スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中華ラーメン 醤 「坦々麺」

沖縄 ラーメン 醤 坦々麺 1

読谷村都屋の「中華ラーメン 醤」へ行って来ました。沖縄ラーメン大図鑑2/57
こちらは以前から訪れたいと考えていたお店なのですが、読谷村という立地もあって、なかなか寄れずにいました。今回もちょうど良いきっかけとなりましたね。さてこちら「醤」ですが、聞くところによると店主は「札幌や」で修行をされた方らしいとのこと。「札幌や」は気軽さもあって時折訪れていたお店でもあったので、そのような背景から、どのようなラーメンを提供されるか、楽しみでもありました。お店には、休日の午後12時半頃に入店となりました。

沖縄 ラーメン 醤 坦々麺 2

「醤(じゃん、と読みます)」のメニューです。
かなり大判サイズのメニューで、全体が入るよう随分と離して写しています(^_^;) 画像付きで文字のサイズも大きく、判り易い作りとなっています。ちょっと大きすぎる気もしますが、この豪快さも、お店の雰囲気にあっているのでしょうね(笑) ページをめくると「焼肉定食(700円)」など、豊富な定食メニュー類や丼ものなどが掲載されていました。ちなみに持ち帰りもOKということで、各品目が書かれたチラシも用意されていました。メニュー構成などから、やはり「札幌や」を彷彿とさせるところがありますね。“街のラーメン屋さん”といった趣きでした。さて今回の注文ですが、お目当ての「坦々麺(650円⇒330円)」をお願いしました。

沖縄 ラーメン 醤 坦々麺 3

程なくして運ばれた「坦々麺」です。
時間帯的にはランチタイムだったということで、半チャーハンがサービスで付いているようですね。ただ、メニューを見ますと、「坦々麺」に関しては最初から“小ライス”が設定として付いているのだそう。チャーハンのサービスも嬉しいのですが、担々麺に関しては、いつもの“丸々ライス投入”をしたかったのが正直なところです(^_^;) 事前にお願いをしましたら、変更にも対応してくれたかもしれませんね。具材はたっぷりの挽き肉に青梗菜、そして盛られた白髪ネギなど、なかなか雰囲気のある一杯です。その上から掛かったラー油の赤味も、見た目的に映えますね。

沖縄 ラーメン 醤 坦々麺 4

「坦々麺」の麺ですが、平打ち状のややひねりが入った中細のもの。表面は滑らかで、細めながら口中でしっかりと弾力感があり、また平打ちということで独特な食感があります。他のラーメンでも共通なのかな? その麺に絡むスープですが、「担々麺」ながら、辛味はほとんど感じませんでした。スープ表面には、ラー油も結構浮いているのが見えるのですけどね(^_^;) ただ旨味はしっかりと感じられますし、広い客層向けのお店の方向性としては、これで有りなのでしょう。先述のたっぷりの具材に、お店のサービス精神がひしひしと感じられます。サービスのチャーハンは量は控えめながらも、パラパラとして、丁寧に作られたものでした。ただ……「担々麺」に関しては、やはり白飯で頂きたかったかも(^_^;) 今回もスープの一滴も残さず、しっかりと完食です。

お店から自然に醸し出されるフランクな雰囲気に、個人的に、とても好印象を受けたお店でした。今回頂いた「坦々麺」は、本格的な方向性の作りとはまた異なるかもしれませんが、味わい深いものでしたね。盛り付けも綺麗です。お店に見えたお客さんは年配の方も多く、地元に愛されているお店のように伺えました。機会があれば他の品目を試してみたいところですが、自分としては、気軽に立ち寄れる立地ではないのが残念ですね(^_^;)

沖縄 ラーメン 醤 坦々麺 5

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県読谷村都屋275-1
電話:098-956-8851
営業時間:11:00 - 15:00 17:00 - 22:00
定休日:無休
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/557-e5837458










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。