スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

琉 「しょうゆラーメン」

沖縄 ラーメン 琉 しょうゆラーメン 1

那覇市若狭の「琉(りゅうみんみん、とよみます)」へ行って来ました。
前回記事の「焼肉五苑 若狭店」から、近くの立地となります。「五苑」を出た後、ラーメンが欲しくなり、歩いて行ける距離にあったことを幸いに寄ってみたのでした。焼肉店からのハシゴという形になりますが、実際は食べ終えた後もしばらく店内で懇談が続き、しかもアルコールも頂いていたので、締めのような流れでの来店です(^_^;) 店名は聞き覚えがあったのですが、訪れるのは今回が初めてになりますね。お店には、午後11時半過ぎの入店となりました。

沖縄 ラーメン 琉 しょうゆラーメン 2

「琉」の券売機です。
扱っている品目は至ってシンプルです。オーソドックスな「しょうゆ・みそ・しお」のラーメンに、サイドメニューには餃子や炒飯などが用意されています。価格もラーメン一杯が共通で500円と、お手頃な価格設定となっていました。周辺は繁華街となっていますので、酔客をメイン客層としたラーメン店のようですね。「やきとり(100円)」はおつまみメニューといったところでしょうか。さて今回の注文ですが、こちらもオーソドックスな選択をということで、「しょうゆラーメン(500円)」をお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン 琉 しょうゆラーメン 3

程なくして運ばれた「しょうゆラーメン」です。
席に置かれた時にごま油でしょうか、ふわっと食欲をそそる香りが漂ってきました。具材はチャーシューにもやしにわかめ、そして葱となっています。実は「琉ギョーザ(300円)」も追加でお願いをしていたのですが、餃子の方はラーメンよりやや遅れて運ばれて来たので、一緒に写せませんでした。店内に先客は一組いたのですが、厨房で調理されている方はお一人で、やや調理に時間がかかっていたように思います。

沖縄 ラーメン 琉 しょうゆラーメン 4

「しょうゆラーメン」の麺ですが、ほぼストレートの中細のもの。やや柔らかめの茹で加減ですね。その麺に絡むスープですが、シンプルな醤油味のもの。鶏ガラ以外に魚介も若干加えられているでしょうか? 運ばれた時にごま油の風合いがありましたが、スープ自体にオイリーさはそれほどなく、最後に香り付けで足されたのかもしれません。塩梅も想像をしていたより穏やかな仕上がりでした。具材のもやしやわかめなどを含め、基本はシンプルな作りの醤油ラーメンですので、お酒の締めとして頂くにはちょうど良い一品なのでしょうね。

沖縄 ラーメン 琉 しょうゆラーメン 5

しばらくして運ばれた「琉ギョーザ」です。
店頭の看板には“元祖沖縄ぎょうざ”と書かれていて、どうも餃子に関してはこちらのラーメン店の店舗とは別に、古くから作られているようです。餃子については県内でも老舗にあたるようですね(創業40余年になる?)。色々な面で詳しいことは判らないのですが、スーパーなどで販売されている冷凍食品の餃子で、「琉」名義のものがあるようですね。うーん、歴史ある本格的なものと捉えるか、ある意味出来合いのものと言って良いものか、ちょっと判別が付きにくい位置付けになるようです(^_^;) 餃子そのものはやや小ぶりながら、噛むと肉汁が溢れる熱々出来たてとなっていて、美味しく頂けました。

繁華街という立地でもあり、また駐車場なども無いことから、今回のような機会がないとなかなか訪れることはなかったかと思います。以前はもう少し価格設定が高めで、品目のバリエーションも多彩だったようですが、現在はシンプルな提供内容に絞っているようですね。次回訪れることがありましたら、その際もきっとお酒が入っていることと思います(^_^;)

沖縄 ラーメン 琉 しょうゆラーメン 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市若狭2-3-13
電話:098-933-7129
営業時間:17:00-翌5:00
定休日:日曜日
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/620-c6b32ccf










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。