鬼蔵 「鬼ラーメン(2)」

沖縄 ラーメン 鬼蔵 鬼ラーメン 1

名護市城の「鬼蔵」へ行って来ました。沖縄ラーメン大図鑑37/57
前回ブログ記事からのハシゴラーメンとなります。こちらは今年の1月にも訪れていますね。その際も、「おきなわ倶楽部1月号」の半額クーポン券対象店としての来店でした。企画の成り立ちが一緒のため、頂くラーメンも同一のものとなるのですが、前回訪れた時は意外なほどの美味しさ(といっては失礼ですが(^_^;))で、再来店が楽しみでもありました。期間は3ヶ月ほどしか開いていないため、大きな変更はなさそうですが、それでも久しぶりの来店になりますね。お店には、午後1時の入店となりました。

沖縄 ラーメン 鬼蔵 鬼ラーメン 3

「鬼蔵」の券売機です。
やはり前回訪れた時より、提供品目は変わっていないようでした。半額クーポン利用ということもあるのですが、名護市への遠征ということもあり、どうしても主力品である“豚骨ラーメン”の注文になってしまいます。しかしながら「しょう油ラーメン(500円)」など、気になる品目も提供されているようです。王道かつ安価な設定ですので、前回の「なごみ亭」と食べ比べのような形で、いつか試してみたいですね。さて今回の注文ですが、お目当ての「鬼ラーメン(600円⇒300円)」をお願いすることにしました。セットメニューも充実しているようでしたが、次の予定もありますので、今回もラーメン単品での注文です(^_^;)

沖縄 ラーメン 鬼蔵 鬼ラーメン 4

程なくして運ばれた「鬼ラーメン」です。
具材はシンプルな構成のチャーシューにキクラゲ、青ネギとなっています。チャーシューがかなり大ぶりに見えますが、凄い技術でとても薄く切られています(^_^;) チャーシューそのものは柔らかく美味しい作りですので、トッピングで頼んでみたも良いかもしれませんね。卓上にはごまが置かれていますが、別の場所に紅ショウガなどが用意されています。

沖縄 ラーメン 鬼蔵 鬼ラーメン 5

「鬼ラーメン」の麺ですが、細めのストレートのもの。やや径のある、しっかりとした食感のものとなっています。お店では麺の固さの注文も出来るようなのですが、今回もお店お任せの茹で加減としました。程よく固めで、ちょうど良い仕上がりとなっています。その麺に絡む豚骨スープですが、やや粘度のあるクリーミーで濃厚な作りのものでした。これらの麺とスープの組み合わせに軽い野趣を感じ、実に美味しい一杯となっています。前回訪れた時は、遠い名護市でここまで本格的な豚骨ラーメンを味わえることに、とても感動したのでした。それから中部や南部地区でも、旨い豚骨ラーメンを提供される新店がオープンしています。沖縄県内の各地域で、そういったラーメンを味わえるようになったことは、とても喜ばしいことですね。

沖縄 ラーメン 鬼蔵 鬼ラーメン 6

調味料類をまとめて写してみました。
白ごまは元々卓上に用意されているのですが、壺に入ったものは別の場所にまとめて置かれています。紅ショウガは定番のもので前回もあったのですが、もうひとつの壺には豚の脂身に唐辛子が漬け込まれたもの(?)が入っていました。後者はラー油的なものだと思うのですが、使い処が判らず(笑)、紅ショウガと白ごまだけを使わせて貰いました。壺の薬味はちょくちょく変更されるようなのですが、ここはちょっと不思議なところです(^_^;) 味の変化付けをしつつ、スープの一滴も残さず完食となりました。

久しぶりの来店となりましたが、立地の関係から、次回もすぐには訪れることは難しそうです。どうしてもメイン品目である豚骨ラーメンに目が行きがちですが、次回の機会には鶏ガラ100%で作られているという、「しょう油ラーメン」も頂いてみたいですね。ハシゴラーメンの二軒目はこってりな豚骨ということで、お腹も結構膨れて来ましたが、もう一件は行ってみることにします(^_^;)

沖縄 ラーメン 鬼蔵 鬼ラーメン 7

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県名護市城2-5-20
電話:0980-51-0230
営業時間:11:30-23:00(日曜は21:00迄)
定休日:水曜日
駐車場:有り

ラーメン鬼蔵ラーメン / 名護市)

昼総合点★★★★ 4.0


関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/631-bbc28f3c