屋台 赤道ラーメン 北中城店 「しょうゆ(2)」

沖縄 ラーメン 屋台赤道ラーメン しょうゆ 1

北中城村島袋「屋台赤道ラーメン北中城店」へ行って来ました。沖縄ラーメン大図鑑40/57
今回も「沖縄ラーメン大図鑑」の半額クーポン対象店舗巡りということで、前回記事からのハシゴラーメンとなります。そして、「沖縄ラーメン大図鑑」対象店舗より「屋台 赤道ラーメン計6店舗」のなかから、最初の1店舗という形になりました。“屋台 赤道ラーメン”は中部地区を中心として計8店舗が営業をしており、最近になって那覇市首里にも新店舗がオープンしたようですね。県内におけるラーメン人口の裾野の広がりを感じる喜ばしいお話ですが、個人的には「沖縄ラーメン大図鑑」の対象6店舗を、どう廻るかということで頭を悩ましているところでもあります(^_^;) 同店舗同品目である点も躊躇いが出る部分ですが、店舗によっては営業時間が夜間からというハードルもあったりします。まずは比較的行きやすい、こちら“北中城店”の方へ訪れることとなりました。お店には、午後12時過ぎの入店です。

沖縄 ラーメン 屋台赤道ラーメン しょうゆ 2

「屋台 赤道ラーメン」のメニューです。
今回の来店前から薄々と気付いていたのですが、「しょうゆ(600円)」と同額となる品目は取り扱っていないようですね。お店にもよるとは思いますが、同額であれば融通を利かせて、他品目の注文も出来る可能性があったのでした。これにて『しょうゆ×6回』が確定でしょうか?(^_^;) という流れにて、今回の注文ですが、半額クーポン券を利用して「しょうゆ(600円⇒300円)」をお願いすることとなりました。

沖縄 ラーメン 屋台赤道ラーメン しょうゆ 3

程なくして運ばれた「しょうゆ」です。
お昼時ということもあってか、店内にはお客さんが結構入っていました。こちらの前に訪れた「彩琉」より賑やかな雰囲気でしたね。多店舗展開をしているお店というのは、やはり一般(?)の方が入りやすいような部分があるのでしょうか? 平日のお昼時に訪れたのは初めてだと思いますが、店員さんも明るく元気の良い応対をされていました。「しょうゆ」の具材ですが、大ぶりなチャーシューにメンマ、たっぷりなネギ、半玉に海苔と王道な構成となっています。

沖縄 ラーメン 屋台赤道ラーメン しょうゆ 4

「しょうゆ」の麺ですが、ストレートの中太のもの。つるっと表面が滑らかで、後半にものびを感じることのない、しっかりとした食感のものでした。前回訪れた時より、よりどっしりとした味わいです。その麺に絡むスープですが、豚ゲンコツ以外に魚介などをふんだんに作られたものだそうです。基本はあっさりなのですが、ごま油でしょうか、重みのある油分と香りでまとめられているようでした。スープは熱々となっていて、麺の存在感といい、以前より良い印象で食べ進めることが出来ました。チャーシューはやや薄めながら、柔らかく、丁寧に作られています。「チャーシューラーメン(750円)」も品目表に用意されているのですが、こちらは“男性人気NO.1”と記されていますね。うーん、この先続けて「しょうゆ」を頂く予定となるのですが、トッピング的に差額分を足して、そちらを注文してみることは可能なのでしょうか?(^_^;) 後半はやや単調に感じる部分もありましたが、スープの一滴も残さず完食です。

今回で、「屋台 赤道ラーメン」の半額クーポン対象6店中、ようやく最初の一店舗へ訪れることが出来ました。こちら“北中城店”は、実は当ブログとしては既に3度目となる来店だったりします。そして“北中城店”以外、未訪となっていますので、ちょっと偏っていますね(^_^;) 確か前回のブログ記事で、『那覇以南にもオープンされましたら、もっと訪れる機会が増えそうです』などと書いていましたが、既に首里の方に新店が出来ているという……(笑) 各店舗の違いなどがありましたら、そちらも記事としてアップして行こうと思います。

沖縄 ラーメン 屋台赤道ラーメン しょうゆ 5

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県北中城村字島袋311
電話:098-932-0065
営業時間:11:00-翌2:00
定休日:無休
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/639-93ec58d8