スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

登竜門 「濃厚担々麺(2)」

沖縄 ラーメン 登竜門 担々麺 1

那覇市久茂地の「登竜門」へ行って来ました。沖縄ラーメン大図鑑1/57
前回の記事のとおり、さっそく今回より“ひとりラリー”を敢行していきます。今後は一行目の末尾にリンクを張っておきますので、以降は特に記事上では言及しないでおきますね。なにせ期間や軒数が長丁場になることですので……(^_^;) さてこちらの「登竜門」ですが、ちょうど寄りたいと考えていたところでしたので、良い機会となりました。先月に開催された“わったー那覇めしグランプリ決定戦”に、「麺や偶もとなり」と共に参加をされており、実店舗での“担々スープライス”を久々に頂きたいと思っていたのでした。お店には、平日の午前11時半過ぎに入店です。

沖縄 ラーメン 登竜門 担々麺 2

メニューに記載されている、“担々麺 絶品スープライス”の食べ方です。
「担々麺」自体がお店の一押しメニューらしく、本来のメニュー以外にも、別途でこのようなお勧めの食べ方のページまで設けられています。元がお店の自信作であったことに加え、“わったー那覇めし”に出品されたのは、イベントの主旨にも沿うと考えられたのでしょうね。ちなみにずっと特別価格(?)で提供されていた「昔ながらの中華そば(500円)」ですが、正式に本価格で落ち着いたようですね。安価なことはもちろんとして、二日酔いに程よいあっさり具合な一品で、これまでお世話になっていたので個人的にも喜ばしいことでした(笑) さて今回の注文ですが、お目当ての「濃厚担々麺(880円⇒440円)」をお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン 登竜門 担々麺 3

程なくして運ばれた「濃厚担々麺」です。
こちらは券売機方式なのですが、券を購入する時点で、お店の方がカウンター越しに付いてくれて色々と説明をしてくれます。自分は先述のとおり、当初からライスを注文するつもりだったのですが、半額クーポン利用ながらタイムサービスは変わらず適用されるとのこと。タイムサービスの内容は『小ライス・大盛り・黒ごまプリン・杏仁豆腐』となっており、すでに「ライス(100円)」を購入しようとしていたところで、選択は“杏仁豆腐”としました。で、“小ライス(本来は50円)”ではなく、購入した“ライス”なのですが……。分量がちょっとした、どんぶりめしです(^_^;) サービス精神たっぷりなのは嬉しいのですが、これはちょっとペース配分を考えないといけないですね。

沖縄 ラーメン 登竜門 担々麺 4

「濃厚担々麺」の麺ですが、太めのストレートのもの。こちらは平打ちの中太麺との選択が出来るとのことですが、本来の設定らしい太麺を選ぶことにしました。もちもちとして、口中で噛んだ時にとても弾力を感じる美味しい麺でした。老舗人気製麺所である「浅草開化楼」のオリジナルブレンド粉をベースにした、自家製麺とのことですが、別のラーメンで頂いた中太麺の時より、より“浅草開化楼”らしい印象でしたね。“担々麺”で使用される麺としては異色だとも思いますが、これがまた旨くマッチしていました。スープの辛味も個人的には程よく、また物足りなさを感じる方には、卓上に用意された“花山椒”を追加で振り掛けることも出来るようになっています。そうそう、以前ははっきりと感じたナッツや海老の食感も、若干穏やかになっていました。大変美味しく頂けたのですが、後半の“担々スープライス”に向けて、とにかく麺を中心に食べ進めていました(^_^;)

沖縄 ラーメン 登竜門 担々麺 5

お店お勧めの、“担々スープライス”を作ってみました。
具材の挽き肉や小松菜などをデザートの受け皿に移しておいて、スープの残った器へライスを投入し、更に先ほどの具材を載せております。こうみますと良い分量バランスに見えるでしょうが、やはりライスの体積は半端無く、なかなか無くならない上に後半はスープを吸って、すっかりどっしりと重い味わいとなっていました(^_^;) 別途ライスを注文するとしたら、女性でしたら尚更「小ライス」が良いと思います。さりげなくサービスの「杏仁豆腐」も、濃厚かつしっかりと量もありましたので、こちらは嬉しいところですね。基本は上品な雰囲気のお店ですが、食べ応えのある太麺を含め、今回もがっつり仕様で美味しく完食です。

これまで「登竜門」へは、休日の開店直後の来店ばかりでしたが、平日は早い時間からお客さんが入っているようですね。初めて遠慮して、カウンター席に座ることとなりました(いや、普段から遠慮しても良いと思います(^_^;))。今回のクーポン券では同価格の「濃厚汁なし担々麺」も可ということでしたが、こちらは次回以降の機会にお願いしようかな? 「中華そば(500円)」も安価な設定のままのようで、ちょっと迷ってしまいそうですね(笑)

沖縄 ラーメン 登竜門 担々麺 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市久茂地 2-11-16
電話:098-988-0044
営業時間:11:30-24:00
定休日:日曜日
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/556-7fb396b7










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。