スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

河童軒 「河童麺(2)」

沖縄 ラーメン 河童軒 河童麺 1

名護市城の「河童軒」へ行って来ました。沖縄ラーメン大図鑑44/57
前回ブログ記事の「まーさん堂」から、ハシゴラーメンとなります。こちらも二度目の来店となるのですが、前回訪れた時は4店舗廻った内の最後のお店となったのでした。当然お腹はぱんぱんになっていましたので、次の機会があれば、お腹に余裕がある状態での訪問にしたいと考えていました。結果として二店目の来店となったのですが、こちらは開店が午後6時半からなのですよね。時間の都合上、ハシゴとなったのですが、まだ前回に比べてお腹に余裕がある状態でした。お店には、午後6時半過ぎの入店となりました。

沖縄 ラーメン 河童軒 河童麺 2

「河童軒」の店内の様子です。
カウンター席より入り口側を写しています。後方には座敷席とテーブル席が用意されていました。前回訪れた時と同じ時間帯だったのですが、店内の様子はかなり異なっていました。開店間もない早い時間帯ということで、お客さんがまだ入ってないのは判るのですが、前回はそれでもほぼ満席状態だったのですよね。その時は休日の夕ご飯時分ということで、お客さんの方も判りやすい利用の仕方をしているのかもしれません。お店は古い飲み屋街の真ん中にあり、週末のこの日は、もっと遅い時間になってから賑わってくるのでしょう。ただ前回と変わらない部分としては、やたらと持ち帰りのお客さんがいたことです。事前に電話予約をされていて、餃子など、それぞれ結構な数量での注文が入っていました。

沖縄 ラーメン 河童軒 河童麺 3

「河童軒」のメニューです。
前回記事では『麺の部』をアップで掲載しましたので、今回はちょっと見えにくいかもしれませんが、全体の画像を載せてみます。「焼めし(550円)」などの『飯の部』、「ニラレバ野菜炒め(700円)」などの『定食の部』、「五目野菜うまに(1000円)」などの『一品料理の部』、「玉子スープ(400円)」などの『湯の部』がずらりと並んでいます。それぞれボリュームがありそうですし、お手頃な価格設定となっているようです。さて今回の注文なのですが、お目当ての「河童麺(550円⇒300円)」をお願いすることにしました。ラーメンの注文はもちろんなのですが、今回はずっと気になっていた、「餃子(400円)」も追加で注文です。実は掲載画像の次のページでは、見開きで「河童麺」と「餃子」が、それぞれ画像付きで大きく載せられています。今回注文するこの二品が、特にお店の売りになる品目のようでした。

沖縄 ラーメン 河童軒 河童麺 4

先に運ばれて来た「餃子」です。
400円というお値段ですが、数字だけ見ますとやや高めにも思えますが、運ばれて来た餃子のボリューム感を見ますと、納得の価格設定です。いえ、むしろこの内容量でこの価格は、割安と言って良いのかもしれません。縦方向に厚みがあり、形状的に餃子っぽくないようにも感じます(笑) 綺麗に焼きめが入れられており、ぱりっとした食感が心地よいです。皮自体はそれほど厚みがないのですが、この大きさでもちもち感を出そうとすると、重みが勝ってバランスが良くなくなるのでしょう。餡には豚肉はもちろん、野菜にニンニクがたっぷりと入っており、肉汁や油分と共に、ビールが欲しくなる一品でした(笑) 実際の食べ応えもそうですが、がっつりとした見映えも良くて、お土産用(?)として持ち帰りの人気があるのも頷けますね。

沖縄 ラーメン 河童軒 河童麺 5

程なくして運ばれた「河童麺」です。
この時点で、餃子はすべて食べ終わっています。この時は既に空腹ではなく、また餃子自体もサイドというより単品料理に近いくらいのボリュームがありましたので、さほど気になりませんでしたが、個人的にはラーメンと一緒に頼んだ場合は、出来れば同じくらいのタイミングで提供して欲しいところです。今回のように他にお客さんがいない状況でも、持ち帰り品などで常に調理をされているようで、この辺りは難しい部分なのかもしれません。さて用意された「河童麺」ですが、スープ自体はあっさり系統の醤油の色合いなのですが、縁ギリギリまで注がれており、また具材のたっぷり中味が、別名となる「スタミナラーメン」らしい迫力をみせていました。

沖縄 ラーメン 河童軒 河童麺 6

「河童麺」の麺ですが、ストレートの中細のもの。角があるタイプながら、茹で加減としてはかなり柔らかめとなっています。その麺に絡む熱々のスープは、基本はあっさりな醤油味なのですが、具材の“モツ炒め”が濃厚な味わいとなっていました。高温の中華鍋でざっと味噌で炒められており、そこにニラやニンニクスライスが加わり、頂く方にもそれなりの“スタミナ”が要求される力強いラーメンとなっています(笑) この日二杯目のラーメンかつ、肉厚な餃子を頂いた後ということもあり、後半はやや苦戦気味に麺を啜ることとなりました。前回記事でも同じようなことを書いていたと思いますが、次回はベストコンディションでラーメンを注文したいですね(^_^;)

前回訪れた際は陽の落ちるのが早く、まだ寒い冬の時期ということもあって、お店から受ける印象もちょっと異なっていました。少なくとも隣のスナックから、出来上がった声のカラオケは聞こえてきませんでした(店主らしき方は変わらず鼻歌をされていましたが(笑))。飲み屋街となる近隣のお店が賑わうのはもう少し遅くなってからで、そこから更にもう少し経つと、「河童軒」にも締めのラーメンで訪れるお客さんも増えそうですね。創業から35年を過ぎるという老舗店ということで、今後も地元の方に愛されるお店で有り続けて欲しいものです。

沖縄 ラーメン 河童軒 河童麺 7

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県名護市城1-7-22
電話:0980-52-4748
営業時間:18:30-翌2:30
定休日:水曜日
駐車場:無し

中華料理 河童軒中華料理 / 名護市)

夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/656-a6f2bea5










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。