入った状態での訪問だったため、記事にするのを迷ったのですが、次回来店の目処が見えないことから、久しぶりの紹介記事にすることとします。国際通り近辺は、目的の場所に辿り着くまでにも誘惑の多い地域ですよね(言い訳ですが(^_^;))。お店には、休日の午後11時半過ぎに入店となりました。

沖縄 ラーメン 天天有 中華そば 鶏白湯スープ 2

「天天有」のメニューです。
こちらに訪れるのは去年の6月以来ですが、メニューに変更点はないようでした。ラーメン単品と最小限のサイドメニュー、それを組み合わせたセットなど、ごくシンプルな構成となっています。スープは基本一種類で、“薄口”と“濃口”から選べるとされています。以前は「濃厚しょう油スープ」と表記されていたのですが、あくまでも別物のラーメンではなく、味付け濃淡の違いということなのでしょう。今回の注文ですが、「中華そば 鶏白湯(650円)」をお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン 天天有 中華そば 鶏白湯スープ 3

待っている間に店内の様子を写してみました。
メニュー表以外に、食べ方や、卓上に置かれている調味料類などの説明書きがずらりと並んでいます。お店の雰囲気や掲示の仕方にもよるのでしょうが、こちらでは特にくどさを感じることもなく、興味深く読みながら待たせて貰いました。調味料類については「ラーメンダレ・紅しょうが・一味・にんにく唐辛子・こしょう・酢・ラー油」となっています。お店の説明書きでは『一味を入れるとパンチが効き、コショウを入れると懐かしき味、にんにく唐辛子を入れるとやみつきになる味』と書かれています。にんんく唐辛子(ニントン)が京都ラーメンらしさを感じますね。

沖縄 ラーメン 天天有 中華そば 鶏白湯スープ 4

程なくして運ばれた「中華そば 鶏白湯」です。
具材はシンプルに、チャーシューに九条ネギ、もやしとなっています。メニュー表には「限定サービスの煮玉子入り出来ます」と書かれているのですが、さすがに閉店間際のこの時間帯では適用されなかったようです(^_^;) しかし煮玉子はトッピングとして要望の高いものだと思うのですが、あくまでもサービス品としての提供は面白いスタイルですね。煮玉子が入ると華やかさも加わりますし、特にこちらのものは美味しかった覚えがありますので、頂けなかったのはちょっと残念だったかも。

沖縄 ラーメン 天天有 中華そば 鶏白湯スープ 5

「中華そば 鶏白湯」の麺ですが、細めのストレートのもの。“京都ラーメン”として、お馴染みの仕様のものですね。“麺の固さ”については注文に応じてくれるようなのですが、今回はお店の方が提供したそのままで頂きました。いえ、こちらが注文しなかったということですね。“九条ネギ”の多めも出来るのですが、意地汚い自分が頼んでおりませんでした(^_^;) その麺に絡むスープですが、「天天有」の特徴的なややとろみのある、甘めの仕上がりとなっています。なんでも無添加にこだわり、鶏ガラのみを使用して、15時間から18時間かけて煮込み出したものだそうです。初来店の時にお店の方もおっしゃってましたが、初食ではその甘みに好き嫌いが出るかもしれませんね。そのような流れもあって、調味料の使い方などもアピールされているのかもしれません。個人的には久しぶりの「天天有」の味がどこか懐かしく、美味しく完食となりました。

沖縄 ラーメン 天天有 中華そば 鶏白湯スープ 6

最後にお店で提示されている「食べ方(鶏白湯)」を掲載します。
自分は特に意識していませんでしたが、ラーメンダレを投入することを推奨しているようにも見えますね。沖縄県民の嗜好に応じた表記なのかもしれません。さて今回は久しぶりの訪問となりましたが、次回来店はいつになるでしょうか? せっかくの京都発祥老舗ラーメン店の出店ですし、つぎの機会ではどっぷりお酒が入る前に来店したいと思います(^_^;) そうそう、限定サービスである煮玉子の提供は受けられるようにしたいですね。

沖縄 ラーメン 天天有 中華そば 鶏白湯スープ 7

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市牧志1-1-39
電話:098-863-1587
営業時間:11:00-24:00
定休日:月曜日
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/710-081dc131