スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

屋台 赤道ラーメン 赤道店 「しょうゆ(5)」

沖縄 ラーメン 屋台赤道 しょうゆ 1

うるま市宮里の「屋台 赤道ラーメン 赤道店」へ行って来ました。沖縄ラーメン大図鑑50/57
「屋台赤道ラーメン シリーズ」、全7店舗中の4店舗目になりますね。店名からも判るとおり、こちらはいわゆる「本店」扱いになる店舗となります。約20年前に、具志川市(現うるま市)の赤道交差点の屋台が原点になったとのこと。地域の名前を冠したラーメン店から、県内各地に多店舗展開を広げているのは、他に「あけぼのラーメン」などがありますね。そちらも最近はご無沙汰しているのですが、新しく「カクテルプラザ店」が出来たようで、機会を見つけて訪れようと考えています(本来は扱っている品目は同じなので、行きやすい立地の店舗で良いのでしょうけど(^_^;))。お店には、午後10時半の入店となりました。

沖縄 ラーメン 屋台赤道 しょうゆ 2

「屋台 赤道ラーメン 赤道店」のメニューです。
これまで訪れた店舗では、一覧性を優先した大判サイズの一枚もののメニューだったのですが、こちらでは見開きの冊子タイプとなっていました。画像を見る限り、微妙に仕様が異なっているようにも見えますね。どちらにしても注文は「しょうゆ(600円⇒300円)」をお願いすることなるのですが、今回も追加トッピングを試してみることにしました。『バター・コーン・生タマゴ・ゆで玉子・キムチ・白ねぎ』の中から、今回は見映えを優先して「コーン(100円)」を注文しました。なぜか他店舗では取り扱っていた「生にんにく(100円)」は、こちらでは用意されていないようでした。

沖縄 ラーメン 屋台赤道 しょうゆ 3

待っている間に店内の様子を写してみました。
厨房側は「石川店」と同じように、屋台を模した車輪が見えますね。ただしそちらのカウンタースペースには座れず、すべて木製のテーブル席となっています。近隣は古い飲み屋街のようで、近くのスナックからでしょうか、カラオケの歌声が壁越しに聞こえてきます(^_^;) 元々は屋台だったということで、店舗を構えるまでは、空き地にでも停められていたのでしょうね。地域一帯から、どこか懐かしい、昭和といった雰囲気が漂っていました。

沖縄 ラーメン 屋台赤道 しょうゆ 4

程なくして運ばれた「しょうゆ」です。
今回も前回と同様に、「ライス(100円)」などのサイドメニュー類は頼まずに、ラーメン単品のみの注文となりました。ごはんとの相性はあまり良くないであろう、あっさり系統のラーメンというのもあるのですが、この日は近くにある「ラーメン城 赤道店」とのハシゴラーメンでもあったのでした。どちらの店舗も酔客をメインの顧客対象としているのか、お店は午後10時からと、ずいぶんと遅めの営業開始時間となっています。そうそう、余談ではあるのですが、今回の掲載画像の多くは斜め方向からの撮影となっています。店内の照明がスポットライトのように一方向から照らされていて、影が映らないように無理矢理ずらしたためです。こういった仕様も、屋台をルーツにもつお店ならではの内装になるのでしょうか?(^_^;)

沖縄 ラーメン 屋台赤道 しょうゆ 5

「しょうゆ」の麺ですが、ストレートの中太のもの。多店舗展開をされているということで、グループの製麺工場で作られた、自家製麺のようですね。表面が滑らかで、少し重みのある麺なのですが、こちらでは茹で加減がちょっと柔めに感じました。その麺に絡む醤油味のスープですが、こちらも他店舗と比べると油の重さがそれほど無く、よりあっさりな味わいとなっているようです。想像ではありますが、お客さんの年齢や客層に合わせて、あっさりとした作りになっているのかと思いました(といいますか、こちらがオリジナルなので他の店舗が客層の幅を広げているのかもしれません)。各店舗共通で麺の分量はそれなりにありますので、ある程度時間をかけて麺を啜り尽すこととなりました。最後はレンゲにスープとトッピングのコーンを掬いつつ、しっかりと完食です。

そうそう、前回ちょっと触れたトッピング追加時の具材なのですが、チャーシューに半玉、ネギに海苔となっていて、やはりメンマは入っていませんでした。どうも100円のトッピングを追加しますと、代わりにメンマ(50円相当?)が無くなるようです。うーん、あまり細かく突っ込むのもなんですが、この点はちょっと釈然としないような……(^_^;) 他のトッピングのラインナップはもうひとつ食指が動きませんので、次回以降はまた別の注文の仕方をしようかと思います。ところでお店は年配の方がお一人で見られていましたが、こちらの方が「屋台赤道ラーメン」創業主さんだったのでしょうか? お店は極端な夜型営業となっていますので、今後もお身体には気を付けて、末永くお店を切り盛りして欲しいですね。

沖縄 ラーメン 屋台赤道 しょうゆ 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県うるま市宮里204-12
電話:098-973-5035
営業時間:22:00-翌5:30
定休日:無休
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/669-69afa9c2










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。