スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Vitamin とんこつ がりゅう屋 「びとんつけめん」

沖縄 ラーメンDual Face Box びとんつけめん 1

宜野湾市我如古の「Vitamin とんこつ がりゅう屋」へ行って来ました。
こちらは今月オープンしたばかりのお店ですね。中城村に本拠を置く「我流家」より、3つ目の出店舗となります。オープン初日(5月2日(水))に訪れたのですが、こちらは豚骨をメインに扱っているお店ということで、初回は「びとんらぁめん」を頂きました。もう一品目、つけ麺も提供されていましたので、そう遠くない内での再訪を考えていたのでした。しばらくしましたら、同建物内に隣接している「サイリュウメンバ ガリュウ」もオープンをされるとのことで、“がりゅうやグループ”(という言い方で良いのでしょうか?(^_^;))も活発な営業展開をみせていますね。お店には、週末の午後5時半過ぎの入店となりました。

沖縄 ラーメンDual Face Box びとんつけめん 2

「Vitamin とんこつ がりゅう屋」のメニューです。
前回のブログ記事では全体が写るように撮影したのですが、ご覧のようにメニューの文字が淡いパステル調でポップな字体のため、掲載画像ではほとんど判別出来てなかったのでした。一番下部の方に、今回のお目当てであるつけ麺の食べ方講座が記されていたため、アップで写してみました。ちなみに記載のメニューは、すべて無料で提供をされている品目となっています。さて今回の注文ですが、つけ麺が目的ではあるものの、やはりそれだけでは物足りなく(笑)、セットものである「つけめんCombo(950円)」をお願いすることにしました。ちなみにつけめん単品の注文では、「びとんつけめん(700円)」となっています。

沖縄 ラーメンDual Face Box びとんつけめん 3

程なくして運ばれた「びとんつけめん」です。
今回もひとり客だったのですが、お客さんの少ない閉店間際の時間帯ということもあって、空いているテーブル席に座らせて貰いました。つけ麺単品ではカウンター席でも良かったのですが、セットものなど色々と頼むことになりますので、こちらに座らせて貰いました。ちなみに最終的な営業終了時間は、23時半頃を予定しているようなのですが、立ち寄った時点ではスタッフのトレーニング期間ということで、18時の閉店となっていました。「Dual Face BOX」の営業形態は、こちらの「Vitamin とんこつ がりゅう屋」と、後程オープンする「サイリュウメンバ ガリュウ」と2店同時営業となるため(厨房は共通のようです)、充分な準備期間が必要になるでしょうね。今回頼んだのは「つけめんCombo」でしたが、ひとまず先に「びとんつけめん」から運ばれて来ました。

沖縄 ラーメンDual Face Box びとんつけめん 4

「びとんつけめん」の麺ですが、極太の平打ちストレートのもの。きしめんのような、と言っては言い過ぎかもしれませんが、ある意味、我流家さんらしい、かなり思い切った形状の麺となっています。表面は滑らかで、くっきりとした角の食感はありながらも、もちっとした弾力感も内包した麺でした。その麺に絡むつけ汁ですが、粘度のある濃厚な豚骨ベースのもの。魚介も入っているでしょうか。特徴的なのがラーメン丼と同じく、取っ手が付いている器ですね。つけ麺ではまんまカップのように見えます。実は運ばれた段階では、沸騰して泡だっている程の熱々さでした。その秘密は、カップの底に焼け石が既にセットされていることです。これは沖縄市の「garyu-ya」より採用されている、これまた我流家らしい仕掛けですね。書くのが遅れましたが、具材は麺の器の方に半玉にキャベツに菜の花など、つけ汁の器にはチャーシューのブロックが入っていました。レンゲにはラーメンと同じく、砕いたクッキー的なものが添えられていますね。濃厚なつけ汁と、どっしりとした極太麺ながら、つるつると滑らかな麺の仕様で、食べやすい仕上がりとなっていました。

沖縄 ラーメンDual Face Box びとんつけめん 5

しばらくして運ばれた、セットの「Combo」と「無料品目」などです。
250円増しにてライスとサイドメニューが付くのですが、サイドの方は「チキンなんばん(単品では380円)」と「チーズはるまき(単品では320円)」より、選ぶことになります。「チキンなんばん」は前回も選択したのですが、鶏肉好きとして、つい今回も同じ品目を頼んでしまいました(^_^;) 上の段に並んでいるのは、左から順に「さっぱりはにぃバルサミコ」に「あじつけにんにく」、そしてつけ麺に付いていた「おまけダレ」となっています。我流家ではお馴染みの「おまけダレ」ですが、この日は“レモンだれ”となっていました。果汁にハチミツが入っていた甘酸っぱい仕様でしたね。こちらも曜日毎の日替わりになるではないかと思いますが、店内に掲示はされていませんでした(ちなみに当日は金曜日です)。右下にある角皿は「からしコンブ」となっています。これは昆布に辛子高菜がまぶされたもので、どちらかというと、前回のラーメンに似合いそうな無料トッピングでしたね。その際、お願いするのを忘れたのが悔やまれます(笑)

沖縄 ラーメンDual Face Box びとんつけめん 6

追加で頼んだ「替え玉(100円)」と、無料サービスの「焼き石」です。
「焼き石」ですが、こちらも“我流家”らしいサービスとなっています。効率や手軽さなどを考えましたら、お店にとっても電子レンジの利用が良いのでしょうが、お店ならではの凝っているサービスで、個人的には嬉しく思います。確か中城村の“我流家”で、県内で初めてこのサービスを行い、現在も各店舗でこの手間のかかる無料サービスを続けているのですよね。いまは焼き石の応対をしているのは、“我流家”が県内唯一ではないでしょうか? 替え玉と一緒につけ汁へ投入し、最後まで美味しく頂けました。やはりトレーニング期間中ということでしょうね、注文には少しばかり時間がかかり、最初のつけ麺からサイドメニュー、替え玉までと、それぞれが食べ終わった後に運ばれる形になっていました。ですが店内の居心地が良かったので、今回はのんびりと頂けて良かったと思います(混雑している状況でしたら落ち着かなかったでしょうが(^_^;))。

二度目の来店となる「Vitamin とんこつ がりゅう屋」ですが、やはり高い満足感を与えてくれるお店となっていました。提供されている品目はもちろん、来店自体に楽しみがある良店だと思います。そうそう、開店当初の特典と思われたガチャポンでの景品抽選ですが、この日の時点でもまだやっていました。自分は前回と同じく、我流家全店共通の、「味付けたまごトッピングサービス(ホワイトリストバンド)」を頂いたのですが、今回聞いた説明では、どうも一年間を通じて利用が出来るようです。ダブってしまったのですが、宣伝になるよう店名が入っており、譲渡されることも前提の景品なのでしょう。しかしながら、ずいぶんと思い切ったことをされています。攻めの姿勢を崩さない“我流家グループ”は、今後の展開も目が離せないですね。

沖縄 ラーメンDual Face Box びとんつけめん 7

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県宜野湾市我如古2-12-10
電話:098-897-3868
営業時間:11:30-18:30(閉店時間は暫定的のようです)
定休日:木曜日
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/640-d9e9b481










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。