サイリュウメンバ ガリュウ 「ペッパーラァメン」

沖縄 ラーメン サイリュウメンバガリュウ ペッパーラァメン 1

宜野湾市我如古の「サイリュウメンバ ガリュウ」へ行って来ました。
こちらは昨日(7月3日(火))オープンしたようですね。中城村に本拠を置く「我流家」より派生したお店で、“Dual Face Box”の名称のとおり、隣り合ったふたつの店舗の内の一店となっています。もう一店の「Vitamin とんこつ がりゅう屋」は、既に5月2日にオープン済みとなっており、こちらの店舗は6月中に開くという噂だったのですが、ほんの少し遅れて7月に営業開始となったようです。入り口は別々ですが、厨房は共通で運営されているようですね。ひと癖も二癖もある仕掛けをしてくる“我流家グループ”ですから、どのようなラーメンを提供されるか、楽しみにしての来店となりました。お店には、お昼のピークをやや過ぎた、午後1時半過ぎの入店です。

沖縄 ラーメン サイリュウメンバガリュウ ペッパーラァメン 2

「サイリュウメンバ ガリュウ」のメニューです。
我流家共通の、短冊式メニューをこちらでも採用されていました。お願いしたい品目の短冊を選んで店員さんに渡し、注文する形となります。店内は雰囲気作りのためか全体的に暗いのですが、手元に光が来るように照明がセットされており、品目表などが見えづらいということはありませんでした。さて注文の方ですが、本来はラーメン以外につけ麺も扱うことになるのだそうですが、「がりゅう屋」オープン時と同様に、しばらくはラーメン一本の提供になるとのこと。オペレーションが落ち着くまでは、良い判断だと思います。地味に次回の集客にも繋がるでしょうしね(笑) ラーメン単品で「ペッパーラァメン(650円)」をお願いをしたのですが、ランチタイムということで、ライスが付くとのこと。どちらにしても頼むつもりでしたので、これは嬉しいサービスでした。

沖縄 ラーメン サイリュウメンバガリュウ ペッパーラァメン 3

待っている間に店内の様子を写してみました。
途中にあった自動スライドの硬質の扉など、イメージとしてはSF的(宇宙船の内部的?)な店内の作りとなっていました。カウンター席側の窓の外から見えるのは宇宙……ではなく(^_^;)、隣り合っている「がりゅう屋」の敷地となっています。内装としてはこちら側がシンプルな作りですので、敷地面積の方はあちら側が広く取られているようでした。考えてみましたら厨房だけではなく、フロアの店員さんも共通で対応が可能ですね。大変かもしれませんが、利益を生み出すには良いアイディアなのでしょう(そして浮いた分を原材料費へ反映させているようです)。そうそう、正式店名は看板にあるとおり、「サイリュウメンバ ガリュウ」で間違いないようですが、「菜龍麺場」という当て字もあるようです。どこかで記されているのでしょうか?

沖縄 ラーメン サイリュウメンバガリュウ ペッパーラァメン 4

程なくして運ばれた「ペッパーラァメン」です。
ライス付きということで、トレイに載せられて運ばれました。ぱっと見て、とても具だくさんかつ濃厚な色合いから、がっつりとサービス精神たっぷりな“我流家”らしい第一印象の一杯となっています。トイレに載せられているトランプ(クラブのA)は、会計の際に提出する精算チケットとなっています。こちらも我流家らしい、遊び心に溢れたシステムですね。そうそう、以前ブログ記事にて紹介しそびれた、ホワイトリストバンドも画像内に収めています。「がりゅう屋」オープン時の記念ガチャで頂いたものですが、我流家グループ共通で、味玉がサービスとなるバンドとなっています。有効期限も現在のところ特に提示されておらず、太っ腹なサービスですね(具材の味玉はバンド利用で追加しています)。

沖縄 ラーメン サイリュウメンバガリュウ ペッパーラァメン 5

「ペッパーラァメン」の麺ですが、平打ち状のストレートのもの。茹で加減はそう固めではないのですが、角があるためくっきりとした食感の麺でした。また画像では判別しにくいのですが、黒い粒上のものが練り込まれていました。スープ側にも感じたのですが、スパイシーさを含んだペッパーが入っているようです。その麺に絡むスープですが、茶褐色でいかにも濃厚そうな色合いではあるのですが、見た目のイメージよりかは穏やかな味わいとなっていました。どこか洋風な味付けですね。とはいっても香辛料の味わいもありますし、豊富な具材も相まって、がっつり感を漂わせる作りとなっています。そうそう、具材の野菜はキャベツがメインで、これがまた大ぶりで歯応えが良く、たっぷりと入っていました。もやしも微かに入っているのですが、この極端な比率は、どこか挑発的なようにも見えます(^_^;) トッピングには「トクモリヤサイ(80円)」なるものも用意されているのですが、追加したらどのような見映えになるか、ちょっと興味を引かれますね。

沖縄 ラーメン サイリュウメンバガリュウ ペッパーラァメン 6

せっかくですので、「ガリュウめし」を作ってみました。
サービスのライスに味玉、それに豊富な具材が揃えば、作らない訳にはいきません(笑) 柔らかな赤肉と脂身が、ご飯との相性を一層引きたててくれました。レンゲの方に載せられていた魚介風味のブロックも見えますね。スープの方はやや穏やかな味わいと先に書きましたが、無料トッピングの中には、「味付ニンニク」や「背脂増し」、また「一味唐辛子」なども用意されていました。すべてを投入しましたら、かなりヘビーな一杯へと変化しそうです。学生さんが多い立地となっていますので、ランチタイムのサービスを含め、更にがっつり仕様で食べたい人へも、ばっちりと対応をされています。途中で飽きることも無く、最後はスープの一滴も残さず完食となりました。

今回もガチャポンのサービスを精算時にやっていました(機械は使わずくじ引き方式です)。当たったのはブラックリストバンドで、こちらはすべてのトッピングがサービスの対象なのだそうです。チャーシューなど、割高なトッピングも対象となるようで、味玉オンリーでなくなったのはちょっと嬉しいかも。次回来店は、つけ麺が提供開始をされた時になるでしょうか? 今回の「ペッパーラァメン」も美味しかったですし、色々と追加にて変更を行うことで、食べた時の印象も変わりそうです。またそう遠くない内に、再訪することになりそうですね。

沖縄 ラーメン サイリュウメンバガリュウ ペッパーラァメン 7

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県宜野湾市我如古2-12-10
電話:098-897-3868
営業時間:11:30-21:00(終了時間は11日まで。最終的に23:30を予定しているようです)
定休日:木曜日
駐車場:有り

関連記事

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/04/11 19:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/693-40c8ac96