スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

屋台 赤道ラーメン 泡瀬店 「しょうゆ(6)」

沖縄 ラーメン 屋台赤道ラーメン泡瀬店 しょうゆ 1

沖縄市泡瀬の「屋台 赤道ラーメン 泡瀬店」へ行って来ました。沖縄ラーメン大図鑑52/57
「屋台赤道ラーメン シリーズ」、全7店舗中の5店舗目になりますね。営業時間帯が地域によってバラバラな「赤道ラーメン」ですが、こちらは午後5時からお店を開いています。午後10時からの営業開始という店舗もあるため、比較的行きやすい方になりますね。せっかく沖縄市まで出て来ましたので、「沖縄ラーメン大図鑑」の対象店舗ではありませんが、ハシゴラーメンも視野に入れつつ訪問となりました。お店には、午後6時半の入店となりました。

沖縄 ラーメン 屋台赤道ラーメン泡瀬店 しょうゆ 2

「屋台 赤道ラーメン 泡瀬店」のメニューです。
こちらも各店共通(赤道店除く)の、一覧性のある大判のメニューを用意しているのですが、今回は時間限定となるタイムサービスメニューの方を掲載してみます。通常でしたらランチタイムのサービスメニューといったところですが、午後5時からの営業開始ですので、範囲は広く17:00から23:00までとなっています。実はお店へ訪れるまでは、サイドの「餃子」でも頼んでみようかと思ったのですが、単品注文では500円と結構高く、セットですとかなり割安になるということで今回は見送ることにしました。もちろん注文はお馴染み「しょうゆ(600円⇒300円)」になるのですが、今回も追加トッピングの方を試してみることにしました。『バター・コーン・生タマゴ・ゆで玉子・キムチ・白ねぎ・生にんにく』の中から、「生にんにく(100円)」をお願いです。……と、記事を書いている段階で気付いたのですが、こちらでは「チャーシュー(3枚)」や「辛みそ(150円)」なるトッピングも用意されていますね。思い込みであると気付かず、見逃してしまっていました(^_^;) チャーシューなどは、価格設定的にもお得感がありそうです。

沖縄 ラーメン 屋台赤道ラーメン泡瀬店 しょうゆ 3

待っている間に店内の様子を写してみました。
お店は泡瀬の大通り沿いにあるのですが、最後に掲載してる画像のとおり、店舗の規模がずいぶんと小さいですね。コンビニと居酒屋の間に建っているのですが、はっきりいうと本当に目立ちません。車から通りがかりで訪れるお客さんは、ほとんどいないのではないかと思われます。実際の店内ですが、カウンターやテーブル席がしっかりと用意され、外観から想像するより、ずっと広めになっていました。店員さんも若い方が複数人入っていて、どこか活気が感じられましたね。お店に流れている雰囲気は良かったです。

沖縄 ラーメン 屋台赤道ラーメン泡瀬店 しょうゆ 4

程なくして運ばれた「しょうゆ」です。
トッピングの「生にんにく」がどのように提供されるか気になっていたのですが、おろしニンニクが、具材の海苔にぺったりと添えられていました。店員さんが運ばれた際に、「足りないようでしたら追加します」と言ってくれたのですが、充分な量ですと返答しておきました(^_^;) そうそう、トッピングの追加によって過去2店では消えていた具材のメンマですが、こちら「泡瀬店」ではしっかりと入っていました。やはり見た目的にも、あると無いとではかなり印象が変わりますよね。

沖縄 ラーメン 屋台赤道ラーメン泡瀬店 しょうゆ 5

「しょうゆ」の麺ですが、ストレートの中太のもの。自家製という、表面がつるっと滑らかで、やや重みを感じるしっかりとした食感の麺です。柔らかすぎず、ちょうど良い茹で加減でした。さて、その麺に絡む、基本あっさりとした醤油味のスープなのですが……。はい、見事に“おろしニンニク”の味しかしません(笑) あっさり系統のスープにこれだけニンニクを溶かしたら、それはそうなりますよね(^_^;) ですが、これはこれで個人的には好ましくも懐かしい味だったりします。昔、繁華街の屋台であったラーメンってこんな味わいでしたよね。テーブルの上に用意された業務用のおろしニンニクを、酔った勢いでどばっと入れたイメージです(笑) 頂いた時はもちろん素面でもありますし、こちらは麺やスープがしっかりと作られている分、郷愁と共に味わいながら食べ進めることが出来ました。周辺にも飲み屋さんはありそうですが、隣の居酒屋を含め、対象とする顧客の年齢層は他の店舗と異なり、やや若めのようです。好印象を持ちつつ、完食となりました。

「屋台赤道ラーメン シリーズ」も順調に消化して行き、「沖縄ラーメン大図鑑」半額クーポン対象店巡りも終盤となりました。普段、とても行わないようなラーメン店への訪れ方や注文の仕方があるのも、振り返れば楽しみとなっているようです。続く「赤道ラーメン」の同品目に、やや食傷気味になっていることは否定しませんが(笑)、すべてが落ち着きましたら、他の提供品目も試してみたいですね。次回は(トッピングなどの)店舗毎の違いにも、気を付けておきたいところです。

沖縄 ラーメン 屋台赤道ラーメン泡瀬店 しょうゆ 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県沖縄市泡瀬4-21-13
電話:098-934-5053
営業時間:17:00-翌6:00
定休日:無休
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/674-99d5e254










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。