新風そば 「まぜそば(2)」

沖縄 ラーメン 新風そば まぜそば 1

浦添市安波茶の「新風そば」へ行って来ました。(おきなわ倶楽部12/17)
今回も「おきなわ倶楽部1月号」の半額クーポン券対象店への来店です。こちらは元々“沖縄そば屋さん”なのですが、“裏メニュー”として、ラーメン店のような品目も扱うようになり、一部の熱心なラーメンファンの間では話題になっていました。提供の仕方が“裏メニュー”という形で用意されていましたので、実際に口コミで評判は広まっていったのですよね。この度は、雑誌の企画でも大々的に取り上げられることになったので、お店の方としても、いよいよ力を入れて来ているようです。ですが、あくまでも手間のかかる“裏メニュー”ということで、注文はお昼のピークを過ぎた、午後2時以降にお願いしたいとのこと。お店には、午後5時半過ぎに入店となりました。

沖縄 ラーメン 新風そば まぜそば 2

「新風そば」のメニューです。
こちらには何度か来店しているのですが、これまで“裏メニュー”しか掲載していませんでした。今回は、当初から半額クーポンを利用するつもりでの来店でしたので、裏メニューを取り寄せることなく、注文を済ませてしまいました。せっかくの機会ですので、“沖縄そば屋さん”としての“表メニュー”の掲載です(笑) 店名を冠した「新風(みぃかじ)そば」は750円となっており、沖縄そばとしては強気な価格設定ですね。次のページには詳しく商品説明がされているのですが、『鶏・豚・魚介のトリプルスープで、三種類の三枚肉(タレ・塩・スモーク)が用意されて』います。創作の向きが強い作りは、やはりどこかラーメンという食べ物に近い雰囲気が感じられます(沖縄そばに詳しい訳ではありませんが(^_^;))。さて今回の注文ですが、先述のとおり半額クーポン券を利用して、「まぜそば(600円⇒300円)」をお願いすることにしました。雑誌媒体への企画参加にあたり、“まぜそば”をチョイスしたのは面白い判断だったと思います。

沖縄 ラーメン 新風そば まぜそば 3

程なくして運ばれた「まぜそば」です。
実は今回で二度目の注文になるのですが、サイドメニューは毎度「じゅーしーセット(150円)」だったこともあり、今回は初めて「三枚肉丼(300円)」を頼んでみました。ちなみに「じゅーしーセット」の方は小鉢も付いており、サイドのセットものとしては、分量的な面でもバランスが良かったですね。それと新たに液体が入った平皿が用意されていましたが、これは追加の“まぜダレ”なのだそう。“まぜそば”はどうしても、食べ進める内に単調になっていきがちですので、こういった配慮は嬉しいですね。そうそう、チラシ提示によるアイスの無料サービスは、半額クーポン券利用ながら今回も適用可でした。こちらも嬉しいサービスです。今回の注文内容は(300円+300円)で、これで600円という、お得感の高い構成となりました。

沖縄 ラーメン 新風そば まぜそば 4

「まぜそば」の麺ですが、平打ちで太めのややちぢれが入ったもの。沖縄そばで使われているものと共通の麺らしいのですが、もちもちで弾力感のある仕上がりとなっています。まぜダレは事前に麺側へ念入りに絡ませられており、その後に具材が載せられているため、改めてかき混ぜて、盛り付けを崩すような必要はなくなっています。具材にはチャーシューにネギ、煮玉子にメンマ、それと魚粉が添えられています。まぜダレは底にも全く溜まっていない作りなのですが、チャーシューのジューシーさや麺のもちもち感などで、食べにくさなどは全然なかったです。今回はまた、シークヮーサーが入ったゴマダレも別途用意されていました。酸味と甘みが加わった追加のまぜダレは、良い味の変化付けとなりました。これで通常価格でも600円という設定は、実にお得感がありますね。前回頂いた時より改良点も見受けられて、満足感も高い一杯となりました。

沖縄 ラーメン 新風そば まぜそば 5

一緒に頼んだ「三枚肉丼」です。
ご飯の上には刻み海苔とタレが掛けられており、その上から三枚肉とネギがたっぷりと載せられています。元々は“沖縄そば屋さんメニュー”に記載されているサイドの一品なのですが、そちらの説明では『最後にご自分のそばのスープをかけて、ひつまぶし風にしてもいける!』と書かれています。確かに脂が載って焼き目の付いた三枚肉は、鰻のように見えなくもないのかも(笑) これは実に美味しく、完成度の高いサイドメニューだったのですが、たっぷりな三枚肉の分量に対して、ご飯の量がちょっと足りなかったかな? いえ、実に上品で、なおかつ贅沢な作りであったことは間違いありません。ただの白飯好きの、意地汚いコメントでスミマセン(^_^;)

本来は“沖縄そば屋さん”なのですが、今回の雑誌企画参加で、いよいよラーメン店的な品目も提供していると認知されそうですね。半額クーポン券の利用で初めて訪れた方には、次回来店はぜひ“裏メニュー”も見せて貰い、他のラーメン品目も試してみて欲しいものです。そういえばこちらは、「無化調ラーメン対決」の主催店でもあったのですよね。元々、浦添市は沖縄県内におけるラーメン激戦区と言われていたのですが、またそちらに名を連ねるお店が一店加わったようです。これからの営業展開にも期待したいですね。

沖縄 ラーメン 新風そば まぜそば 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県浦添市安波茶2-1-6
電話:098-879-9876
営業時間:11:00-20:00
定休日:水曜日
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/526-69de0391