スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

陳麻家 「担々麺」

陳麻家1

陳麻家(「ちんまーや」と読みます)は以前から行きたかったお店だったのですが、営業時間が午前11時から午後3時までのうえに、日曜・祝日はお休みと、ずっと寄ることが出来ずにいたお店でした。元々は深夜まで営業していたお店だったようですが、すっぱり時間帯(メニューも)を絞って現在の形態になったようです。メインの客層を近隣のビジネスマンの昼食と捉えているのでしょうね。お店の事情はよく判りますが、地域外のラーメンファンには縁遠くなってしまいます(^_^;) この土曜日に、ようやく時間を作って来店することが出来ました。

陳麻家2

さて、今回この「陳麻家」への来店目的は、もちろん看板麺の「担々麺」なのですが、当然自分がそれだけで満足するはずがなく、セットメニューにある「ミルフィーユとんかつ」も是非食べて見たかったのでした。通常の厚切り豚肉ではなく、薄切りを重ねて揚げたとんかつです。いやいや、すごく美味しそうでしょう?(笑) もうひとつの看板メニューらしい、「陳麻飯」(いわゆる麻婆丼?)も組み合わせに入っている「特選陳麻飯セット(880円)」を頼もうとしたのですが、このセットの担々麺はハーフ以上に出来ないとのこと。とんかつを頂けないのは残念だったのですが、さすがに第一の目的は担々麺でしたので、ミニ陳麻飯がセットになった「担々麺セット」を頼むことにしました。こちらのセットの担々麺は並サイズだったのですが、大盛り可とのことでお願いしました。
ちなみに単品での担々麺は、並サイズで680円、半ラーメンで450円となっています。

陳麻家3

程なく運ばれてきた「担々麺セット(880円)」の「麺大盛(100円)」です。
担々麺の上にこんもりと盛られた挽き肉と緑色の野菜が映えて、実に美味しそうですね。漂うゴマの風味が良い香りです。担々麺の野菜ってチンゲン菜のイメージだったのですが、こちらはほうれん草でした。チンゲン菜のしゃっきりとした歯応えも好きですが、ほうれん草も大好きなので無問題。むしろ葉の部分にも厚みがあるので、ほうれん草が具として適しているかも。挽き肉たっぷりなのも嬉しいです。

陳麻家4

担々麺ですが、メニューに「塩、酸、辣、甜、麻、苦、香。四川七味のすべてが投入された本格担々麺」と書かれています。スープを一口飲んでみますと、辛味(ここでは「辣」ですね)は程よく感じました。実はもう少し辛くても良いと思っていたのですが、最近は辛くない担々麺が主流のようで、初来店の今回はちょっと辛めくらいがきっと適当なのです。トッピングとして20円を増す毎に3段階まで辛味を足すことが出来るようですね。次回は一段階増してみようかな?
麺はいわゆる細い中華麺です。スープに粘度がかなりあるため、麺に良く絡みます。麺が柔らかすぎることもなく、また細麺自体も好きなのでこちらは大満足。ただ、食べ進める内に麺を大盛りにした影響か、スープ量が少ないように感じました。担々麺は余りお店で食べている訳ではないので、より中華寄り(?)なお店ではこれが普通なのかも。色々と食べ比べもしてみたいですね。

サイドにあたる「陳麻飯」ですが、こちらはミニサイズということで少しばかり不満です。いえ、大きさではなく、小さめの椀にご飯をぎゅっと詰めているため口に運んだときの食感が良くなく、また豆腐も大きすぎて少し食べにくかったです。甘みのあるあんかけ麻婆といった風で、こちらはピリッと辛味が欲しかったかなぁ。

担々麺に限ればかなりの満足感がありました。次回来店するとしたら「とんかつセット」を食べたいと思いますが、その前に他店の担々麺との味比べもしたいですね。

陳麻家5

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市泉崎1-8-21 サンハイツ喜納103
電話:098-863-0914
営業時間:11:00 - 15:00
定休日:日曜日・祝日
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/69-f27823f7










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。