Big大ちゃん 「味噌ラーメン」

BIG大ちゃん1

「Big大ちゃん」は、元は沖縄市胡屋にあった「ポパイラーメン」というお店が名称を変更し、美里にあるこのお店はその2号店にあたります。その後、本店であった胡屋店は閉店となり、現在は美里の一店舗だけの営業となっています。
「Big大ちゃん」ですが、店名からも察することができるように(大事なことだから2回言ってますね(^_^;))、ボリュームの多さが売りとなっています。冒頭の画像では大きさが比較できるように、器に割り箸を置いていますが、まるで洗面器のようです(笑) 
実は店名が変更になったのには経緯があったようで、「ポパイ」という名称に外人さんから(?)異議申し立てがあったようです。半ば自棄になって付けたような店名ですが、場所柄か外人(まあ軍関係者ですね)のお客さんも多く、ある意味判り易く、必然的な名称決定だったのでしょう。

閉店した胡屋店の方ですが、自分にとって思い出深いお店でもあります。
車の免許を取って行動範囲が広がった当時の若者(笑)にとって、ドライブがてらに寄るのにちょうど良いお店でした。夜中遅くまで開いててボリュームの割に価格が安くてネタにもなり、そして中部という場所的にもドライブの中継点として都合が良かったのでした。ラーメンもそうですが、定食のから揚げの分量がとにかく多かった、というのが自分の記憶に残っています。当時の馬鹿みたいに遊び呆けていた頃を懐かしみながら、お店へと向かったのでした。

美里店は駐車場も店舗もかなり広いですね。胡屋店の倍以上はあると思います。元々お客さんが不入りで閉店になった訳ではなく、開発が進んでいる一等地でそこが手狭になったという理由で、移転を見据えての2号店出店だったのかもしれません。
メニューは定食類を始め驚くほど種類があったのですが、今回は当初からから揚げセットと決めていたので、「味噌ラーメンとから揚げの大ちゃんセット(750円)」を注文しました。ちなみに大ちゃんセットに付く定食のおかずは8種類ほどあり、ラーメン自体も3種類あるのですが、麺は沖縄そばにも変更可能となっています。考えてみれば店名から「ラーメン」の部分は無くなってますし、ラーメン店というより食堂と言った方が正しいようです。

BIG大ちゃん2

程なく運ばれて来た「大ちゃんセット」です。
大ぶりのラーメンの器にから揚げが載ったお皿とご飯。それに酢のものとキムチの小鉢の構成は当時と同じままです。やはり懐かしさを感じますね。奥に写っているのは、一緒に行った友人が頼んだセットの「タコスの具入りチキンカツ」です。セットメニュー自体もかなり増えていました。

BIG大ちゃん3

味噌ラーメンは細めのちぢれ麺で、スープは湯気が画像に写るくらいかなり熱かったです。具材はネギともやしに挽き肉と、至ってシンプルです。もやしはしゃっきりと言えない塩梅でしたが、こちらはご愛嬌。意外だったのがスープで、赤みそを使っているのでしょうか。かなり濃い色合いと味わいのスープで、以前とは大きく違っていました。熱々のスープの温度と共に、こちらは好印象です。分量が多くても最後まで飽きずに食べることが出来ました。

BIG大ちゃん4

今回のお目当てだったから揚げですが、こちらはかなりボリュームダウンしていると思います。骨付きの大ぶりの鶏肉が3個ありますが、少なくとも当時はこれの倍はあったかと思います。セットの値段も750円ですが、600円か高くても650円くらいだったと記憶しています。ただ、ネットで調べてみると去年までは600円台で頑張っていたみたいですね。色々と物価が高騰しているなか、これはしょうがないところでしょう。

沖縄の食堂のボリュームがある点ですが、これは決して沖縄県民が大食いということから設定されている訳ではないと思います。こういうお店ってどこも年配のおばちゃんが調理しているんですよね。「かめーおばー」という言葉があるのですが、たまに田舎に帰省すると、親戚のおばちゃんらは「かめー、かめー(食べなさい)」と色々と食べ物を出して来て、もてなしをしようとします。移動先どこへ行っても同じ「かめー攻撃」を喰らうので、正直辟易もするのですが、これは貧しい時代を過ごしたおばちゃん達の、子供たちにはお腹いっぱい食べて欲しいという心の表れなのでしょう。それが判るから、断ることもなかなかできません(^_^;)

BIG大ちゃん5

今回は思い出込みで、ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県沖縄市美原3-19-8
電話: 098-938-3998
営業時間:11:00-28:00
定休日:無し
駐車場:有り



関連記事

これまたインパクトのある丼ですなぁ。箸が短いわけじゃないんですよね(笑)

秋田だと、やっぱりバァさま方が「け、け(食え の短くなった形)」と色々出してきます。いなかのお年寄りは、土地が違ってもみんなそんな感じなんですね。
[ 2010/10/25 22:47 ] [ 編集 ]

>mametまめさん
こんにちはー。
味より量!といったお店だと思うのですが、記憶より美味しくなっているのも
時代の流れを感じました(^_^;)

おばぁはどこの土地柄でも心根が優しいのでしょうね。
「かめー」は噛むが変化した形かな? 地方の方言も特色あって面白いですね(^_^)
[ 2010/10/26 11:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/62-4f38f276