麺屋 武虎 「純背脂豚骨ラーメン」

沖縄 ラーメン 麺屋武虎 純背脂豚骨ラーメン 1

与那原町上与那原の「麺屋 武虎」へ行って来ました。
こちらは本日(3月8日)オープンしたばかりのお店ですね。本当は“さんぱちの日”ということで、そちらの豊見城店へ伺おうと考えていたのですが、急遽予定を変更してこちらへ向かうことにしました。詳細は判らないのですが、ラーメン激戦区である東京は高田馬場に、同名のお店があるようです。店頭には大量のお祝いの花が飾られており、芸能人の方の名前もちらほらと見えましたので、内地由来のお店であることは間違いないようです。那覇方面から与那原方面へ向けて車を走らせたところ、店舗手前に結構広めの駐車場が用意されていました(立地的にはケンタッキーなどが建っている道向かい側です)。何気なくこの通り沿いは、ラーメン店が充実していますね。お店には、午後6時前に入店となりました。

沖縄 ラーメン 麺屋武虎 純背脂豚骨ラーメン 2

「麺屋 武虎」のメニューです。
基本は「純豚骨ラーメン(630円)」をベースとして、背脂や辛味噌などを加えて、バリエーションが作られているようです。メニューの一番左側に、一品だけ毛色の異なる「魚介醤油ラーメン(680円)」が用意されていますね。その他、トッピングやご飯もの、一口ぎょうざなど、しっかりとポイントが押さえられたラインナップとなっています。「替玉(100円)」も用意されており、事前に麺の固さも注文できるようです。“博多系ラーメン”らしい仕様となっているようでした。ちなみに裏面には平日のみ適用のランチタイム(11:30~15:00)セットメニューが記されており、最初の一杯はライスor替玉が無料になると設定されていました。

沖縄 ラーメン 麺屋武虎 純背脂豚骨ラーメン 3

店内の壁際に貼られていたチラシです。
おそらくオープンにあたり、地域周辺へ配られたものだと思いますが、本日3月8日(木)から10日(土)までの3日間、ALL500円でラーメンが提供されるようです。さらにライス&替玉まで無料であるとのこと。ALLの範囲がはっきりとはしなかったこともあるのですが、今回はベースのラーメンにこってりさが加わった、「純背脂豚骨ラーメン(本来は680円)」をお願いすることにしました。遠慮無く、「ライス(本来は100円)」もお願いです。と、ここまでフロアの店員さんと話しながら注文をしたのですが、どうも「半餃子(本来は250円)」まで“500円”の範囲内らしいとのこと。積極的に勧めてはいないようでしたが、そちらも無遠慮に頼むことにしました(^_^;) よくよく見ますとチラシに“サービス券”の文字が見えますね。チラシ持参ではなくても、来店者には思い切って適用をされていたようでした。

沖縄 ラーメン 麺屋武虎 純背脂豚骨ラーメン 4

程なくして運ばれた「純背脂豚骨ラーメン」です。
これはなかなか雰囲気がありますね。スープの色合いや脂分の浮き方の段階で、本格的な味わいが想像出来てしまいます。サービス品ながらご飯の器も大きめで、たっぷりとよそわれていました。「一口ぎょうざ」のお皿に“もやし”が載っていますが、これは卓上に置かれている壺のなかに入っていたものです。ラー油がまぶされたような(胡麻の風味もしたかも)、辛味が付いたもやしでした。もうひとつの壺には、紅ショウガが入っています。その他、卓上にはおろしニンニクやごま、ブラックペッパーなども用意されていました。

沖縄 ラーメン 麺屋武虎 純背脂豚骨ラーメン 5

「純背脂豚骨ラーメン」の麺ですが、細めのストレートのもの。メニューの説明書きではやわらかめから順に、『ふつう・カタ・バリカタ・粉落とし』までが記されていました。今回はカタでお願いをしたのですが、一番やわらかめでも“ふつう”からのようですね。頼めばヤワもやってくれるとは思いますが、お店のお勧めのとおりにした方が美味しく頂けると思います(^_^;) 確かにカタでお願いをしましたが、細めながら後半までのびを感じない麺でした。分量自体も結構ありましたね。その麺に絡むスープですが、当初の印象どおり、豚骨のコクと旨味がしっかりと感じられる、クリーミーな仕上がりでした。豚頭とゲンコツから、じっくりと時間を掛けて抽出されているようです。具材はチャーシューにキクラゲ、それにネギと、実にシンプルかつ王道な構成です。チャーシューは小ぶりに見えますが、しっかりと厚みがあるものでした。スープや麺を啜りながら、身体に足りなかった豚骨分が、みるみる補給されて行くのが判りました(笑)

沖縄 ラーメン 麺屋武虎 純背脂豚骨ラーメン 6

一緒に頼んだ「一口ぎょうざ」です。
皮も具も、すべて「武虎」オリジナルの餃子とのこと。チラシでは“半餃子”という表記でしたが、そちらの5個入りで250円、10個入りでは480円となっています。小ぶりながら皮はパリッと焼き上げられており、美味しく頂けました。ご飯の分量も結構あったのですが、背脂が入った豚骨スープはそのご飯との相性も良く、物足りなさを感じるようなことはありませんでした。辛味の付いたもやしも、ご飯に合っていましたね。

本日は背脂入りの豚骨ラーメンを頂きましたが、基本の「純豚骨ラーメン」だけでも、充分に豚骨分を堪能できそうです。本来は、はっきりとスープ中央に辛味噌が入っているらしいのですが、今回は少なめだった分、豚骨スープそのものを味わえて良かったと思います。個人的に寄りやすい立地でもありますし、南部地区である与那原に、また良店が生まれたことを嬉しく思います。まだまだ試したい品目がありますので、そう間を置かずに再訪することになりそうです。

沖縄 ラーメン 麺屋武虎 純背脂豚骨ラーメン 7

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★☆(7.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県与那原町上与那原445
電話:098-943-6988
営業時間:11:30-26:00 (オープン3日間は24:00まで)
定休日:無休
駐車場:有り

関連記事

こんばんは
いつもブログ参考にさせて頂いてます(^▽^)/

新しいラーメン屋さんは本当に沖縄県に増えてきました♪
しかし、与那原は遠いですね・・・(;^ω^)
いつか、本格豚骨ラーメンを味わいに行ってみたいと思います!

また遊びに来ますので、よろしくお願いします!
[ 2012/03/09 23:19 ] [ 編集 ]

>ダン吉さん
こんにちはー。
ご愛顧のほど、ありがとうございます(^_^)

新しいラーメン店は、いまも新しく生まれ
続けていますね。ファンとしては喜ばしいことです!
ダン吉さんは北部の方でしたっけ?
確かに遠いですが、機会があればぜひ!

今後とも、よろしくお願いします(^_^)
[ 2012/03/10 07:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/574-84cc7d4b