麺屋 武虎 「純豚骨ラーメン」

沖縄 ラーメン 武虎 純豚骨ラーメン 1

与那原町上与那原の「麺屋 武虎」へ行って来ました。
こちらは3月8日にオープンしたばかりのお店になりますね。新規開店した際は、オープン3日間限定という形で、特別価格500円でラーメンを提供されていました。その際は、ライスや半餃子を含めて500円という設定でしたので、お得な条件でがっつりと頂かせて貰いました。ちなみに初日に「純背脂豚骨ラーメン」、二日目に「辛豚骨ラーメン」を注文しました。最終日は訪れなかったのですが、週末にあたり、口コミなどで行列になっていたようですね。滑り出しは順調だったというところでしょうか。この日は余所で昼食を取った後でしたが、近くを通りがかったこともあり、さほど期間を空けず再訪となりました。お店には、正午過ぎの入店でした。

沖縄 ラーメン 武虎 純豚骨ラーメン 2

「麺屋 武虎」のメニューです。
ちょうど店内は満席状態で、若干待つこととなりました。テーブル席側への相席も勧められましたが、こちらは一人客でしたし、すぐに回転するだろうと思い、そちらは遠慮しました。自分が待っている間に、後から待ち客が増えて来ましたが、こちらのお店は道路のすぐそば沿いに面していてスペースが無く、待ち客も微妙にばらけて店外に立っていました。ベンチなどが置けたらよさそうですね。さて今回の注文なのですが、掲載品目は豚骨ラーメンのバリエーションがほとんどのなか、実は「魚介醤油ラーメン(680円)」を頂くつもりでの来店でした。どのようなラーメンなのか楽しみだったのですが、残念ながら“近日(発売)”との表示が(^_^;) ちょっと迷ったのですが、今回は基本となる、「純豚骨ラーメン(630円)」をお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン 武虎 純豚骨ラーメン 3

程なくして運ばれた「純豚骨ラーメン」です。
冒頭の画像がより判りやすいのですが、具材の配置などを含めた器の様子が綺麗ですね。店名が入った今回の白い器以外に、黒色のものがあるのですが、提供する品目によって使い分けているのでしょうか? 個人的には白い器の方が、具材の赤い辛味だれや緑色のネギなど、全体として彩り良く映えるような気がしますね。その他、二枚入りのチャーシューや太めのキクラゲなど、シンプルな構成ながら、存在感たっぷりな具材群となっています。卓上には“豚骨ラーメン”では定番の薬味となる、おろしニンニクや胡麻、紅ショウガなども用意されていました。紅ショウガは壺入りなのですが、もうひとつの壺にはピリ辛もやしが入っています。こちらはラー油が絡ませてあり、もやし単体としても太めでしゃっきり歯応えが良いものなのですが、どちらかというと待っている間の繋ぎというより、ラーメンに投入されること寄りのものかもしれないですね。

沖縄 ラーメン 武虎 純豚骨ラーメン 4

「純豚骨ラーメン」の麺ですが、細めのストレートのもの。注文の際に、麺の固さを指定出来るのですが、今回は“カタ”でお願いをしました。メニューでは“ヤワ”の表示は無く、“ふつう”からスタートしていますね。程良く固めに茹で上げられていて、スープとの絡みも良く頂けました。そのスープなのですが、ちょっと画像では判りづらくなっていますが、当初想像していたより色合いも含めて、たれの味が濃い仕上がりとなっていました。最初に「純背脂豚骨ラーメン」を頂いたのですが、意外にあちらが一番すっきりした仕上がりの一杯となっていましたね。中央に辛味だれもしっかり入っており、スープに溶かしつつ、濃厚な味わいを楽しみました。充分に美味しかったのですが、先ほど書いたとおり、塩分が強めに感じたのが意外でした。味が落ち着いた結果そうなったのか判りませんので、また“背脂”の方も機会があれば注文してみたいですね。

沖縄 ラーメン 武虎 純豚骨ラーメン 5

単品ラーメンだけではやはり物足りなく、追加で「替玉(100円)」をお願いしました。
こちらは“ふつう”でお願いをしています。「風雲」などでもそうなのですが、スープに浸かってないからなのか、場合によっては“ふつう”でも当初頼んだ“カタ”より固めに感じたりもします。麺の表面にはネギが散らされ、スープが薄まらないように、たれも若干足されていますね。せっかくなので、卓上の紅ショウガやおろしニンニク、それとピリ辛もやしも投入して味の変化を楽しみました。替玉も込みで、しっかりと豚骨分を補給させて頂きました(笑)

開店のスタートダッシュを上手く決め、その後もお客さんがしっかりと付いているようでした。厨房内の店員さんが他店より多めに見えるのですが、まだ落ち着くまでシフトを組まず、万全の体制で対応されているということなのでしょうか? 元々、東京は高田馬場からの移転ということらしいので、営業に関しての安定感はありそうです。次回の機会がいつになるか判りませんが、その際こそはぜひ「魚介醤油ラーメン」を頂いてみたいですね。

沖縄 ラーメン 武虎 純豚骨ラーメン 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県与那原町上与那原445
電話:098-943-6988
営業時間:11:30-26:00
定休日:無休
駐車場:有り

関連記事

下の風風は甘めなとんこつ こちらは強くしっかりとした味なとんこつの
ように見えます。 旨いラーメン屋のない離島からいつも拝見させていただいております
[ 2012/03/27 09:56 ] [ 編集 ]

>?さん
こんにちはー。
そうですね、両ラーメンは大体その様なイメージになるでしょうか。
本島だけではなく、自分も離島のラーメンも頂いてみたいと思っています。

いつかこちらにお越しになった際のご参考になれば……(^_^)
[ 2012/03/28 18:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/590-fbd4cfff