スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

麺や 和楽 「肉中華そば(11)」

沖縄 ラーメン 和楽 肉中華そば 1

浦添市宮城の「和楽」へ行って来ました。
前回のブログ記事で、“今年はもっと新規開拓にも気を配って行きたい”と書いていたそばから、当ブログ最多紹介品目の登場となりました(^_^;) 元々、週一に近い状況で訪れていた時期もありましたので、ブログを始めてからは、それでもかなり来店頻度が下がっていることとなっています。こちらではもう一品、「潮騒」というラーメンも提供されているのですが、どうしても久しぶりの来店だということで、メイン品目である「中華そば」の方に注文が偏る形になっていますね。好きなものを好きなように頂くのが基本ではあるのですが、今回はその上で食べ方などにもちょっと変化を付けてみようと思いつつ、今年初めての訪問となりました。お店には、夜間の部の開始時間である、午後6時過ぎに入店です。

沖縄 ラーメン 和楽 肉中華そば 2

「和楽」の卓上にある薬味類です。
こちらは提供品目が限られているのですが、それに反して調味料類はかなり充実したものとなっています。個人的には餃子やミニ丼ものなど、サイドメニュー類が無ければ寂しさも感じたりするのですが、こちらではそういった感慨を持った覚えがないですね。それだけ、一杯のラーメンから大きな満足感を貰えているのだと思います(お店お勧めの食べ方である「和楽めし」の存在も大きいですね)。今後の趣向としては、これらの調味料類も積極的に試してみようというのが念頭にありました。さて今回の注文ですが、「肉中華そば(大)(850円)」に、「ご飯(100円)」、「味玉(50円)」、「九条ねぎ(50円)」、「小メンマ(50円)」をお願することにしました。前回忘れていた“麺ふぇすた”の無料トッピングパスで、「ヘタ(チャーシューの切りくず)(本来は50円)」もお願いをしています(前回は代わりに「別肉(100円)」を注文していました)。

沖縄 ラーメン 和楽 肉中華そば 3

程なくして運ばれた「肉中華そば」です。
順序としては、「肉中華そば」が出来上がるまでのタイミングに合わせて、各種トッピング類などが用意されて行きます。最後にカウンター越しにラーメン丼を受け取るのですが、その日の出来映えを目にするときは、最初の山場となる盛り上がりを感じますね(笑) この日も、表面にたっぷりと敷き詰められたチャーシューに、小山に盛られたメンマが実に美味しそうでした(この時点では麺が見えないのも、二つ目の山場へと繋がって行きます(^_^;))。ちなみに、今回試してみたい調味料類は、お店一番のお勧めらしい「お酢」でした。

沖縄 ラーメン 和楽 肉中華そば 4

「肉中華そば」の麺ですが、お馴染み細めのストレートのもの。しっかりとコシがあり、後半になってものびを感じない、美味しい麺です。表面を覆うチャーシューの蓋から、麺を掘り起こす瞬間にも、かなりテンションが上がっております(^_^;) その麺に絡む、熱々の鶏ガラ醤油スープですが、この日はとても素晴らしい仕上がりとなっていました。元々が旨味たっぷりスープに、背脂が完全に溶け込み馴染んでいて、なんとも形容しがたいほどの美味しさです。一昨年の夏頃から、ややタレの味が強くなったと感じていたのですが、その味わいを残してなお、絶妙な旨さでありました。壺ニラは毎回普通に使っているのですが、今回に限っては「和楽めし」側のみの投入としています。そうそう、初志貫徹ということでお酢の投入も図ったのですが、最終盤の麺やスープがかなり少なくなった時点でしたので、加減が判らずに正直失敗でした(^_^;) しばらく続く、沖縄では珍しい冬の寒さも、良い調味料になっていたのかもしれません。とても幸せな一杯でした。

沖縄 ラーメン 和楽 肉中華そば 5

本日の「和楽めし」です。
豚バラ肉のチャーシューをご飯の上に敷き、その上からメンマや壺ニラを載せ、最後に味玉を割っています。更にその上から卓上の“中華そばのたれ”や、スープを掛けました。お店がお勧めしている食べ方ですが、これは是非来店される皆さま方に、試してみて欲しいですね。新しく加わったトッピングである「チャーシューのヘタ」が、味や食感の良いアクセントになっています。いつもでしたら「ご飯(100円)」を平らげた後、二杯目は「小ご飯(50円)」なのですが、恥ずかしながら続けて通常サイズのご飯をおかわりしてしまいました(^_^;) それだけ、「肉中華そば」自体の破壊力があったのでしょうね。この日もスープの一滴も残さず、お腹いっぱい満足でした。

“スープの一滴も残さず”のくだり、言い回しこそ違えど、良く見ますと「和楽」さんのメニュー最後にも、そのように記されていますね。そういった『中華そばをめざしている』のだそうですが、まさにお言葉どおりの一杯でした。うーん、タイトルにある品目後ろのカウント数は、今年も順調に増えて行きそうです。「潮騒」にも目を向けるよう、期間があまり空かない内に、またお店へ訪れることになりそうです(^_^;)

沖縄 ラーメン 和楽 肉中華そば 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★★(8)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県浦添市宮城3-15-2
電話:098-874-8069
営業時間:11:00-15:00 18:00-21:00(土・日・祝祭日は昼の部のみ)
定休日:月曜日
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/540-ee072480










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。